東洋文庫ミュージアム

ずっと行きたいと思ってたのに
遠くないのになぜか機会がなかった東洋文庫ミュージアム。
やっと行ってきました

DSCN2550.jpg

圧巻のモリソン書庫。
岩崎久彌氏がオーストラリア人G. E. モリソン博士から
東アジアに関する欧文の書籍・絵画・冊子等約2万4千点をまとめて購入されたそう。
お金持ちって凄い・・・

DSCN2552_201707061035241be.jpg

DSCN2551.jpg

DSCN2553_2017070610355080f.jpg

DSCN2548_201707061035269e8.jpg

凄い・・・
嬉しい~!

企画展も思った以上に楽しめました。

DSC_2908_201707092041164c8.jpg

DSC_2917.jpg

DSC_2918.jpg

途中こんな場所も。

DSC_2915.jpg

高所恐怖症の方には辛い空間かもですね。


期待通りのミュージアムで大満足でした
この後については次回?か、いずれの機会に
スポンサーサイト

生駒暉夫染色展

本当は着物で行きたかったのだけれど、日程的に無理で
仕事帰りにほっぷさんと行ってきました。
3年に一度の生駒さんの染色展、とても楽しみにしてました

DSCN2174.jpg

DSCN2175_20170429233414577.jpg

DSCN2170.jpg

DSCN2172.jpg

DSCN2177.jpgDSCN2173.jpg

DSCN2178.jpg

どれもこれも、ザ・生駒!
配色と柄の素晴らしさ、大胆でもきつ過ぎないのはどうして?
とても手の込んだものでも、全ての作品が優しいの。
バランス感覚と、先生の人柄が作品に出ているってことなのでしょうか。
生駒マジックって感じです。
そして可愛らしい作品や、ユニークな柄も大好き~
見てるだけで、自然と笑顔になれます

今回1番惹かれたかもしれないのがこちら。

DSCN2176_20170429233415ca6.jpg

優しい色合いの若松の帯。
「どや!」じゃない松にメロメロ~


先生にも「誰かと思った。着物できて欲しかったな~」と言われちゃいましたが
平日の遅い時間だったからこそ、色々話すことができて楽しかったです。

20170429_230809.jpg

素晴らしい展示を観たあと、軽く1杯。ん?・・・2杯、3杯、笑。

DSCN2179.jpg

DSCN2180.jpg

DSCN2181.jpg

DSC_2721.jpg

頒布会だけでしか申し込めないというこのお酒、とっても美味しかった!

ほっぷさん、お付き合いいただきありがとうございました。
いつか生駒さんの帯をGETできるといいな~、と夢見ここちで眠りについた私です

ジブリと、ウルトラ植物と、伝統工芸と・・・

最近のUPは着物お出掛けのことが中心で
どんなコーデをして、どこに行ったかの覚書のようになってますね。

パソコンと格闘するのも目が疲れたり、肩が凝るお年頃・・・
以前ほど更新しなくなってますが
相変わらず元気にお出掛けはしてますp(*^-^*)q


六本木ヒルズにジブリ展を行き

DSCN0001.jpg

1474978838111.jpg

1474978845474.jpg

1474978652818.jpg

DSCN0030.jpg

1474978661781.jpg

1474978671408.jpg

20160927_213052.jpg

猫バスにも乗り


去年観て楽しかったウルトラ植物も観にいき

DSCN0073.jpg

DSCN0075.jpg

DSCN0076.jpg

DSCN0100.jpg

DSCN0099.jpg

DSCN0105.jpg

DSCN0106.jpg

DSCN0112.jpg

DSCN0115.jpg


毎年楽しみにしている日本橋三越の伝統工芸展にも行き

DSCN0175_20160929092147913.jpg

郁子さんの赤い大皿や小倉織の帯にときめいたり
改めて螺鈿細工や蒔絵の美しさに感激したり。


そして、ちょっと変わったところにも行ってきました。
入り口には

DSC04022.jpg

こちらについては、この場所だけの記事をUPしたいと思ってます
随分先になるかもですが・・・(~~;)

谷崎潤一郎文学の着物を見る in弥生美術館

谷崎文学が好きな友人と先週観にいきました。

着物で行きたかったのだけど、
その日の夜の食事会、というか飲み会を考えて洋服で。
暑い日だったので、長丁場のお出掛けは無理のできないお年頃

DSC03238.jpg

美術館近くのお宅の紫陽花が綺麗に咲いてました。
紫陽花の満開の時期ももうすぐですね~

DSC03234_20160531105341cfb.jpg

DSC03235.jpg

この近くはしょっちゅうウロウロしているのに、美術館に入ったのは初めてでした。
谷崎の小説に出てくる女性達の着物を再現したり、
似たイメージの着物が展示されていている他に、
挿絵も展示されていて興味深かったです。

まー、谷崎氏は平たく言えば変態なのでしょうが、
当時は「地獄主義」と言われていたんですね。

DSC03236_201605311053442c4.jpg

26日までなので興味のある方はぜひ。詳しくはこちらを。

アンティーク着物を着た女子もたくさん来てました。
華やかだったり、可愛かったり微笑ましいのですが、
着丈が短いのか下から襦袢が出てる人や、
振りの長さが合ってなくて、袖から襦袢が出てる人なども・・・
アンティークの着物を綺麗に着る難しさをヒシヒシと感じました。

DSC03237_20160531105345981.jpg

夢二美術館も観て、次に向かったのは根津の根付屋、花影抄さん。


DSC03253.jpg

森謙次さんの根付展をやっていて、森さんご本人もいらっしゃいました。
森さんの作品は、森さんに似てる?笑。

色々お話が聞けて楽しかったです

根付は手の出る値段じゃないし、身に付けることもできないけれど
帯留や、帯飾りになる緒締が手の届く値段であって・・・
危うく手が出そうでしたが、我慢!
後ろ髪を思いっきり引かれながらお店をあとに、笑。


そして食事する店が入ってる新丸ビルに早めに到着。
予約の時間までの時間潰しにウィンドウショッピングしてたら・・・
さっきの我慢が爆発したのか買っちゃったよね~

DSC03393.jpg


なんと2つでちょうど森さんの気になった帯留と同じ値段!
なら帯留買えたじゃん?・・・
でもその日は洋服の気分だったのね。
それになぜか最近、欲しい洋服があまり無くて。
素敵と思う服、着たい服が自分とバランスが合わなくなってるってことかも
そういうお年頃ってことかしら
最近、着物より洋服の方が難しいかも

この日はこの金額使うことになってたんだわね、きっと、笑。


そして「なんかそういう服持ってない?」と友達に言われた~。
はい、私、似た服ばかり選んでしまうんです。
好きなので仕方ない。


ってことで、ソルトへ。

DSC03249.jpg

DSC03240_20160531105400eea.jpg

DSC03241_20160531105401782.jpg

DSC03243.jpg

DSC03248_20160531105420f51.jpg

DSC03244_2016053110535835c.jpg

DSC03245.jpg

DSC03247_20160531105419b4b.jpg

一休で飲み放題付きコースをお得に


観て、買って、食べて、飲んだ、楽しい1日でした

高島屋は楽し♪

根付展が気になって、開催2日目に高島屋へ。

DSC_1091_201604240907469e7.jpg

DSC_1090_201604240907525b6.jpg

笑点のメンバーがお迎えしてくれました。


根付け展は見応えありました
開催2日目でしたが、80万、90万円台のものも売れてました
誰が買ったのか?どこに行くのかな?と気になる~。

DSC02926.jpg

じっくり2周見ました。眼福でございました
根付は20万円台~でしたが、横のケースの帯飾りは3万円台からあり
惹かれる物も色々と!
でも、今回はぐっと我慢。我慢の理由色々と


呉服フロアでは

DSC02925.jpg

こちらが開催されていて、城間さんの紅型堪能しました


そして1Fでも素敵なイベントが開催されていて

DSC_1095_2016042409080846a.jpg

DSC_1096.jpg

イラストレーター中原淳一氏の「買える」イベント。
彼のイラストに登場するドレスを見に纏ったリカちゃんも販売されたましたよ。

DSC_1094_20160424090807908.jpg

スタッフの方に了解を得て、色々と撮影させてもらったのに
間違えて消してしまったようでリカちゃん画像が1つしか残ってない~


DSC02927_20160424090705227.jpg

自分と姉にファイルを買いました♪
楽しい楽しい高島屋です
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR