再び、マンダリンオリエンタルホテルの「センス」へ


先日、またこのお店に行ってきました。
1年以上行ってなかったのに、なぜか2週続いて行くことに。
ご無沙汰だったのに、またお付き合いが始まるみたいな~、
不思議とそういう事ってありますよね。
まー、私が今バタバタしてるので、
出易いところでランチを設定した為ってこともあるのですが。

この日は私同様良く食べる友達と一緒だったので、
5800円のコースランチをチョイス。



201001181205000201001181227000





201001181247000













←これ、美味しかった!



細かく刻んだピータンが入った卵豆腐の上に
湯がいた海鮮が乗っていて(ちょっとレアで火の入り加減が絶妙)、
ネギ油と生姜、パクチーの風味でとても美味しかったです。


201001181259000201001181314000






この他に野菜の炒め物と、点心も出ましたね。
先日食べた飲茶のコースより、
お味がバラエティーに富んでいて楽しめました。





この日は晴天で、建設中のスカイツリーが良くみえました。

       201001181245000           














センス(37階)からの眺めです。




もう10日間着物を着てません・・・・( p_q)
ま、忙しい時に無理してもね・・・・
しばらくは美味しい物を食べて我慢です(・∀・) 



                               

スポンサーサイト

大人の銀座・夜編「オリオンズ」


ずっとUPしようと思ってて、ノビノビになってしまっていた店。
大好きな銀座の、大好きなバーです。

バーテンダーの草分け的存在、故・澤井慶明さんのお店。
バーテンダーで彼の名を知らない人はいないと言われる程、
世界中のバーテンダーからリスペクトされているそうです。

銀座7丁目のニューギンザビル。
初めて行った20数年前、既にレトロな雰囲気でした(笑)
カタカタいうエレベーターに乗って10階へ。



大人の銀座・夜編「オリオンズ」


このドアを開けるとそこはずっと変わらぬ「大人の銀座」



大人の銀座・夜編「オリオンズ」


良い雰囲気でしょう?


せっかくのカクテル名人がいるし、
この空間ならスコッチやブランデーが似合いそうなのに、
すみません、今宵もシャンパンです。


大人の銀座・夜編「オリオンズ」

           大人の銀座・夜編「オリオンズ」

大人の銀座・夜編「オリオンズ」



食べ物もとても美味しくて、
この日はお腹いっぱいでしたが、
温かいローストビーフや野菜の煮込みがお薦めです。



大人の銀座・夜編「オリオンズ」


長身で素敵なお兄さん。
誰かに似てます・・似てるって言われません?て聞いたら、
「デスノートのリュークって言われたことがあります」
・・・あはは、なかなかのお茶目さんです(・∀・)


この店に来ると、カウンターの端の席に座って、
演奏の方なんかと、笑顔で話していた澤井さんが思い出されます。
今もそこにいらっしゃる気がします。

美しいキモノの特別鑑賞会に参加


小雪まじりの雨で寒かった12日、東京国立近代美術館で行われた、
美しいキモノのイベントに行ってきました。

ご一緒したのはほっぷさん。
ブログを通じて知り合い、偶然お会いすることができ、
年齢も、好きな着物の感じなども近く、
今回も会うのが2度目とは思えない程楽しいお出掛けでした
楽しいって言うか、大爆笑珍道中って言っていいほど(笑)
ほっぷさんは素敵なマダムなのですが、私のせい?(・∀・)



雨だった為、私は紬をチョイス。
ポリの着物を作ろうと思いつつ、後回しになってまして、
こういう雨の日にはやっぱり必要かなーと思いました。



美しいキモノの特別鑑賞会に参加   美しいキモノの特別鑑賞会に参加



先日のバレエの日に着た緑の紬と、
織楽浅野の墨黒の織り帯です。
これも古典柄をモダンにアレンジしたもの。
「天笠牡丹文」という名の帯です。



まずはマンダリンオリエンタルホテルのセンスでランチを。
お手軽なコースをいただきました。
どれも優しいお味、あんまり印象に残らない感じかな



美しいキモノの特別鑑賞会に参加

美しいキモノの特別鑑賞会に参加  美しいキモノの特別鑑賞会に参加

美しいキモノの特別鑑賞会に参加

美しいキモノの特別鑑賞会に参加

美しいキモノの特別鑑賞会に参加



ただ、着物におこぼししてしまった私にすぐに気付いてくれて、
炭酸水を含んだおしぼりと、乾いたナプキンを持ってきてくれました。
その辺の対応はさすがでした。


工芸館では森口先生の着物が4点、
この説明はちゃんと聞いてましたが、
あとはガラスや陶器のオブジェが多く、こちらはあんまり・・・
あ、今右衛門さんの雪輪模様の陶器はとっても素敵でした


4点の着物の中では、大きな梅柄のモダンな訪問着が素敵でした。
白地に葉の柄のものも可愛らしく、
どれも蒔き糊の技法のものでした。
着物に深みとか、奥行きが生まれるというのかしら、そんな感じです。



美しいキモノの特別鑑賞会に参加 歴史のある建物はいいですね



ほっぷさん  美しいキモノの特別鑑賞会に参加



モノトーンのコーデにバッグの色が効いていて素敵でした。
モノトーンが柔らかく感じるのは、ほっぷさんの人柄のせい?
大きな更紗柄の帯がとっても素敵で、
アップで撮らせてもらえば良かったなー。

参加メンバーは9割方着物でした。
紬から訪問着まで、色々な装い・・・
他の方の着物姿を見るのもまた楽し ですね。

ほっぷさん、ありがとうございました(*゚▽゚*)








鏑木清方展へ


7日、サントリー美術館の「清方ノスタルジア」を観てきました。

茶室「玄鳥庵」でのお茶席に参加できるとのことで、
着物をどうしようか悩んだのですが、
お作法も分からない私が、気取っても仕方ないか、と思い
このコーデで出かけました。

無地に見える細かい格子の紬と織りの名古屋帯。



鏑木清方展へ   鏑木清方展へ



帯はシルバーグレー地に雲文(洛風林)です。
グレーは好きな色で、グレーの帯を探していた時、
これまた好きな雲の柄に出会えました。
やっぱりクルクルしてるものが好きなんですねー(笑)



ミッドタウンは綺麗にお正月の設えでした。


鏑木清方展へ





BlogPaint ご一緒したのはじゅんさんと














はじめましてのおりんさんです(左) 鏑木清方展へ



二人共とっても綺麗な着付けでうっとり・・・
りんさんは黒地の付下げっぽい訪問着に袋帯、
じゅんさんはピンクの江戸小紋に織りの名古屋帯。
私、やっぱりカジュアル過ぎ?

と思いきや、ジーンズやパンツの方もいてホッとしました。




鏑木清方展へ


素晴らしいお茶室についてはまた後日詳しく報告しますね。



清方展は着物好きにとって、とても楽しめるものでした。
とにかく着物の女性が美しく、
そして着物の柄からコーディネートも参考になります!

特にブルー~グリーンの色が効果的に使われた着こなしが多く、
最近その辺の色が気になる私にとっては、
とても楽しいものでした

一番惹かれた絵は「遊女」。
白い肌に赤とブルーグリーンのコントラストが美しく、
そして表情や体のライン・・・
女の私が見てもぞくっとするほど色っぽかったです。


前日のバレエに続き、美しいものを2日続けて観られ、
素晴らしい新年の幕開けとなりました。

着物でバレエ鑑賞


今年の初着物お出掛けは7日の予定だったのですが、
年末に着物友達のひろみさんから、6日の嬉しいお誘いがありました!

なんとレニングラード国立バレエ、ご招待~
夢のようなお誘いです(*´∇`*)
演目は 「バヤデルカ」 今まで見る機会がなく、とっても楽しみ~



レニングラード国立バレエへ  バレエってことでいつもより少しエレガントに。




この牡丹の帯、大のお気に入りです
畳紙を開く度に 「なんて綺麗」 とドキドキする程大~好きなのに
(思いっきり自己満足ですが、笑
寝かせたまま・・・この日が初おろしでした。
昨年、牡丹の時期にこだわり過ぎた為、締める機会を逃しちゃったの。
なので今年は新春から活躍させようと、心に誓っていたのです。



レニングラード国立バレエへ  お太鼓アップ。


大きな牡丹柄も、この色合いもとにかく大好きです
シンプルモダンが好きな私ですが、
こういう 「ザ・花」 的な帯も実は好きなのです。




レニングラード国立バレエへ この日はコートも華やか系で。




早めに待ち合わせして松涛の可愛いお店でおしゃべり。


レニングラード国立バレエへ


レニングラード国立バレエへ



私はガッツリとそば粉のガレットを(笑)
ひろみさんは可愛らしくデザートクレープをセレクトしました。

そして、いざオーチャードホールへ!


夢のような、そしてアッと言う間の3時間でした
音楽、踊り、衣装、全てが素晴らしく、
今まで見たバレエの中でもベスト3に入るくらい
・・・と言っても、私は全くの素人ですし、
国際的なバレエ団の鑑賞は20回未満ですが。

2幕の色とりどりの衣装の華やかなシーンも良かったけれど、
3幕の、全員が白い衣装で幻想的に踊るシーンが最高でした。
本当に、夢のように綺麗でした
そして主役の女性2人が素晴らしく美しくて、
私と同じ人間とは思えませんでした(笑)
人間 とか 女 って言葉で一緒にくくっちゃいけませんね( ̄∇ ̄)




レニングラード国立バレエへ ピンクのバッグ、ひろみさんにピッタリ!


白地に柔らかいモノトーンの花柄の着物に、
淡いピンクに牡丹柄の羽織で、可愛らしい着こなしのひろみさん。
ひろみさんも牡丹柄が好きだそうで、
打ち合わせなしだったのに 「牡丹シスターズ」 でした。



レニングラード国立バレエへ 


私は紬ですが、裾から濃い色からのぼかしになってます。
一応付下げっぽいのかな?


はー、幸せな時間でした
ひろみさん、本当にありがとうございました





プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR