開かずにはいられない

それは今からひと月前のこと。
前からちょっと気になってた、ある本があって。
たまたま付けたテレビで、松本伊代ちゃんや、森三中の黒沢さんが
挑戦していて、皆クリアしていてびっくり

その話をしたらクリスマスの日、娘がケーキと一緒にその本を買ってきてくれたの。

DSCN1070.jpg
 
「どんなに体がかたい人でもベターっと開脚できるようになるすごい方法」
ご存知の人、気なってる人も多いと思います。


私、若い頃ちょっとダンスしたりしてたのですが
フリ覚えも悪くなかったし、そこそこ動けたのだけど
体が硬くて、実はそれがちょっとコンプレックスでした。

その時のダンスの先生は宝塚出身で、その先生曰く・・・
体が柔らかくてもダンスのセンスがない人はいっぱいいるのだから
柔軟性より大事なものは沢山あるのよ、と。

それから十数年、娘が小学生でダンスを始め、
その時は子供だから体が柔らかいし、
途中一時ダンスを辞めてたけど、再開した時にもストレッチを続けてどんどん足が開く~!

私も真似てやってみるものの、なんだかあまり変化ない。
で、続かない、という状況の繰り返し


この本の通りにとりあえず始めてみる。
ちょっとは柔らかくなってきたかな。
飲んで帰っても、とりあえず適当でもやる。

4週間後、開脚してひじが付いたら成功ってことなのだけれど
3週間くらいで、やっぱり無理なんじゃん?て思ったり・・・
そしたら


DSCN1066.jpg

20170119_102007.jpg

4週間目にひじが付いた!
驚き~!

(おばさんの部屋着で、お見苦しくてすみません

頑張ったのは娘が買ってきた本だからで、
私はとても怠け者で長続きしないタイプだから
自分で買ってたらとか
立ち読みしただけだったら
絶対に毎日やってなかったよね~。

なんだ、せっかく買ってきたのに続かなかったの?
と言われないように。


本にも書いてあったけれど
たかが開脚、されど開脚。

今では開脚せずにはいられません、笑。
いつかベターッができるといいな


DSC_2000.jpg
 
始まりはこの日から。
4週間で人って変われるのね。
この歳でも体って柔らかくなるのね。
ちょっとしたことだけど、ちょっと大きなことでした
スポンサーサイト

旧岩崎邸パート2

前のUPの、3週間ほど前に行ったのが平日で、
この日初めて建物内部の写真をとりました
雨がぱらつくお天気だったせいか人が少なく、
ゆっくりと見られ、そしてゆっくり撮影できました


DSC03258.jpg

DSC03341.jpg

DSC03267.jpg

DSC03274.jpg

DSC03281.jpg

DSC03276.jpg

DSC03287.jpg

DSC03294.jpg

DSC03298.jpg

DSC03299.jpg

DSC03301.jpg

岩崎邸と言えば「金革紙」と浮かぶくらい印象の強い壁を飾るこちら。
手の込んだ職人技ですね~。

DSC03300.jpg

DSC03530.jpg

DSC03308.jpg

DSC03327_20160627091221747.jpg

DSC03333.jpg

DSC03334.jpg

和館にはいたる処に「菱」が。

DSC03335.jpg

DSC03337.jpg


ビリヤード室。

DSC03344.jpg

DSC03531_20160629090608761.jpg

DSC03532_20160629090604724.jpg

細川邸にも、小笠原邸にも咲いているこの花は何?


いま建てたら、いったい幾ら掛かるのでしょか?

DSC03286.jpg

華麗なる岩崎家の方々。
久弥氏の妻の寧子さんが美しい~


ちょっと古いゴージャスなお屋敷は、
プチタイムスリップ&現実逃避ができ、リフレッシュになります

池田重子さんとの思い出2

「池田」で購入した物は少ないのですが
この出会いはとても印象に残っています。その出会いはこちら

DSC00503.jpg

20120321184626.jpg


そして茜染めが好きになり、帯もGETしました。
ちなみにこの帯、娘の大のお気に入りです。

DSC00504_201510220921590ba.jpg

池田で購入した物より新しいので、色が違うんですね。

この日のことが無ければ、私はもしかすると一生茜染めとはご縁が無かったかもです。


そして草紫堂のことの知ったので、紫根染めにも惚れて、着物をGET。

DSC00505.jpg




全て重子さんから繋がった物です。


それまで、こういう民芸調の物や、こういった色に苦手意識があった私。
重子さんとの出会いがあって、私の着物の世界が広がりました。


最後にお会いしたのは池田屋の近くで。
その時は小さなお体が更に小さくなられていて、
それでも着物姿だった私達に
「まー、皆さんお着物で素敵ね。とてもいいわね。」とおっしゃってくれました。


本当に素敵な方でした。
重子さん、心からありがとう

池田重子さんとの思い出 

亡くなられていたのですね・・・


重子さんを初めて知ったのは「美しいキモノ」の誌面からでした。
キモノ好きの母の影響で、若いころから着物は好きだったけれど
子育てに追われ、着物からすっかり縁遠くなっていたところ
久しぶりに着物を着る機会があり、そこから「やっぱり着物っていいな~」と。

着付け教室にも通い、着物雑誌も買うようになり
目を止めたのがこちらでした。

DSC00509.jpg

DSC00510.jpg

更紗の帯と着物。
なぜか着物初心者の頃から更紗に惹かれていた私。

読むと、お気に入りの古い更紗をとっておきの帯や着物を使って
自分好みの物を作られるって!?
なんとまあ贅沢で、素敵で、そしてなんて布を愛されてるのでしょう!と驚きました。

そして小物に至るまで、そのコーデのこだわりと言ったら・・・
「びっくりぽんやわ~!」(笑)
注:朝ドラ見てる人にしかわかりませんね。


DSC00511.jpg DSC00513.jpg
 
DSC00512.jpg

とてもとても真似できないけれど、いつか参考にしたいな~と、
それからしばらく美しいキモノを買ったものでした。


初めて目黒の「池田」に行ったのはそれから2年後くらい、
そして初めてお店で重子さんにお逢いしたのがこのときでした。

この記事の画像が消えてしまっているので、
この日の、重子さんとのカンバセーション・ピースになった指輪がこちらです。

DSC00506_201510220922037c1.jpg

DSC00507.jpg


この日に買った道明の帯締めはこちら。

DSC00515.jpg


そして頂いたチケットの展示がこちら。

DSC00514.jpg

DSC00516.jpg

それはそれは、見応えのある美しい展示でした。
チラシは今も大事にとってあります。


抜群の審美眼とセンスで、着物界に大きな功績を残し、
着物好きさん達に、大きな影響力を与えた重子さん。
そして何よりも、お人柄が素敵でした

心からご冥福をお祈りいたします。

自然の恐ろしさ

関東は大雨で大変な被害に会ってしまいました。
東京に住む私自身はなんの被害もなかったのですが・・・

お隣の県の埼玉や千葉も被害に会いました。

そして、よく知っている日光や鬼怒川界隈の映像を見ては驚愕です。
茨城や栃木が実家の友人もいます。

実は数日前に、栃木のやなに鮎を食べに行ったばかりでした。

普通に生活できる事が、どんなに幸せかと改めて気付かされます。

今日も東北では大雨が続くようなので、被害が増えない事を祈るばかりです。

被災に会われた方々が1日も早く普通の生活に戻れますように・・・


DSC00184_201509111130572cc.jpg

DSC00180.jpg
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR