銀座でランチ→日本橋 萌


昨日は学生時代の友達と、銀座でデートしてきました。
お天気はまあまあ、ただ東の空が暗く、
ひょっとして降られちゃうかなーとも思ったのですが、
銀座はずーっと地下を歩けるし、着物強行
結局午後はすっかりいいお天気になったのですがね。



銀座でランチ→日本橋   萌 やっと出番が来ました、秋の染め帯。


予定していた着物から、その日の気分で突然変えるのは
私の得意技~(笑)
昨日はなぜか急に黒の大島をこの帯に合わせてみたくなりました。
帯が十分 「秋」 なので、帯上げ・帯締めはすっきりと。


今日は時間が無くて、前帯の柄がこうなりましたが、
次はこっちの菊の柄も出したいな。


季節の染め帯 より秋っぽい感じですよね。



ランチは久々のこちら。


銀座でランチ→日本橋   萌 お寿司の福助


ビールも一杯いただいて、話が弾んで写メ撮り忘れ
ランチの「てまり」、可愛いセットです。


銀座でランチ→日本橋   萌



ランチ後、アクセサリーや服を少し見て、・・・でもね、
私の頭の中はブローチやイヤリングを見ると帯留に見えるし、
ストールやバッグは着物でもいけるかな?って、
全て着物に結び付きます・・・これって病気(笑)


それからお茶して彼女は帰路へ、
私は一人 「日本橋 萌」 へと向かいましたー


お店の方達や、居合わせた他のお客さん達にも
帯を褒めていただきました。
モダン系の帯の出番が多い私ですが、
やっぱり、女らしい染めの帯ってのも、たまにはいいですね~



銀座でランチ→日本橋   萌 萌でGETした小さな物二つ



一つは帯留として使うブローチ

銀座でランチ→日本橋   萌



もう一つはね・・・今はまだ・・・・・・・内緒
出番が来た時お話しますね(・∀・)
って、出番はすぐにやってくるのですが~(笑)
もしかして次のブログで紹介できるかな?(・∀・)



ヒント、関係するのは、こちら。


銀座でランチ→日本橋   萌


さて、何でしょうね?
お楽しみに~(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

スポンサーサイト

今月2度目のビルボードライブ


19日月曜日、前回から10日程しか経ってないのに、
又ライヴに行って来ました。
掛かるから、しばらくライヴは封印、と言ってたのにね~。

だってね・・・招待券を頂いたんですもの
好きなジャンルだし、行くしかないでしょう(・∀・)
急だったので、そんな時にまず誘うのは姉。
酔っ払いシスターズ、六本木へGO!

前回の時は、上のデラックスシート・ボックス席だったので

着物でライヴ 柔らかもののこんなコーデでしたが、


今回はライヴ臨場感の味わえる、下の自由席。
狭いし、隣の人がノリノリで立ったりしたら、おこぼしも怖いし、
で、考えた結果 くるりのGIZA タンガリーデニム着物 に決定。
先日のスタンプラリーで着てる人がいて、
私もいつ初おろししようか、そしてどうコーデしようかと思ってたので、
ちょうど良いタイミングでした。


ただこの着物に季節の染め帯 季節の染め帯 は、合わないから、
また先延ばしになりました・・・
秋が終わる前に、登場させなくっちゃ!




今月二度目のビルボードライブ 黒地の塩瀬に版画のような木々の帯。


これ、個性的ですが結構色んな着物に合ってくれます。
塩瀬の帯ってツルツルしていて、大島なんかに締めると
滑っちゃってとっても締めにくいのですが、
綿着物だと滑らなくて締め易かったです

着物は届いた時、重さにビックリしましたが
(綿の着物に慣れていないせい?)
着てみると重さは気にならなかったわ


お太鼓の柄はこんな感じです 今月二度目のビルボードライブ



夜のお出掛け、そして六本木でのライヴということで、


今月二度目のビルボードライブ 帯留と、


リングにキラキラ投入! 今月二度目のビルボードライブ



さてライヴはというと、思ったより良かったです
「All 4 One」は黒人・白人2名ずつのコーラスグループで、
色々な曲を様々なアレンジで聴けて楽しかった
アカペラも良かったし、
マイケルの「Rock With You」も凄く良かったです

この曲はジョーも先日のライヴで歌ったし、
ベビーフェイスも・・曲はど忘れしたけど、マイケルの曲歌ったし、
彼が色々なアーティストにリスペクトされている事が
よく分かりますね~。


席が前から2テーブル目のど真ん中といういい席で、
アーティストからも良く見える席。
ライヴ中にバクバク食べるのもどうかと思い・・・
終わってからすっかり冷めた料理を食べるはめに

CDを買った人達のサイン会が同じフロアで始まっても、
まだ飲んで食べてる私達・・・笑。
席を立ったのがちょうどサイン会が終わったころで、
運良く話しができ、握手もして貰っちゃいました(・∀・)
写真もOKだったのに、照明が落ちたフロアでは
携帯のカメラは役立たず・・・やっぱデジカメ持ち歩くべきかなー。



今月二度目のビルボードライブ 真っ黒・・・



着物なので 「Very Beautiful!」 と言って貰えて、
usakoごっ機嫌 
気さくでとってもいい人達でした。
ネットで調べたら、グラミー賞も取ってたのね~w(゚o゚)w

は~、ライヴってやっぱり楽しいわ

落合スタンプラリー・午後編


それではランチ後のご報告を(・∀・)

まず向かったのは着物の湯のしをなさっている吉澤さん宅。
普通のご家庭内の一室で、湯のしの工程を見せて下さいました。


落合スタンプラリー・続編

 落合スタンプラリー・続編


湯のしの機械と、作業中の吉澤さん。
着物を反物から仕立てた事がある方ならお分かりのように、
1反の湯のしの料金は高いものではありません。
吉澤さんは、数をこなさないと仕事としてやっていけないので、
皆さん反物を買って下さい、とおっしゃってましたが、
笑いごとではなく、本当ですね。


落合スタンプラリー・続編 昔からの手作業の湯のし機。

絞りなどは今でもこちらを使うそうです。
体のすぐ下に蒸気が出るようになっていて、
手が火傷で火膨れ状態になってしまうこともあるそう・・・
大変なお仕事です。
色んな工程を経て、あの美しい着物が出来上がっていくのですね。


そして最後は染めの工房、二葉苑さんへ。
数年前に建て替えられた、なんとも素敵な工房。
そしてここは江戸更紗がメインの工房です。
じゃーん、私の大好きな更紗登場

中にはカフェが併設された、お洒落な小物のSHOPもあって、
そこを見るのが又楽しかった


落合スタンプラリー・続編


落合スタンプラリー・続編


そして2Fでは、巡った染め工房のお着物の販売会が開催され、
その入口でお出迎えしてくれたのは・・・


落合スタンプラリー・続編 この綺麗なタペストリー


まずは江戸更紗の帯や反物に目が釘付けに
あれやこれや広げて見せてもらいました~。

同じ黒地の更紗の帯でも、こんなに違うという例。

 
落合スタンプラリー・続編 どれがお好みでしょうか?



しやすのはコレかしら?  落合スタンプラリー・続編

真ん中は華やか、右も渋めでカッコイイ!


皆できゃーきゃー言いながらあれこれ見て、
更紗や江戸小紋のお高い反物を体に巻き巻きさせてもらって、
幸せな気持ちでした~。
そして、プロの方のアドバイスは的確で、参考になりました。


はしゃぎ疲れて、下のカフェでお茶を。
このカフェがまたすっごく可愛いのです


落合スタンプラリー・続編


落合スタンプラリー・続編


手前、紺色の着物がオフ会幹事のMさんです。

本当に回る順序からランチの店まで、完璧でございましたっ。
ありがとうございました。


ラリー制覇のおみやげは、可愛い手ぬぐいです。


落合スタンプラリー・続編 毎年色が変わるそう


楽しくて、あっと言う間の一日でした(´∀`*)


落合スタンプラリー・続編 撮影前の衣装チェックは大事ね・・

袖、ぐちゃぐちゃじゃないですか~
最後にお見苦しくてすみませーん(´・ω・`)





落合スタンプラリー


昨日はTさんに誘っていただき、
Mさんが呼びかけて下さった「落合スタンプラリー」に行ってきました。

新宿区の落合は明治・大正にかけて、
妙正寺川の綺麗な水を求めて、多くの染色工房が集まり、
今でも幾つかの工房が残っていて、
そちらを巡るという、着物好きには魅力的なイベントです。

工房巡りなので、ひょっとしたら汚れる可能性あり、との
アドバイスをいただき、ウールの着物に下駄でいざ出陣です。


落合スタンプラリー 帯も軽い八寸で。

 
総勢7名参加とのことで、その中で知ってるのはTさんだけ。
ドキドキ・ワクワク、皆さんの着こなしが楽しみです

集まった7名はそれぞれにカジュアルな装いで、
他の方の着こなしを見るのって本当に楽しいわ


落合スタンプラリー



まずは江戸小紋の工房「松綱」へ。
こちらはあの故・砂川健一さんの工房で、
今は5代目の息子さんが引き継いでいらっしゃいます。


落合スタンプラリー


江戸小紋の歴史から、色々な模様についての説明があり、
その後工場の中で型紙を使った糊置き、染色などの作業を
見せてもらいました。
型紙の位置をぴったり置き、均等に糊を塗っていく職人技、
その動きが大変美しく感じられました。
お高いの、納得しちゃったわ・・・


落合スタンプラリー


落合スタンプラリー


2階のショールームで、型紙や反物など見せていただきました。
awaiさんで「江戸小紋講座」を受けて、
そして今回の工房見学で、
益々自信を持って着られる江戸小紋が欲しくなりました~


落合スタンプラリー 

松綱工房前にて、usako撮影。

左と左から3番目の方がくるりのデニム着物、
右から2番目の方が久留米絣、
右の方は秋らしい紅葉柄の着物、
そして後のお二人は優しい色の紬をお召しでした。



次は東京手描き友禅工房の「協美」へ。
こちらでは手描きと、着物、帯などを見せていただきました。


落合スタンプラリー


元来更紗好きの私と、
織りの帯から染めの帯に興味が移行し始めたTさんは
綺麗な更紗の帯に目が釘付けに
女将さんからいろいろなお話を伺いました。
小柄で可愛らしい女将さんの、粋な着こなし素敵でした。



この後はランチタイム、Mさんが素敵なお店を予約してくれました。


落合スタンプラリー 割烹、桃山。ランチはリーズナブル



落合スタンプラリー


私は海老の掻き揚げのセット、凄いボリュームでした


ご自分やお子さんの七五三や十三参りなど、
着物談義に花を咲かせ、楽しいランチタイムでした。
サービスの芋羊羹が素朴な味で美味でした


午後からの様子はまた次回へ。
それにしても着物好き同士って、
初対面でもすぐ仲良くなれるから不思議です(・∀・)

志村ふくみ・洋子展示会


予告していた通り、行ってまいりました。
快晴の湿度が低いお天気で、着物日和でした(^_^)

ただ、昨日習った帯むすびをしようと思ったところ、
帯がちっとも締まらずゆるゆる状態
何が違ってるんだろうと悪戦苦闘・・・
着付けに1時間ほどかかり、出発が遅れました


期待に胸膨らませ、入った会場は、
え?と思うほど入口付近の照明が暗く、見るのが大変
そこにある数点の作品の後は、明るい照明でしたが、
最初の作品も明るいとこで見たかったなー。

きものサロンに掲載されてて、あまり興味が湧かなかった、
「紅切子」という、ふくみさんの着物、
実際見たら全然違いました!
赤の優しさ、深さ・・・
初めて着たい!と思った赤い着物でした。


志村ふくみ・洋子展 この画像で伝わらないのが残念。


そしてこれも興味がなかった黄色い着物、
先日UPした着物達の美しさに呆然・・・
鮮やかなのに優しいのは、植物の染料だからなのでしょうか?

そして私が最も心奪われたのは、紫根染めの紫色の作品。
中でも白・紫・黄色の彩りでありながら優しい着物でした。
タイトルは「かきつばた」

その他の紫が綺麗な着物達はほぼ売約済み。
そうそう、先日UPした着物もほとんど売約済みでしたよー。
このご時世にビックリ仰天ですねー


志村ふくみ・洋子展  志村ふくみ・洋子展

 
「かきつばた」の後に展示されてた帯も素敵でしたよ。
「藤の宴・?」ってタイトルだったかな?
淡い紫に淡いグリーン、身に付けたら優しい気持ちになれそう


洋子さんは会場にいらして、お客様のお相手をなさってました。
もちろんご自分の作品を着てらして、
もう一方スタッフも着てらして、
実際着るとああ見えるのかと、とても良く分かりました。

関西から駆けつけた方(すっごいお金持ちそう)、
きもの創り玉屋の顧客の方達(これもお金持ちそう!)に、
洋子さんもスタッフの方も接客が忙しく、
私なんか一度お声かけられただけで、
すんごくゆっくり見れちゃったもんねー、笑。

でも誌面で見るよりずっと素敵だった志村親子の作品、
じっくり見れて本当に至福のひとときでした
パワーを貰った感じです

きっと自然の光の中で見たらもっと綺麗でしょう。
着物の展示会って、それが少し残念ですね。



志村さんの着物話のあとでUPし辛いのですが~
本日の私の装い。


志村ふくみ・洋子展 母の小紋に職楽浅野の帯。


なぜか最近、今まで袖を通してなかった、母の着物や、
母に誂えてもらったものを着ようかな、と思えます。
少し実験的な感じもあるのですがー、笑。

だってこの小紋なんて、先日の大島と同じような柄!
今日出して見た時笑っちゃいました。
それに先日とは違う浅野さんの帯を合わせる実験でした。

帯締めはawaiさんで購入したものを初めて締めてみました。
もとじさんにもちょっと寄ったところ、
帯締めが帯に合ってとてもモダン、と褒めてもらいました


志村ふくみ・洋子展 小紋アップ、南国の花系です、笑。

好みって、崩せないものなんですねー。




着付けのお稽古 → 銀座

 
天気が良く、陽射しが気持ち良かった昨日、
着付けのお稽古に行ってきました。
また展示会のお誘いが怖いけど、めげずに行ってますよー(笑)
先々週は私の都合、先週は先生の都合でお休みだったので、
3週間ぶりとなりました。



着付けのお稽古 グレーに赤の細かいチェックの真綿紬


遠目に見るとグレイッシュなピンクの無地に見えます。
これは自分で買って、マイサイズに仕立てたので着付けがラク
母のものも少しづつ仕立て直そうかな~。

最初、濃い色ばかり着ていて、少し変化が欲しいと思った頃、
萌でお安くなってたのをGET。
自分ではなかなか選ばないピンクも、グレーがかると好き


帯は貴久樹のバティック柄の全通名古屋帯。
私には珍しい焦げ茶色とベージュ。
ここはエキゾチックな雰囲気のものが多く、好きなんですよねー。



昨日はお休みの人が多く、生徒は2名だけ。
袋帯の結び方をみっちり習いました。
でも家で一人でこの結び方をするとどうも上手くいかない・・・
基本は森田空美さんの帯結びと一緒なのだけど、
昨日、私の手の位置に問題があることが分かりました
すぐ復習しないと忘れそう


それと帯枕をピタッと背中に密着させる、
マジックのような結び方を習いました、ビックリw(*゚o゚*)w


お稽古が終わったところをパチリ。


着付けのお稽古 右が先生、立ち姿決まってるなー。

グリーン地にカラフルな模様が可愛い大島に、ススキ柄の白い帯。
左はスラリとした美人さん。
私より一月程後に入った方で、一生懸命お稽古されてます。



着付けのお稽古 先生とusako。

私は洒落袋を持っていってお稽古したので、袋帯のまま帰りました。
行きとは違うコーデになってます。

この帯、先生に褒めて貰えました~(*´∇`*)
「何にでも合いそうだし、締め易そうでいい帯ね」
ありがとうございまーす



この帯は三風魯のもの 着付けのお稽古


袋帯結びの練習して、もっとこの子の出番を作ってあげなくちゃ。
それにしても、本当に私ってクルクルしてる柄が好きねー(笑)



帰りにお遣い物を買いに、ちらっと銀座へ。
HERMESのウィンドウがとっても可愛いかったのでパチリ。



着付けのお稽古  着付けのお稽古



見たら甘い物が食べたくなって・・・・



ワッフルを買って帰りました(笑) 20091105121310


季節限定、さつまいものワッフルがありましたよ(・∀・)


20091105122014 また太るって・・・










着付けのお稽古 と 書道


昨日は着付けのサークルの日でした。
例の神楽坂の無料のサークルです。
本当に神楽坂の街並みは風情があって素敵


着付けのお稽古と書道 こんなお店や・・・


こんなお店がいっぱいです。 着付けのお稽古と書道


ゆっくりとしたペースで進んでいるこのサークル、
前回は行けなかったのですが、
前回から名古屋帯結びに入っていて、
私は昨日が初めての名古屋帯結びの回でした。

結ばない帯結びで、太いゴムを仮紐の代わりに使うのですが、
慣れれば楽そうだし、結ばないので帯がクチャクチャになりません。
帯のダメージを考えると、こちらの方がいいかもです

以前、長〇静で習った時は、まず結ばないようの小道具を
使った結び方から習うのですが、
簡単だし、帯も傷めないけど、あんなの背中にずっとしょってたら、
座ると痛いし、蒸れて暑いし・・・
実際の生活じゃ使う気しません。
もちろん着物の着方、おはしょりの綺麗な処理など、
ためになった事もいっぱいありましたが。




着付けのお稽古と書道 私の完成した姿。

ウールの単衣着物に母のお下がりの博多八寸帯。
着物一式は重たいので、なるべく軽くを心がけてます。
昨日は着物でいらした方が数名いたので、
天気が良ければ私も着物でお出ましとしましょうかね。


着付けのお稽古と書道 いつも優しいおねーさん。

着物にもずいぶんと着慣れてらして、コーデも素敵です。
グレー地に茶のもみじの紬に焦げ茶の帯が可愛らしい、秋の装い。
「3分で出来る帯結び」に興味をもったとのことで、
プロに近い方も参加してらっしゃいます。


そしてお稽古が終わる頃、先生がさっと出して皆に配ったのは・・・
着物の展示会の資料でした。
それもすぐの今度の日曜日、
結局皆都合が悪く、参加者0だったところ・・・


「皆さん、習うだけじゃなくてもっと着物に関心を持ってください。
こちらだって、場所などただで提供してるんですから、
少し感謝の気持ちを持って、展示会に参加しようと思って下さい!」


きたきたー!
やっぱりそういうことだったのね。
行けるならいきますよ、何人に囲まれても断ればいいんですから。
実際先生には感謝してるし~。
でもね、急に数日後のことをじゃ無理でしょ・・・



さて、気を取り直して・・・
今日は書道の展覧会の出品の締切日。
先生から「出品料安いし、やってみれば?」のお言葉を頂き、
区展以外に初めて出品してみることにしました。
大きな展覧会って何万もかかるので、挑戦できずにおりました。



着付けのお稽古と書道 こちらは先日選んで貰った2枚。

区展から余り時間が無かったので、
区展の時と同じ漢詩を、大きな紙に大きめに書く事にしました。

これからもう少し頑張って書いて、
夕方先生に最終作品を選んで貰います。
本日午後は 「書く子」 で頑張ります(・∀・)

嬉しい出逢い・続編


先日は浅野さんの素敵な帯や着物を見た興奮と、
偶然の嬉しい出逢いのダブルの興奮で、
詳しく書けなかったことを追記しますね。

まずは皆さんの装い詳細です。


嬉しい出逢い・続編


左、Oさんはなんとしょうざんの生紬、は~贅沢です
私のしょうざんの生紬の帯のお値段から考えると、一体・・・
と考えてしまいました~(・∀・)
モノトーンの着物に帯の黄色、少しの赤、帯締めが効いています。

中、erikoさんは優しいグリーン地に小花の更紗(かな?)小紋。
生成り地に落ち着いたオレンジ色のドットで円が描かれている帯。
こちらは春に一衣舎さんでGETされたもの、素敵でした。
おばあ様の三分紐と、色を合わせた帯揚げ、ん~ニクイです。

右、ほっぷさんはおかあ様の麻の葉柄の大島。
帯は焦げ茶色で、小さな四角が感覚を空けて並んだ物、
秋の装いにピッタリですね。
そしてダイヤのピアスが素敵でした マネしちゃおっと。


着物は自分で着る事ももちろん楽しいけれど、
他の方の着物の装いを見るのも、同じくらいに楽しい
そしてとってもお勉強になります。


さて、お会いしたのは「一衣舎」さんの個展でしたが、
「一衣舎」と言うのは実は仕立て屋さんです。
一衣舎代表の木村幸夫さんのお眼鏡にかなった、
手織りの木綿や紬などの織の帯や反物を紹介し、
着易さを追求した仕立てをする、と言うコンセプトだそうです。

絢爛豪華とは対極にあるような帯や反物達ですが、
丁寧な仕事がなされた物ばかりでした。
とっても軽い紬の反物、着易そうでした。



嬉しい出逢い・続編10月30日~11月3日、京都ちおん舎にて
一衣舎と華道家・片桐功敦さんのコラボ展があるそうです。
ちおん舎は旧家のギャラリーだそうで、行ってみたーい!


そして最後に先日の私の着物と帯について少し。
南国のイメージの花が大きく織られているこの大島は、
いかにも南国の着物って感じがして好きです。
母は昔は普段にも着物を着ていたのですが、
紬の中でも大島が好きなようで、
軽くてシャキっとした大島は江戸っ子の母の気質と合うのでしょう。


嬉しい出逢い・続編 八掛けは赤茶色、昔っぽい合わせ方。

そう言えばほっぷさんの大島の八掛けも同じ色で、
こういう色の八掛けが流行っていた事がよく分かります、笑。


着物でライヴ この帯のタイトルは「奄美聖紫花」

南国の花をイメージして作られたものなのでした。
南国の花の大島×南国の花の帯。
どちらも華やかな色を使わず、南国を表現している、
そんなとこが好きです。

織楽浅野の帯は全てにタイトルがついているのですが、
ちなみに今回心惹かれた帯は
「フローラ」 「ピンボール」 「オランダ更紗」でした。
それぞれに違うグルグル要素が入ってます、笑。


浅野さんの講演会と嬉しい出会い♪


本日は銀座もとじさんで行われた、
織楽浅野さんの講演会に行ってきました。
9月26日のブログで紹介している、私の大好きな帯の織元です。

10時からだったので、着物で出かけるとなると、
随分早くから支度しないとならないぞー。
でも、せっかくだから浅野さんの帯を締めて行こう!

土曜日の朝、パパさんがそんなに早く起きるワケがありません。
全身が写る鏡は寝室のクローゼットにしかないのに・・・
オマケに和箪笥はパパさんの頭の辺り・・・

睡眠を邪魔して、出掛けに機嫌悪くなられても面倒・・・もとい、
かわいそうなので(笑)クローゼットに入ってる少しの着物から
さっと出してきて、適当コーデに適当着付けになっちゃいました


浅野さんの講演会と嬉しい出逢い〓 地味過ぎましたねー。

帯は前のブログ(着物でライヴ)のときと同じもの。
これは銀座もとじオリジナルの織楽浅野の帯で
染めの帯にも見えそうですが、織りの帯です。
着物は母の大島、花の着物×花の帯、ライヴの時もそうでした。

帯は一見地味な感じなのですが、
光の具合で花が浮き出たように見える不思議な帯です。


着物でライヴ 暗い所で見るとこうですが・・・


着物でライヴ 光が当たるとこうなります。


花びらのふちに少し違う織り方が入っていて、
それが立体感を出してくれます
ちなみにこの前はこんな風に映ってます。


20091008161500



浅野さんのお話は、実際色々な資料を手に取らせて
見せてくださり、とても貴重な経験でした。
200年前のインドの織物や、貴重な和紙など、
とても興味深かったです。

そして光にこだわっていらっしゃるお話も聞けました。
お店には私の好きな黒地で光沢のある素敵な帯が・・・
目の保養&恐ろしい誘惑でもあります、笑。


浅野さんと一緒にパチリ。  20091010113306

私だけ顔を隠すのも申し訳ないので、小さく載せました
浅野さんは小物にいたるまで、とてもお洒落な着こなしです。

適当コーデですみません( ̄▽ ̄;)!!
その上、全身鏡の無いとこで着たら、帯の位置下過ぎ!!
はー、自己嫌悪・・・・


帯の甘い誘惑を振り切って、次の場所へGO!
ほっぷさんから聞いた、一衣舎さんの展示会、
偶然にも近い場所だったので、ちょっと覘いてみることに。

ギャラリーに入ると着物姿の方数人が。
あれ?知ってる人だ。・・・・erikoさん!
何といつもブログを拝見してるerikoさんと、ほっぷさんがそこに!
erikoさんもすぐに私を分かったそうです。

皆さんランチの後での登場だと思っていたので、
まさかお会いできるとは思ってませんでした。
erikoさんはブログで見る通り、可愛らしい方。
ほっぷさんもイメージ通りの素敵なマダム、
もう一人のお友達も綺麗な着こなしの素敵な方でした。

色々な着物や帯を見せて頂いて、一衣舎のセンスに脱帽です。
派手じゃないけど、さりげなくいい。そんな感じでした。
それに完璧と言われるお仕立て・・・憧れます。


浅野さんの講演会と嬉しい出逢い〓 左から、Oさん、erikoさん、ほっぷさん。


私の着付けが恥ずかしい・・・ 浅野さんの講演会と嬉しい出逢い〓

短い足が余計に短く見えます・・・あ~やだ
写真て怖いけど、いい反省になりますね・・・

この後ランチにご一緒させて貰って、
初めてお会いしたとは思えないくらい、楽しく過ごさせて貰いました。
皆さんの優しさに感激でした

予定外に楽し一日となりました。
本当にありがとう、ぜひ又ご一緒させて下さいね

erikoさん、再びのお式の際は列席させていただきます!笑。

着物でライヴ


昨日の東京は午前中で雨が上がったので、
着物でワクワクのお出掛け
ミッドタウンのビルボードライヴへ、「ジョー」を聴きに行ってきました。

ライブやコンサートが続いてたので、
自粛しようと思って申し込んでなかったのですが、
直前になってどうしても行きたくなってしまって・・・

お友達に聞いてみたら
「よく知らないけど行ってもいいよ」との返事!
ありがとう、持つべきものは優しい友達ですね(´▽`)
CDで予習してもらい、ジョーのファンになってくれました

先日UPした季節の染め帯で行こうと考えてたのに、
なぜか急に着たい着物が出てきました(・∀・)



着物でライヴ 私には珍しい大きな花の柄の小紋。


引いて見るとこんな感じです。  着物でライヴ



コレは結婚してから母が誂えてくれたものです。
大柄だけどシックな色合いが気に入ってコレにしたのに、
仕立て上がって当ててみたら、なんか浴衣みたい
内心失敗したかなーと思い、一回くらいしか着てなかった物。

最近また着物を着るようになっても、
どうも普段のお出掛けでは手が伸びず・・・・
でも、嫌いなわけではないのです。
ライヴなどの特別な空間にはいいかもしれない、と
急に着たくなりました。
この機会を逃したら、いつ着れるか分からない気もして。


着物でライヴ 衣紋の抜き方、甘かったな。


まずは腹ごしらえで、ミッドタウン内の「VINOTECA」へ。


着物でライヴ 流線型のカウンターがお洒落


着物でライヴ 着物でライヴ 着物でライヴ

平目のカルパッチョ、ムール貝のワイン蒸し、ピザ・マルゲリータ。
シーザーズサラダは撮り忘れ。


さて肝心のライヴですが、やっぱり素晴らしい歌声でした。
アンコールではマイケル・ジャクソンの曲も登場して良かった
そしてタキシード姿のジョーは凄くかっこよかった!

ただ、肌出し系のおねーさん達が前の席を陣取っていて、
歌いながら握手&ハグ&KISSの嵐・・・
何だか彼女たちだけを相手に歌っているような、変な感じで、
2階席組みはのけ者にされたようでちょっと寂しかったかな・・・

ステージの出入りもハグの嵐。
着物でノリノリに踊り、ハグしてた人いたなー。
ウデ丸出しだったけど・・・ま、楽しんだもん勝ちかな、笑。

しかし営業とはいえ、あそこまでするのは凄いなー。
ま、素敵な歌声を聴けたから良かったけどね。
 

・・・え?帯好きの私が、帯について何も触れてない?
それはね、明日行くイべントに関係する話なので、
次回詳しくUPしまーす(^_^)




季節の染め帯


着物を着始めの頃、きものは母のものでも
帯で自分らしさを出したいと、一生懸命買った帯達は、
季節を問わずに締められるものがほとんどでした。

だってせっかくお気に入りの帯ですもの、
締められる時期が長い方がいいに決まってる。
・・・そう思っていたのですが、
やっぱり季節感のある帯にも惹かれますよね。

昨年、美しいきもので連載していた「染め帯カレンダー」、
季節感あふれる美しい帯たちに心躍りました

昨年、秋の号の染め帯カレンダーより


季節の染め帯  季節の染め帯


そして珍しく私が購入した、秋模様の染め帯


季節の染め帯  季節の染め帯


染が鮮やかで、綺麗な色彩にノックアウトでした。
図案化された菊が少しユーモラスで可愛いし。
今年の出番はいつかしら? 早く締めたいな~

前帯部分にも柄がたっぷり!



季節の染め帯  季節の染め帯


普通に巻くと左の柄が前に出ます。
右の柄も見せたくて、逆の巻き方練習しました、笑。

葉やカエデの色がオレンジ系ばかりじゃないので、
春にも締められると言われましたが、やっぱり出番は秋かな。

東京は今週雨の日が多いようです。
この子の出番はいつになるかしら・・・




人形町→日本伝統工芸展



昨日の東京は雨模様・・・
朝の天気予報で、最高気温22℃って・・・マジですか
もうすっかり秋じゃないですか~。

4日で終わってしまう、日本橋三越の「日本伝統工芸展」に
どうしても行きたくて、3、4日は混むでしょうし、
で着物は無理でも出かけてきました。


今季初ニット&ガンガン歩く用のブーツ

人形町→日本伝統工芸展  人形町→日本伝統工芸展


このロングカーデはユナイテッド・アローズで買ったものですが、
最初はこれのニットワンピースに目が釘付け
なんて可愛いんだろうと思って試着したら、
・・・びっくりする程似合わなかった(; ̄Д ̄)
自分で笑っちゃうくらいに・・・
で、おばさんはこちらをお買い上げとなりました、笑。


三越は、空いていれば家から車で30分弱ってとこなので、
雨だし、他に寄りたいところもあった為でお出掛けにしました。

でもの金曜日、考えたら空いてるワケないですよね

まず向かったのは浜町にある「日本橋 萌」さん。
実は私、羽織を誂えたことがまだ無くて、
今までは母の道行を借りたり、ストールを巻いたりでした。

すぐに誂えるつもりでもなく、
でもお気に入りの羽織を一枚も持ってないのは寂しい・・・
ちょっと相談という感じで覘いて見ました。

見れば素敵なのがあるに決まってるんです・・・あ~あ。
あれこれ素敵なのをいっぱい羽織らせて貰いました。
野里さんたら、憎らしい程私の好みを知ってるんだから~。
最初の一枚は高くてもすごく気に入った物を買うべきか、
まずはお手頃なもので手を打つか・・・悩むところです

萌さんは浜町駅と人形町駅の間にあって、
萌さんがある通りの名前は、いかにも下町っぽいこちら。


人形町→日本伝統工芸展 甘酒横丁です。

前にも紹介しましたが、この界隈には美味しいお店がたくさんあります。
興味のある方、私が人形町ツアーのガイドやりますよ、笑。

リサイクルの着物屋さんも覘いて、
人形町ですっかり時間をくってしまいました

ここから三越までは車ですぐです。
運良く三越の真裏の道に駐車することができました。
三越の真裏の道にあると言えば・・・  


人形町→日本伝統工芸展 旧日本銀行。

去年ここで「きもの・和・日本橋」のイベントで集合写真撮ったなー。


さて肝心の「日本伝統工芸展」ですが、
行ってびっくり大変な作品数でした
端から見ていたのでは時間が足りないと思い、まずは着物。

どれも手仕事の素晴らしさに感動です
頭の中では画像が残っており、あれもこれも素敵だったと思うのですが、メモを取ってきたわけではないので、
どうも作家名とうまく結びつきません

紅型や花織り、琉球絣の着物や、贅を凝らした訪問着、
その中でも先日awaiさんで江戸小紋講座を受けたので、
シンプルな江戸小紋にも惹かれました。
あら、この方、私と同じ区じゃないの。
区民特別割引とかないかしら・・・ないですよね~。

一通り着物を見てから焼き物などもざっと見ました。
素敵な、すごーく大きなお皿がいっぱいあって、
でも残念ながら、そんな大きなお皿が活躍しそうな家じゃありません。

綺麗な蒔絵の入れ物もあったし、壷や花瓶、
人形もたくさんあって、時間が足りませんでしたヽ(TдT)ノ
って、これがメインだったのに、着物屋さんで時間使った私がバカ。
これからは、もっと計画性を持って行動しましょう・・・・
最後にもう一度着物コーナーを一周。
素晴らしい展示会で、すっかり幸せな気分となりました


夕方になり、帰りの道も激混み・・・
両国橋の辺りでしばし動かず
私には見慣れたこのお店、でも他の方には珍しいかも。


人形町→日本伝統工芸展


猪鍋の「ももんじや」、江戸時代からの老舗、光る猪が目印です。
そして店先には猪の剥製もぶら下がってお出迎えしてますよ~。
この光る猪、帯留にあったら可愛いかも、笑。


さてさて羽織、どういたしましょう・・・
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR