二日連続着物でお出掛け


前日の日本橋お出掛けに続き、
次の日も嬉しい「着物でお出掛け」

Jさんが企画して下さる、ちょっとお召かし着物でのオフ会、
参加を楽しみにしていたのだけど、
残念ながら午前中用事があり、参加は無理に・・・・

でも、数人の方に渡す物があったのと、
会の後に美術館に行くとのお話もあり、
会が終わるのを待ち、合流させて貰いました。


二日連続着物でお出掛け

二日連続着物でお出掛け


訪問着や付下げに袋帯の方が多い会なので、
あんまり浮かないように考えて、
小宮さんの極鮫&霰小紋に織楽浅野さんの帯。

ホテルのロビーで待っていると、
美しく着飾った華やかな皆さんがゾロゾロとやってきて、
見せてもらうだけで幸せ気分でした(*´∇`*)


そして向かったのはニューオオタニ美術館。
「日本画に見る四季の美点」です。
松園や清方の美人画を見て更に幸せ気分に~
明治時代の素晴らしい蒔絵の文台と硯箱を見れたのも感激でした。
招待券を提供くださったOさん、ありがとうございました。


二日連続着物でお出掛け 二日連続着物でお出掛け
二日連続着物でお出掛け それぞれにお似合いの素敵な袋帯。

そして下の帯のNさんは私の超ツボのお洒落訪問着・・・・

二日連続着物でお出掛け 

白大島になんとも贅沢な刺繍が施されています。
派手じゃないんだけれど、よく見るとなんという手の込んだ創り・・・
なんて素敵なんでしょう!
全員の着姿を撮れなかったのが残念ですね。


ニューオオタニの庭園を皆で少しお散歩。

二日連続着物でお出掛け
  
二日連続着物でお出掛け 二日連続着物でお出掛け

左のMさんは(今回は撮影の機会に恵まれなかったJさんも)
なんとご自分で結われた日本髪!

二日連続着物でお出掛け 凄すぎる~!
       
 
 
この後解散となりましたが、
私も含め時間のある5人はホテル内でお茶を。

二日連続着物でお出掛け

グルグルの敷物の上に置かれたシックなツリー、
そしてツリーの周りにはシャンパンのボトルがぐるりと。
これ、私にとって最高のツリーじゃないかしら?(笑)
そこに今欲しい帯がサンタさんから届いたら、完璧ですね(爆) 

はじめましての方が2人いましたが、
着物好き同士、あっと言う間に打ち解けて、
話に花が咲くのはいつものことです(・∀・)

すっかり暗くなった帰り道、赤坂プリンスのライトアップが綺麗でした。

赤プリ


途中参加となりましたが、ご一緒して下さった皆さん、
ありがとうございました。

そして、この翌日も着物でお出掛けとなりました      
スポンサーサイト

円山応挙展


ずっと行きたかったこの展示、
母のことやら姉のことやらで中々行けませんで・・・
でもギリギリ行ってきました。

母の四十九日があけて、最初の着物で一緒のお出掛けを
ほっぷさんがお誘い下さいました~(・∀・)


円山応挙展

この帯もギリギリ~?ん?もう遅い???
お許し下さいませ~、締めたかったんですよ。
そして、こちらの柄が出したくて、逆の結びに挑戦でした。


円山応挙展


ちょっと早めに出て、人形町に立ち寄る為におりた駅近く、
銀杏が色付いていて綺麗でした。


円山応挙展は期待通りの見応え!
まずは眼鏡絵の細かさに絶句!
そして楽しみにしていた襖絵や屏風絵・・・・
圧倒されました。
そして大乗寺への思いが募りました。
本来あるべき空間で味わいたい・・・と。


そして久しぶりのほっぷさんとゆっくり話したいよねーと、
選んだのはマンダリンオリエンタルホテルのアフタヌーンティー。
こちらは、ホテルが出来たころ2回程いただきましたが、
甘い物オンリーでなくサンドイッチ類も美味しいのと、
飲み物が1杯ごとにオーダーを変えられるので嬉しいのです(・∀・)


円山応挙展

こちらはシュワシュワが欲しくなるお味でした。
次のスコーンは話に熱中して撮り忘れ~(笑)


円山応挙展

       円山応挙展


いくら話しても着物トークは尽きませんが、
私はこの後残念ながら用事があり、早めにお別れ。


円山応挙展 円山応挙展
     円山応挙展

いつもですが、この日もシックで素敵なコーデのほっぷさん。
この着物にまつわるお話がまた素敵でね。
なんと自分の七五三に着た着物を染め替えた物だそうで、
ぜひ七五三のこの時期に着たかったそう。
こっくりとした紫がよくお似合いでしたよ。


素敵な絵画、友の素敵な着こなし、
そして着物友と出かける久々のお出掛け、
本当に楽しかったです。
ほっぷさん、ありがとうございました。
そして、あそこにもあそこにも行かなきゃならないし、
近々またね~(・∀・)


大好きなこの帯、また来年までさようならです。

円山応挙展



今週はこの翌日も含め、着物でお出掛けが続く予定で嬉しいな~

上海蟹


先週のことになりますが、やっといただきましたよ(*´∇`*)
紹興酒好きの友と、出掛けました。

この日の洋服が全体的にグレー~黒の暗い感じだったので
(いつものことですが、笑)
バッグに鮮やか色のフリンジを付けてみました。

上海蟹 

はい、例の白イ烏さんの色違い(・∀・)
いつの間にやらGETしてたんですね~(笑)
着物の時だけでなく、洋服でも使えちゃうことを発見です。

一緒にこの色もお買い上げ 上海蟹


今回は秋から冬を意識して、この2色にしたけれど、
ブルーやグリーンも欲しいな、赤も素敵だったな~

・・・お安いんだから、一度に買っちゃえば?とも思いますが、
ちょっとづつ揃えて行くのも又楽しいものです



うかがったお店には可愛らしいこんな絵が。

上海蟹
 
       上海蟹

反射しちゃって見にくいですね 陶器のような感じでした。



さてさて、本日の主役、上海蟹の登場。

上海蟹
 
       上海蟹


実はね、身はズワイ、ミソは毛蟹のほうが好きなのですが(笑)
ビールと紹興酒には、絶対上海蟹の方が合うと思う!!!

これだけ解体してくれても、やっぱり無口になります・・・・
そして、香りがキツくて、手を洗っても蟹臭さがなかな消えず、
しばらく上海蟹はいいやって気分になったりもします(´・ω・`)

それでもやっぱり、季節がくると絶対食べたくなるんですよね。
旬のものをいただくのは、幸せなひとときです(*´∇`*)


素敵な絵羽羽織


先日のますいわ屋さんの展示会で
素敵な羽織やコートのコーナーを発見!
美しいキモノにいつも掲載されている堀一商事さんでした。
仕立て上がっていた美しい羽織を羽織らせて貰いました(・∀・)


堀一商事の羽織

このまま着て帰りたくなったこの絵羽の羽織
とーっても手の出るお値段じゃなかったので
(約70万ほど・・・)あっさりあっさり諦めました(笑)

・・・が、いつかきっと素敵な絵羽羽織を!
(いつかきっと、の物がいくつあるんかい?笑)


初・ぎをん斎藤さんの展示会

この日の半襟はサラサ・デ・サラサのレース半襟。
ふっくらとしていて、かなりお気に入り。

先日の袋の中身 白ィ烏さんで購入したこちらです。


ここの半襟、可愛いんだけどラブリー過ぎずハマリました
(コレクターになりそうな勢いで揃えちゃってまーす
私、やっぱり白っぽい襟が好きなんですね。

着物の色、前にUPした画像と全然違いますね~。
ちょうど間の色って感じなのですが・・・


この次の日も着物を着たかったのですが、
雨なので、又ポリ着物の出番かと思うと着る気になれずでした

初・ぎをん齋藤さんの展示会


ネットでは何度か見ていた「ぎをん齋藤」さん。
京都のはんなり代表のイメージのお店で、
御所解の染帯を買うならこちら!と思いつつも、
そういう古典的な柄にあまり縁が無い私・・・・

でも、夏にすみれ堂のすみれさんが、
綺麗な水色の絽小紋に、これまた綺麗な染め帯をなさってて、
ネットの画像で見るより本物は数倍素敵!と実感
機会があれば展示会に行ってみたいな~と思っていたのです。

そして東京での展示会が12日からあるというので、
ほっぷさんにお付き合いいただいて行ってきました(・∀・)

初・ぎをん斎藤さんの展示会 初・ぎをん斎藤さんの展示会
ほっぷさん        usako
 

まずは腹ごしらえ&おしゃべり
銀座ZOEの小南国でゆっくりとお食事を。

銀座 小南国 銀座 小南国
銀座 小南国 
銀座 小南国 銀座 小南国


 
そして和小物の店や、洋服屋さんもチェックしつつ、
(ほっぷさんとは洋服の好みも合い、ついつい寄り道が多くなります)
いざ、齋藤さんの展示会場へ。

・・・・いや~、美しかったです!!!
大変美しかったです
古典的な柄&古典的な色のイメージが強かったのだけど、
モダンな物、すっきりとした色の物もあり、
色々なタイプの付下げの豊富さには驚きました。
は~、夢に出てきそうだわ~

初秋から買い物病を患った私は、もちろん何も買えずでしたが、
お金を貯めていつかきっと・・・と思える魅惑の品達でした

余談ですが、帰る時にハンガーに掛かっていたコートは
毛皮率高かったで~す(それも上質の!)


初・ぎをん斎藤さんの展示会 初・ぎをん斎藤さんの展示会


この日の着物、実は初秋に巡り会ったもので、初おろしでした。
日本橋萌で出会った、エメラルドグリーンの綸子の小紋。
携帯のカメラじゃ色がちゃんと出ないのですが
本当はもっとグリーンです。
色無地と考えてOKとのことで、色んな席でガンガン着るつもり。

帯は織楽浅野さんの銀座もとじオリジナル。
そしてさっそく重子さんの店でゲットした道明の帯締めを


初・ぎをん斎藤さんの展示会初・ぎをん斎藤さんの展示会


ほっぷさんは今日もシックな着こなしです(・∀・)
淡いライムグリーンの無地紬に京紅型帯、小紋羽織。
はっきりした色合いでここまでの柄の帯は珍しいけれど、
とってもお似合いでしたよ


そしてもう一ヶ所、ますいわ屋さんの展示会も覘きました。
ほっぷさんの知り合いの方がいるので、
お付き合いでサラッと一回り、という感じでした。


初・ぎをん斎藤さんの展示会


2つの展示会を廻った後は、
髙島屋のロブションカフェで喉を潤しつつ、
又止らぬおしゃべりを楽しんで、解散となりました。

ほっぷさん、お付き合いいただきありがとうございました
1人じゃあんなにゆっくりと齋藤さんの物を見れなかったと思うわ。
ちなみに展示会は明日まで、銀座かねまつホールで行われてます。

あら田→オールドインペリアルバー


昨日の記事と話が前後しますが・・・

水曜日、友達とのお食事会で2度目の「銀座あら田」へ。
以前に行った時、初めてだったのでとりあえずコースでお願いしたら、
すごいボリュームで、〆の雲丹ご飯がすっごく美味しかったのに、
ほとんど食べられず・・・・
次は絶対アラカルトでオーダーして、
雲丹ご飯を残さず食べるのだ!と決意していたのです。


「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」 「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」 
「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」 「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」 「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」 

アミューズのフォアグラ入りのレバーペースト、絶品!!
鴨のサラダ、ポテトのグリル、
牛の第二胃袋「はちのす」のトリッパ。

「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」 本日のシュワシュワ。
モエがオーストラリアで造ったロゼのスパークリングワイン。
シャンパーニュ地方で造られてないので、
スパークリングワインの扱いになるのですね。
その分お値段が魅力的です(・∀・)

「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」
         「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」

メインもシェア、鴨のコンフィが美味しかった!


そして前に来た時もびっくりだったのが・・・

「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」 このオリーブオイル。
お皿の半分だけに塩コショウを振ってくれます。
まずはオイルそのままの味は、フレッシュで青りんごのような風味。
塩コショウをかけると・・・・温泉卵味に大変身!!

不思議でしょう?(゚∀゚)
このオイル、ノーベル賞の祝賀会の席で出されるそうです。


そして〆はもちろんこちら。

「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」
         「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」

は~、幸せ大満足のお食事でした。


そして目の前の帝国ホテルへ移動。
なんか、このコース、パターン化しそうです。

「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」

オールドインペリアルバーは旧帝国ホテルの面影を残す、
アールデコのデザインが大好きな空間。

「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」
         「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」
「あら田」と帝国ホテル「オールドインペリアルバー」

フランク・ロイド・ライトの名前を知ったのは、
設計の仕事をしてた誰かさんに、昔々連れてきて貰った時(笑)
店の左奥には、旧帝国ホテルの壁がそのまま使われてます。

オールドインペリアルバー 帝国ホテル東京の雰囲気2 
(暗くて撮影は断念したので、画像拝借しました)



この日、となりのお席には内田裕也さんが座ってました。
Twitterやってたら、シェキラベイビー!ナウ」と呟きたかった(笑)
翌日の重子さんと、2日続けて白髪が素敵な、
お茶目な大御所と出くわした今週でした。

池田重子さんの店へ


ちょうど昨日「徹子の部屋」に出演されてた重子さん。
彼女のお店「時代布と時代衣装 池田」は目黒にあり、
家からその辺りってとっても時間のかかる場所で・・・・
目黒に行くのって美術館目当ての時くらい。

昨日は恵比寿の東京都写真美術館へ、
オペラ映画「椿姫」を見に行ったのですが、
(今ドミンゴのオペラ映画フェアをやっていて通ってます、笑。
その件に関しては後日詳しくレポします)
続けて「道化師」も見ようかと思ってたら「椿姫」があまりに素晴らしく、
もうお腹一杯、他の物を入れたくない状態に


天気も良かったし、ペタンコ靴を履いてたので、
お散歩がてら「時代布と時代衣装 池田」へと向かいました(・∀・)

池田重子さんの店へ

最近お気に入りのトリー・バーチのハラコの豹柄バレエシューズ。
1人歩きの時、ヘビー・ユースです。

線路沿いの道は味気ないので、ちょっと遠回りして
高級住宅街を通り抜け、溜息を漏らしつつ闊歩。

派手派手なアンティークには余り興味がないけれど、
そして自分がアンティークになりつつあるので?(爆)
自分で着る機会は余りないけど、
豪華な刺繍のものや、粋な雰囲気のものを見るのは好き
それに昔の物は帯留や櫛の細工も丁寧で美しいし

お店には重子さんがいらして、色々とお話できました(*゚▽゚*)
すっごく可愛らしい方で、
他のお客さんが着てたジャンスカに興味を持たれて、
上着を脱いで貰って見せて貰ったり(笑)

そしてね、私がしていた指輪にも興味を持たれて、
デザイナーや材質など色々聞かれました。
「変わってるわね、デザインがとてもいいわ、素敵」
そして裏までじっくり見て、
「裏の細工もとても綺麗ね、いいもの見せて貰いました、ありがとう」
・・・・なんて素敵な方なんでしょう!!!


池田重子さんの店へ

       池田重子さんの店へ

母の形見のこの指輪、重子さんに褒めていただいて、
株が一気に上がりました(笑)

母が馴染みのジュエリー店の展示会で買った記憶があるこちら、
全然ブランド志向が無い人だったので、
どこぞのブランド品とかじゃないし、
作家のオリジナル作品だと思うけど、
その作家名さえ分らないし、きっとそんなに有名な人でもないと思う。

そう答えると、
「私も同じよ、どこのとか、大先生が作ったとか、
そういう事に興味はないの。
お洒落なお母様ね。」


・・・・シャネルのバッグにトリー・バーチの靴の私は
ちょっと・・・かなり恥ずかしかった(笑)
もちろん、ブランド物ならなんでもOKってワケじゃないですよ!


指輪を外して重子さんの手のひらに乗せた時に、
「きゃ、重たい」と呟いたのがすっごく可愛らしかったです(*´∇`*)


「池田」さんでは、ブログに載ってたつげの兎の帯留が見たくて、
他にもお宝帯留が見れればな~という思いで覘いた感じなのに、
ふと見た帯締めの中に、目に飛び込んできた物が!

ということで帯締めお買い上げ~。
(兎帯留はお値段的に即決できず・・・)
でも、リサイクル品なのに綺麗で、いいお買い物が出来ました。

池田重子さんの店へ

下のブルーグラデーション&金の組の物、なんと道明さんです。
ほぼ未使用で、信じられないお安さ!
上は茶色の帯締めが欲しいと思ってたので、ナイスタイミングでした。

そして、この2つを買っただけなのに、
たくさんお話もできて嬉しかったのに、更に嬉しいことが・・・・

池田重子さんの店へ

銀座松屋で29日から始まる「日本のおしゃれ展」の
招待券をいただいたの~
絶対に見に行かなくては!!!


「道化師」を見ていたら、こんなラッキーな目には会えなかったわ。
「椿姫」で満腹になっておいて良かった~。
ただ、問題は兎帯留やその他欲しい物が増えたことです・・・

書道展2


今回は幹部役員達の作品をご紹介。
まずは我が師の作品です。

区の書道展


そして姉弟子達の作品。

区の書道展 区の書道展
区の書道展 区の書道展


書体、書き方、紙や墨の選び方、自由に遊べるところが素敵
自由に遊べるという事は、自信と挑戦てことなんですよね。
お手本が無かったり、興味の持てるお手本を選んだり、と
大変なお勉強の末にできる事・・・・
漢詩や、絵や、俳句など様々なお勉強をしてできていく作品。
私のような不勉強者にとっては返って
「自由=不自由」になってしまうんですね。



区の書道展 日展評議員、鈴木春朝先生の作品


そしてこんな素敵なかなの書も 区の書道展


私が絶対に書けないと確信している女性らしいかな書、
(何を威張ってそんな確信してるんだか、笑)
永遠の憧れですねー。


区の書道展

こんな風に展示されてます。
(クリックして大きくして見ると、アレ?って字も見当たりますが、
それは区長さんや議員さん達のものです)


ちなみに私も含めた幹部以外の作品展示はこんな感じ。

区の書道展



来年の書道展には、今年より少しでも自信の持てる作品を
出品したいものです!
・・・・と、毎年この時期は思うんだけどね~(~~;)

フォーシーズンズ椿山荘→オペラ!


アフターヌーンティー、チャイニーズプレートと、
選んだメニューはそれぞれでしたが、
ゆっくりとお茶した後はホテルの庭園をお散歩。

フォーシーズンズ椿山荘→オペラ「魔笛」

フォーシーズンズ椿山荘→オペラ「魔笛」フォーシーズンズ椿山荘→オペラ「魔笛」

紘音さんは私の大好きな色の三分紐に、珊瑚の帯留。
季節に合った万寿菊の素晴らしい細工です

環さんは三風魯の大人色の更紗柄しゃれ袋帯。

三風魯謹製特撰本袋帯孔雀更紗文【G3】
(画像拝借しました)
 縞の小紋とのコーデ、すっごく似合ってました



楽しい時間をありがとうございました!


そして、この後私には又至福の時間が(*゚▽゚*)
ひろみさんがオペラに誘って下さっていたのです!!!
(ひろみさん、本当にありがとう!
ポーランド国立ワルシャワ歌劇場による「魔笛」

このオペラは中学生か高校生の時、
音楽の授業でビデオで見た記憶があるものの、
内容についてはほとんど覚えておらず~
パパゲーノっていうヘンな役だけはやけに覚えてましたが。

大人になって何度か見たオペラは100%悲劇ですが、
このストーリーは大人のお伽噺ですね。
ちょっと(かなり?)女性が馬鹿にされてるような扱いだけど、
・・・でも、とっても楽しかったです
オペラは理屈じゃなく、単純に音楽と歌声に感激できるか、
そして感情が高揚するのを楽しめるかどうかって気がします。
舞台装置や衣装が素敵なら更に高揚するし~



フォーシーズンズ椿山荘→オペラ「魔笛」 
幕間に私がじーっと見ていたのは・・・・

フォーシーズンズ椿山荘→オペラ「魔笛」 あはは~(o^∇^o)
残念ながら手が出ませんでした。
お値段もですが、午前中から出掛けてたので、寝ちゃいそうで


実際、ひろみさんの隣の席のおじいちゃん、ほとんど寝てた・・・
素晴らしい歌声を子守唄に、
なんとも贅沢な居眠りですよね~(笑)

素晴らしい夢の世界へと誘ってくれたオペラの後、
劇場を後に現実に戻されつつ、ひろみさんと1杯。
これも又至福の時間?


本当に楽しく、濃い1日でした(*´∇`*)


最後に、環さんが撮って下さった、素敵な雰囲気の1枚を・・・

フォーシーズンズ椿山荘→オペラ「魔笛」

モデルが私じゃなければ完璧です(爆)

書道展


年に1度の区の書道展が開催中です。
今年は母の介護であまり一生懸命取り組めず・・・・
そして去年大きな賞を頂いた為、
こんな私が今年から理事になってしまい(ひえ~
理事の下っ端はなかなか賞を頂ける立場ではないので、
例年に増して、気楽に臨んじゃった私です( ̄∇ ̄;)


本日授賞式のお手伝いの休憩時間に、
サラッと作品を観てきました。
まずは理事の中で、新聞社賞などの大賞受賞作品

区の書道展 区の書道展
区の書道展


1文字1文字の素晴らしさもだけど、バランスも素晴らしい!
そして色々な字体を堪能できますね~。


次に姉・兄弟子達の作品

区の書道展 区の書道展 区の書道展 区の書道展

紙の選び方、字体の選び方、そして書き方、全て参考になります!

区の書道展 恥ずかしながらワタクシの書、嫌んなっちゃう


そして今回の注目は表具!
これね、凝る方はもちろん色々注文をするのでしょうが、
うちの社中は(幹部役員以外はほぼ)
いつもお願いしてる表具屋さんにお任せなのです。
表具に凝るより、まずは字をしっかり!という事で、
締め切りギリギリまで何回も書き直すもので。


区の書道展 区の書道展
区の書道展 区の書道展


同じ社中の表具に使われていた生地抜粋。
左上の渋い物がワタクシの作品に使われている物です。
いつの日か、自分の字に自信を持てる日がきたら、
紙や表具をオリジナルセレクトにして、
自宅に飾れたらなと夢見ています(*´∇`*)

そんな日が来るかどうかが疑問でもありますが
今の練習量じゃ、一生夢で終わる可能性大よね・・・・


幹部役員の作品&明日の受付レポ、次回へと続きます

初恋の人からの手紙


エセレブさんのブログにUPされてた面白い記事。
いくつかの簡単な質問に答えると、
初恋の人から今の自分に手紙が届くというものです。

ようは性格分析されて、恋愛に関してのアドバイスなのですが、
自分でもやってみて爆笑でした!
初恋の人から届いた手紙は・・・・



usako、元気?
もうそろそろダイエットは終わったかな?今ごろusakoは理想体型になっていることと思います。

usakoが「もっと私に興味を持ってくれる人と付き合う」と言い捨てて別れたあの日から、もう32年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

この手紙を書いたのは、特に用事や理由があるわけではないんだ。ただ昨日友達と会ってusakoの話題が出たから、ひさびさに思ったままでも何か書いてみようと思って。びっくりさせたかな。

今あのころの付き合いをあらためて考えてみると、ひどい恋愛をしていたなぁと思います。基本的にモテたし人気者だったusakoに対し、おれは地味で日陰の存在だったから、いつもジトジトして迷惑をかけていましたね。おれに「堂々としてよ。いいところもたくさんあるんだから」と勇気付けながら、だんだんと距離を置いていったusakoが今でも忘れられません。

あ、そういえばusakoからしてみれば、おれは初恋の相手なのかな?付き合った当初はやけにusakoが不安げだったのをよく覚えています。「手はつないだほうがいいの?」「週に何回会えばいいの?」って、正直うるさい(笑)

まだ付き合い始めのラブラブだったころ、usakoは「もう彼氏は人生に一人いれば充分」などと言っていましたよね。嘘つけと思ったけど、嬉しかったなぁ・・・。ま、結果を見てみても、完全に嘘だったけど(笑)。

全体的に言えば、おれはusakoと付き合えてよかったと思っています。だいぶ自由人なusakoに疲れたところはあったけど、おかげでかなり精神力が鍛えられました。

いろいろ書いたけど、おれはusakoが大好きでした。これからもusakoらしさを大切に、そろそろサインペンでアイライン描くのはやめて(笑)、新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. そういえば犬にへそのニオイを嗅がせる遊びをしていましたね…。



おへその匂いなんて嗅がせてませんて!!!
でも足の匂いは嗅がせたような気も?(爆)

ふ~ん、私って付き合った人の精神力を鍛えてたのね~。



そして分析結果がこちら・・・・


【短評】
性格としては最も男性に愛されやすい。素直さがあり、甘えるのも得意。ただし相手によっては振り回され疲れる。
【あなたの恋愛事情を考察】
usakoさんは、最も「女性らしい女性」と言えるタイプに分類されます。男性との心の壁があまりなく、時と場合によって上手に人に頼ることもできます。悪く言えば主体性に欠けるのですが、周囲の人から愛されやすい人柄であると言えるでしょう。

ただ、好きな人に対して一心不乱すぎて、相手の一挙手一投足に影響を受けやすく疲れることはないでしょうか。甘えすぎて面倒くさがられたり、逆に「強くならねば」と思っても何か自分で無理しているところがあったりして、どうしていいのか分からなくなってはいないでしょうか。

本当は強くなる必要などなく、むしろそのままのほうがずっと魅力的なのですが、方向性を間違えると「らしさ」を失ってしまう危うさを抱えています。

ここから言える、usakoさんにありそうな問題点を列挙します。

◆なぜか「人の気持ちを考えない男性」を引き寄せやすく、振り回されやすい。
◆自分の課題は「強くなりしっかりすること」だと誤解している。
◆別れるたびに次の恋愛に恐怖し、強さを自分に求め、素直さを失っていく。




「女性らしい女性」はハズレてるけど、
「男性との心の壁があまりない」は当たり。
そして
「なぜか人の気持ちを考えない男性を引き寄せやすい」
・・・大当たり
って、笑えないことですが、あはは(~~;)



興味のある人はやってみて、結果をお知らせ下さい(・∀・)
初恋の人からの手紙




プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR