国展へ

国展は工芸部から見ましょう!と。
先に絵画や写真をじっくり見てしまうと
力のある作品ばかりなので、工芸にたどりつく頃には結構体力消耗するのだわ~

今年も素敵な作品満載でしたわ!

DSCN3959.jpg

DSCN3960.jpg

DSCN3967.jpg

DSCN3962.jpg

DSCN3964.jpg

DSCN3965.jpg川村成君

DSCN3969.jpg

DSCN3970.jpg

DSCN3971.jpg

DSCN3973.jpg

DSC_4059.jpg

DSC_4063_201805052252570a6.jpg

DSC_4073.jpg

DSC_4075.jpg

DSC_4061.jpg

DSC_4067.jpg

DSC_4066_2018050522432333f.jpg


作家さんたちの作品が購入できるコーナーがあり
そこでていねいに対応して下さった素敵なマダム。
私達の着物にも興味を持ってくださったのですが・・・
出展されている作家さんでした!


美術館をあとにしてお茶を。
(その前にほっぷさんとはバッグやお洋服を見るという、よくあるパターン笑)

DSC_4079.jpg

とても美味しい珈琲をいただけました
素敵なものを沢山見て、美味しいお食事に楽しいお喋り、楽しい1日でした
スポンサーサイト

GW着物お出掛け パート1

GWの前半は、気が緩んだのか体調を崩し・・・
残念なのことに前半は家で寝て過ごす日々

後半は着物お出掛けできるまで復活!
Yさんと六本木にお出掛けしました。

DSCN3912.jpg

母の着物を全然着てないなーと思い、
母の白大島を久々に着ました。
絣が細かくて、多分自分では買えない値段のものだと思うけれど、
この柄は自分では買わないな~という・・・ね。

でも軽いしさらっとしていて、今の時期の着てあげたい着物です。
昨今の気温を考えると、単に仕立直してもいいのかも~

DSCN3913.jpg

帯は初おろしの吉田美保子さんの八寸帯。
色と絣の力が気に入ってGETしました。

が、それだけじゃなくてね・・・
もう、薄くて軽くて、ストレスフリー!!!

その上、地味なようで凝った織で、作家さんの力を感じる帯です。

DSCN3921.jpg

DSCN3918.jpg

ランチはミッドタウンの酢重さんで。
11時半にお店に入っても、カウンター席という混みようでしたわ

でも、こんなに奥まであるのね~とか、
個室もあるのね~とか分かったので、それはそれで


この日のメインがサントリー美術館で行われていたこちら。

DSCN3936.jpg

ミッドタウンの人込を思うと、美術館がとても空いていて
ひょっとして、残念な展示???とちょっと危惧したら
・・・素晴らしい展示でした

そして、私はこの日も郁子さんの硝子帯留をしてますが
硝子が好きなんだわ~、とても

DSCN3925.jpg

DSCN3926.jpg

DSCN3927.jpg

DSCN3928.jpg

DSCN3930.jpg

DSCN3932.jpg

ガレのトンボの花瓶がカッコよかったな~!
カワセミの花瓶のカッコよかったし!
その二つをじっくりと見られただけでも、行った甲斐がありました

美術鑑賞のあと、ミッドタウンのお店を色々見て
その後日本橋に移動。

次回へと続きます

超絶技巧展 再び

久々の着物お出掛けでした!
もとじさんのイベントで三井記念美術館の超絶技工展へ。

観てるんだけど、もう一度観ても全然OKの素晴らしさだったし
学芸員さんのレクチャー付きで
着物の人がいっぱい見られるという2倍も3倍も美味しいイベント

20171107_213651.jpg

久々の着物も嬉しいし
2度目の超絶技工展も嬉しいし~

そして娘と一緒にでかけたのですが
彼女が超絶技工に超食いついていたのも嬉しかった~(*^_^*)

20171107_213507.jpg

彼女は柄々小紋、若い人ならではですね。
あ、なぜか帯に顔モザイク加工が(゚д゚)

あちこちで「可愛い~」と言われ、照れてました、笑。
こういう柄々小紋を着てる人が少ないせいかな?

この後、私がちょっと用事があり大手町に付き合ってもらい。
アマンの入ってる大手の森でパチリ。

20171107_213620.jpg

この後銀座に移動、和光の漆絵の展示を観たり
もとじさんに顔を出したり、楽しい一日でした。

DSC_3260.jpg

この日は秋山さんの花織紬に、awaiさんの八寸帯。
帰宅後撮って、帯締めが超下がってます・・・

この日が呼び水となったように
この後着物お出掛け続きとなりました

とほほ・・・でもやっぱり凄い!トーハク常設展

前回からの続きです。
特別展の後向かった常設展。

いつもながら圧巻の展示数とそのクオリティー。

DSCN2573.jpg

DSCN2572.jpg

DSCN2574.jpg

今回「びょうぶと遊ぶ」という展示があり
等伯の松林図屏風に鳥が飛びかったり、
光琳の群鶴図の鶴たちが動くスクリーンが幻想的で楽しかったです。

DSCN2586_201707131117138c1.jpg

それと十二支をモチーフとした仏像が興味深く、かっこ良かった!

DSCN2577.jpg

中心に立つのは巳。

DSCN2581.jpg

私の年はこちら。

DSCN2578.jpg

また、池田重子さんが喜びそうな更紗も素敵だったし

DSCN2592_2017071311173415b.jpg

DSCN2593.jpg

いつもながら根付のコーナーはため息だし。

でも、でも・・・
この日一番楽しみにしていた、光琳の風神雷神図屏風が無い・・・!!!
なんと、もう展示が終わってました・・・

DSCN2555.jpg

稲妻に見立てて、薩摩切子の帯飾りと
雨に見立てて水玉の帯揚げを選んだのに~

それでも他の展示が素晴らしいし

DSCN2588_20170713111707b6c.jpg

DSCN2584.jpg

建物自体が素敵だしで、大満足のトーハクなのでした

夏着物でお出掛け トーハクへ

どこに行きたい、じゃなくて
「着物が着たい!」で、Yさんとお出掛け。

DSCN2554.jpg

紺地に薄い水色の絣の能登上布、久呂田明功さんの芙蓉の染め帯(麻)。


トーハクに出掛けることにして上野で待ち合わせです。
とにかく暑いので、ランチもトーハクと逆の方には行きたくない・・・
で、駅構内にあるブラッスリーレカンを覘くと
いつも並んでるのに並んでないので、サクッとここに決定~。

DSCN2556_20170713111550270.jpg

DSCN2557.jpg

DSCN2558.jpg

Yさんは小豆色?無地のこっくり大人色着物に、半幅帯を角出し風に結んで、
ほうずきの見事な帯留。
そして最近の戦利品の、繊細な竹バッグはとても好みでした


余りに暑くてトーハクに着くまでに死にそうになる・・・笑。
この暑い中、着物で頑張る自分達に笑ってしまう。
でも夏の着物も好きなんだもの~

まずは特別展の「タイ ~仏の国の輝き~」を観賞。
と思って平成館に着いたところ、無料のコンサートが始まったばかりで
まずはそちらで音楽鑑賞を。
暑い中歩いてきて疲れてるのか、心地よい音楽の中で寝てる人多数・・・

そして展示へ、イケメンの仏像に癒される。

DSCN2571.jpg

蛇を纏ったこちらの仏様、ちょっとおディーン様に似てる?


そして楽しみにしていた、ワット・スタットという第一級王室寺院の正面を飾っていた大扉。
ここだけ写真OKなのです。

DSCN2560_2017071311161310f.jpg

5.6メートルに精巧な彫刻がびっしり!

DSCN2561_20170713111613591.jpg

これが日本にいながらにして観られるなんてね。
裏側には絵画がびっしり。

DSCN2565.jpg

造られた当時はどんなに美しかったことでしょうか。
観たいな~、当時の姿を。

DSCN2568.jpg

特別展のあと、常設展へ。
次回へと続きます
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR