沈壽官展&ちょい古建物探訪・日本橋三越


鬼のかく乱・・・・風邪ひきました。
38度以上の熱を出したのはいつ以来かしら?
でも、何も食べられないってわけじゃないのが、私ですね(笑)


火曜日、日本橋三越で開催されている
「歴代沈壽官展」を観にいってきました。
薩摩焼って知ってますか?
薩摩揚げじゃありません(笑)

NHKで特集をやっていて、その美しさ、細やかさに惹かれ、
これはぜひとも観にいかなければ!と。

歴代沈壽官展 歴代沈壽官展

歴代沈壽官展

歴代沈壽官展 歴代沈壽官展

歴代沈壽官展

歴代沈壽官展

沈壽官展 沈壽官展


絵付けの素晴らしさ、透かし彫りの気の遠くなるような細かさ、
そして白の美しさ・・・・・

6階では展示即売会も行われていて、
覘きましたがお呼びじゃない???
いえ、そうでもなくて小さな香箱などは手の届かないお値段でもない。
着物や帯ならアリ!のお値段なのに、
陶器にはそんなに出せないって、何の違いなのかな~?
2週間程前に、奥村土牛のシルクスクリーンを見た時も思ったけど・・・

あ、帯留作ってくれないかな!そのくらいなら買えるかも。
リアルな動物や植物の帯留、素敵だと思うな~

即売会場には15代目がいらっしゃいました。
この方、よく行くお寿司屋さんのご主人にそっくりで、
勝手に親しみ感じてます(笑)

こちらの展示は31日(月)までです。
興味のある方はぜひ!




ここから先は「ちょい古建物探訪」。
通いなれた日本橋三越も、じっくり見るとその素晴らしさを再認識します。


日本橋三越 外観日本橋三越 外観

日本橋三越 外観日本橋三越 外観

日本橋三越 外観日本橋三越 外観

日本橋三越内観 日本橋三越内観

1階中央ホールから吹き抜けに向かってそびえる「天女像」
そしてどこもかしこも「古き良き時代」の凝った造り・・・・

日本橋三越内観日本橋三越内観

日本橋三越

         日本橋三越内観


10時、12時、3時には演奏が行われるパイプオルガン。



1935年に完成した、ルネッサンス様式の素晴らしい建物です。
三越の周りには好きな建物がた~くさんあります
ずっと残して欲しいものですね~。
スポンサーサイト

藤山千春さんの帯


私は別に作家物に弱いわけじゃないのですが、
展示会なんかを見に行ったりすると、
「あら、素敵だわー」と思う物が作家さんの物だったりもします(・∀・)

藤山さんの帯を始めて見たのは、
今はもう無いみともさんの交詢店だったかなー?
その後、みともさんの催しで見て、更に惹かれました
(その時一緒に川平織も初めて見て、ドキドキした記憶があるわ

そして馴染みのもとじさんで藤山さんの展示会があると知り、
着物友のほっぷさんを誘って行ったのがこちらです。
藤山千春さんのトークイベントへ


実はあまり興味が無かったというほっぷさんも(笑)
草木染の優しさと、織の力強さに驚いて、
すっかりファンになったのでした、へへ( ̄ー ̄)

でもね、私にとっては軽く買えるお値段ではなく、
もとじの展示の時も気になる帯がありつつ諦めたのですが・・・・
去年の秋にちょっと寄った催事で、え?ってお値段で、
巡り会っちゃったのですよ(*゚▽゚*)


藤山千春さんの帯 この色にやられました~(笑)

紫、緑、黄色がキツクなく、見事な調和・・・・
今まで好きだったモダンな帯にも通じるけど、
素朴でありながらモダンって感じで、それは自然の成せる技かな?

藤山千春さんの帯


藤山さんの帯は雑誌でもよく見るけど、
実際に見るのと違って、魅力が伝わらないのが残念ですね。

「ぜーんぜん買えない!」と思っても、
いい物を見に行くのは楽しいし、
実際に見て良さが分る物って沢山あるんですよね~
そしてその後、偶然のお買い得に出会ったりもあるし


藤山千春さんの帯

藤山さんがその日にお召しのこんなブルー系の帯も、
とっても素敵でした。次に狙うはこんな色?
今見ても、ドキドキ感が甦ります~(*´∇`*)




今日は短い記事なのでオマケに音楽を。
娘と共に大好きなシンガーです。



琳派芸術「第一部 煌めく金の世界」


ほっぷさんと今年はじめましての着物のお出掛けです。

淋派芸術「第一部 煌めく金の世界」

ろうけつ染めの母の紬、初めて着ました。
母が亡くなってから、母のものを着てみようと思う気持ちが
強くなってきたような気もします。

帯は藤山千春さんの吉野間道の帯、これも初おろし。
昨年秋の「ザ・大物買い」の中の一つです(笑)
(この帯については次回詳しく解説しちゃおう!)
で、帯揚げも初おろしで、ハットトリックのようなこの日でした(・∀・)

淋派芸術「第一部 煌めく金の世界」

あ、履物も初おろしだったわ!by白イ烏。


出掛けたのは昨年、ほっぷさんと円山応挙展に行った時に、
「これも観たいね!」と話していた出光美術館のこの展示です。
午前中に待ち合わせて行ったら、平日なのにもの凄い混みよう!
ってことで、美術展を後回しに予定変更しました。

ほっぷさんが礼装用の草履を探していて、
ぜん屋さん→小松屋さんへ。
いや~、履物見てるだけでもすっごく楽しかったな~
私も自分で礼装用の草履を購入してないので、
大変参考になりました

目に入った骨董屋さんも覘いてみたりして、
・・・ん~、アンティークの魅力にハマルと恐ろしいことになりそうです


ランチは日比谷の「あら田」
最近たまに夜行くのだけど、ランチでうかがったのは初めてでした。

淋派芸術「第一部 煌めく金の世界」

       淋派芸術「第一部 煌めく金の世界」

淋派芸術「第一部 煌めく金の世界」

少しづつ色々+フレンチ風魚料理のレディース会席¥1800
色々な物がいただけて、重くなく、女子ランチにちょうどいい感じ。
また夜にゆっくりと来たいな~(*´∇`*)

淋派芸術「第一部 煌めく金の世界」

この日のほっぷさんは、淡い色のお着物なので、
お友達のerikoさんから貰った可愛いナプキン挟みを利用です。




   usako 淋派芸術「第一部 煌めく金の世界」


DSCN1099

ほっぷさん



淋派芸術「第一部 煌めく金の世界」

お着物、淡い暈しになっているのが分るでしょうか?
大変美しいお召し物でしたよ~

DSCN1100






優しい色合いにさし色の赤が素敵、
よくお似合いでした。




ランチ後に美術館作戦は大成功!
午前中に覘いた時よりずっと空いてました。

琳派の美しい絵画に囲まれた、素晴らしい時間・・・・
特に屏風絵は圧巻でした。
扇の屏風絵の、あのどきどき感はなんなのでしょうか??
月と秋草の屏風絵も良かったなー。
そして光琳梅、大好きなんだわ(* ̄∇ ̄*)
絶対に第二部も観なきゃね!と誓った私達でした。



帝国劇場の定紋淋派芸術「第一部 煌めく金の世界」


出光美術館がある、帝劇にあるこの翁面、
ご存知でしょうか?
いつも「何だか福福しいな~」と思い通りすぎてたのですが、
旧帝劇の定紋、劇場を象徴する紋だったのですね、知らなかった~。


美術鑑賞の後、お茶したのは京都の「一保堂」さん。

RSCN1111




BlogPaint








美味しいお茶の入れ方をレクチャーされてるほっぷさんです。

DSCN1104






私がチョイスしたのはほうじ茶。

一保堂

丸の内の一角とは忘れてしまうくらい、
ゆったりと時間の流れるお店でした。
ついつい話に花が咲き、あっと言う間に外は暗闇に・・・・
私達っていつもこうね(笑)
でも、その暗闇がまた嬉しい(・∀・)

BlogPaint




  



夜の丸の内は、昼とは違う美しい顔を見せてくれました


履物、骨董、美術展、丸の内の建物とライトアップ。
美しい物ばかりの楽しい1日でした。

三度「日本のおしゃれ展」・・・笑


日本のおしゃれ展の図録を眺めては、
「この帯、どんな生地だったっけ?」とか、
「この帯のお太鼓はどんな柄だったかな?」とか思うことしきり。

ってことで最終日に、また行ってきちゃいました~(^^;)
閉場時間の1時間前に到着。
今回が私が観たうちで最も空いていて、
特に閉場時間間際にはゆったりと観れました
(大久保信子先生も来場されてましたよ)

一通り回った後、確認したかった物をじっくりと観ましたよー。
簪も帯留も、3周くらい巡回(笑)
着物や帯、繊細な細工の物って、紙面や画像で見るのと
実際に見るのではぜーんぜん違いますね!!!

3回も観に行ったってことは、ただ美しいと思うだけでなく、
やっぱり私の好きな物がアチコチに散りばめられてるんですよね。
更紗、唐草や唐花、アールヌーボーやアールデコの物、
美しい石、そしてモノトーン。

アンティークの帯や着物は持ってる方などは、
似た雰囲気の物をお持ちのことも多いことでしょう。
でも、アンティークを持っていない私でも、
ふと、「あ、これ、テイストが似てるかも」と思えるものを
持っていることに気付きました。


それがこちらの帯達。

三度「日本のおしゃれ展」三度「日本のおしゃれ展」

何模様で、何織りなのかも分らなくても、
模様と質感が好きで、着物を着始めて間もなく、
初めて自分で購入した洒落袋帯。
ただ、まだ一度も使ってないんですが

三度「日本のおしゃれ展」

ベルベットのようなふっくらした織りです。


そしてこの赤い帯。

三度「日本のおしゃれ展」 三度「日本のおしゃれ展」

こちらも洒落袋。
ただ、袋帯をほとんどしない事に気付き、
購入して2年程たつのに、まだ仕立ててもいません(=゚ω゚=;)


こうやって改めて見ても両方大好きなんだけどな~???
ってことで、今年の目標は・・・・


「買うより生かそう!」


ですかね~。




朝香宮のグランドツアー


銀座から向かった庭園美術館は、大好きな建物。
旧朝香宮邸であるその建物の魅力を満喫できる展示です。
通常未公開の部屋の公開、
そしてこの時だけは写真撮影もOKという事で、
とっても楽しみにしていた展示です(・∀・)

実はアタクシ、ちょい古建物好きなんですね。
ずっと下町地区で育ってきたため、
小さい頃ちょっとお出掛けで行くのは、もっぱら日本橋と銀座。
明治・大正・昭和初期の建物は、
私にとって慣れ親しんだ風景の一部なんです。

なので返って特に意識もしていなかったのだけど、
大人になり、周りに味気ない新しいビルが並ぶと、
改めて気付かされた凝った造りの建物の美しさ。
そして取り壊しや改築の話を聞くと寂しい気持ちに・・・
そんなワケで、自分のちょい古建物好きを認識したのです


前置きが長くなりましたが、美しいものに言葉は要りませんね。
ドーンと画像をお楽しみ下さい。


DSCN1041BlogPaint











DSCN1073

DSCN1047








DSCN1050




BlogPaint







DSCN1054DSCN1070

 






DSCN1052

DSCN1049












  

DSCN1068

DSCN1069







VSCN1075

DSCN1051







DSCN1057

 



DSCN1059

BlogPaint
















あざみさん、梅の帯が可愛いです。
ひろみさん、この空間にピッタリ、タイムスリップしたみたい。

カメラの電池切れの為、ここからは携帯画像。
バッテリーが切れなかったら、私何枚写真撮ってたことやら~。



朝香宮のグランドツアー朝香宮のグランドツアー

朝香宮のグランドツアー 
       朝香宮のグランドツアー
朝香宮のグランドツアー
 

どこもかしこも素敵過ぎて立ち去りがたい!
いや、ここに住みたい!!(笑)
次の機会にも絶対に又来ようと、心に誓った私です(* ̄∇ ̄*)


池田重子さんの素晴らしいコレクションから、
アール・デコの素晴らしい建物や調度品を見るという、
美しいもの尽しの幸せな一日でした

再び「日本のおしゃれ展」


13日、着物友2人と再び重子ワールドに酔いしれに。
今回はちょっとレトロを意識して、
(重子さんの展示に古い物を着ていくのはかなりの勇気だけど)
リスペクトの気持ちを込めて私なりにコーデを。

再び「日本のおしゃれ展」 

母が着ていた物を、20年以上前に私が譲り受けた絞りの着物。
大きな源氏香の柄です。
雲文の帯は洛風林、帯揚げは更紗柄、
帯締めは「池田屋」で購入した物。

そして飛び絞りの波兎の羽織。

再び「日本のおしゃれ展」


今回も大変混んでました。
色々な世代の女性で溢れかえってましたね~。
色々な世代の人に重子さんのコーデが受け入れられてるのですね。

1人で見るのも落ち着いて見られていいのでけど、
着物友とアレコレ話ながら見るのは、テンション上がり楽しいです
「1セットくれるとしたら、どれにする?」
な~んて馬鹿なことを話して、真剣に選んじゃったりして(笑)

私は本当に着る事を考えたら、
カシミールの羽織のコーデか(図録32ページ)、
唐花の着物にビロードの帯のコーデ(図録65ページ)かな。

私には着こなせそうもないけれど、
目が釘付けになったのが鷺と烏のモノトーンコーデ(図録84ページ)。
他にもあれもこれも、素敵な物ばかりで本当に眼福でした

会場を出る時、ちょうどサイン会が終わったところで、
ちょっとお話が出来たのが嬉しかった(* ̄∇ ̄*)
「素敵な展示をありがとうごいました」と言うと、
「絞りなのねー、いいわね。あら、羽織も絞りの兎なのね。」と
応えて下さり、思わずニンマリ(笑)


同じフロアで開催されていた和小物などを物色して、
ランチは松屋内の「天麩羅 つな八」で。

天麩羅 つな八
        天麩羅 つな八



そして、これまたとっても楽しみにしていた展示を見るべく
白金台へと移動。


再び「日本のおしゃれ展」 あざみさん、髪が矢吹丈になってます・・・

あら?あざみさん今度はパンダに?再び「日本のおしゃれ展」
ひろみさんは重子展に合わせてアンティークの可愛いコーデでした。

再び「日本のおしゃれ展」

向かうは「東京都庭園美術館」ですが、ちょっと寄り道。


再び「日本のおしゃれ展」再び「日本のおしゃれ展」

去年の夏、ひろみさんと一緒にたまたま見つけたこちら。
ここでのんびりしてると間に合わなくなるので、サクッと見ただけ。
椿のワッペンが可愛かったな~


そして庭園美術館に到着。

朝香宮のグランドツアー


激興奮の「朝香宮のグランドツアー」については、
次回へと続きます(・∀・)



草履のお直しついでに


昨日、銀座にちょっと用事があったので、
ついでに銀座松屋の四谷三栄さんに草履のお直しをお願いに。
先週ちらっと寄った時に、素敵な草履があったので、
どうせなら着物で行って試させて貰おうかな~と、
着物で出かけました。

草履のお直しついでに草履のお直しついでに



全然着てなかった紬に、洛風林の市松帯、
この帯軽くて締め易い上、合わせ易いので、出番が多いです。

紫の細身の帯締めは母のもの。
帯留は鳳凰、何だかユーモラスでちょいマヌケな感じです(笑)


すっごく寒かったので、マントコートにGETしたストールを
早速合わせて出かけようと思ったら・・・・
着物の時、この組み合わせ失敗でした・・・・
服と違って衣紋を抜くので、襟に沿わせるとすごい厚みになって、
上半身が巨大化しちゃう!!( ̄ロ ̄|||)

そんなワケで、元々持ってたボリュームが少ない方のファー着用。
せっかく買ったのにさ・・・・
洋服の時使うわ・・・・(T_T)


三栄さんで購入した草履を3点持っていったのですが、先客がいて、
3点の踵を取り替えるまでに1時間ちょっとみて欲しいとのこと。
呉服売り場や洋服を見るのもいいんだけど、
余計なものを見るとアレコレ欲しくなってしまいそうだし・・・・
ってことで「日本のおしゃれ展」を観ることに。

実は明日友達と行く予定なのですが、
2回観ちゃダメってことは無いですもんね。
むしろ何度も観たいかも。

草履のお直しついでに


平日なのにすご~く混んでました、重子ワールドは人気なのね。
カシミールやジャワ更紗の羽織素敵だったな~。
着物や帯の刺繍の豪華さと、帯留などの小物の素晴らしさったら
鷺と烏の刺繍帯欲しい
でも、なんと言っても素晴らしいのは、コーディネイト力ですね!

「時代を合わせ、ストーリーを作るコーディネイト」は、
私には出来そうもないので、
やっぱりアンティークにはなかなか手が出せないわ(**;)
明日も重子ワールドを楽しんでまいります
詳しい感想はその後で・・・


草履の方は、履いてみたら鼻緒の前の方がちょっと寂しくて、
今回はお直しだけで退散しました。

草履のお直しついでに



そして「もとじ」さんにもちょっと顔を出してきました。
20日から開催される東京友禅の生駒暉夫さんの作品が
何点か届いていて、色々と見せて貰いました。
実際に見ると本当~に美しいです
暈しが素晴らしく、そしてなんとも品のある大人の可愛らしさ。

伝統工芸展じゃ触れないけど、日本工芸会員の作品でも
帯を当てて見れたりするから呉服屋さんは楽しい
そしてお着物も羽織らせていただきました(* ̄∇ ̄*)

草履のお直しついでに


これ、色無地なんですって。
無地じゃないじゃん?どういうことなんでしょ???
あまりの美しさにポーっとしてて、詳しく聞くの忘れちゃったわ(笑)
前に松、脇に梅、後には竹が描かれてます。
こんな素敵な着物を手に入れられる方、羨ましいですね~。


草履のお直しついでに 展示は20~23日です。



おまけ、
車での移動中、久々に聴いたこの曲、やっぱりいいわ!



黒人じゃないR&Bのシンガー、Jon B。
彼の曲の中でもこの曲1番好きだな~。
コーラスはBabyfaceだし(・∀・)
最近全然姿を見ないけど、どうしてるんでしょかね?

映画でドミンゴ三昧


昨年の12月のことですが、
東京都写真美術館のホールで、
「オペラ映画フェスティバル」というものをやっていました。

3週間程の間にプラシド・ドミンゴのオペラ映画7作品が上映され、
その内4作品を観てきました。

映画でドミンゴ三昧


東京都写真美術館は恵比寿ガーデンプレイス内にあります(・∀・)


映画でドミンゴ三昧

映画でドミンゴ三昧映画でドミンゴ三昧



最初に観たのは「トスカ」
物語は1800年の設定で、その舞台である
現存する教会、宮殿、城で実際に撮影されたという贅沢さ!

映画でドミンゴ三昧 

悪役スカルピア役のシェリル・ミルンズ、
その歌声とドSっぷりがとっても素敵でした(笑)


次は「椿姫」、かのフランコ・ゼフィレッリ氏による作品です。
私と同世代にはお馴染みの「ロミオとジュリエット」や
「エンドレス・ラブ」の監督さん。
椿姫は悲劇が多いオペラの中でも、話が分り易く特に泣ける劇ですが、細部に至るまで豪華に作り上げられたセットと
ヴィオレッタ役のテレサ・ストラータスがなんともハマって素晴らしい!

映画でドミンゴ三昧

すさまじい程の美意識と完璧主義、ゲイの人って突き詰めるな~。
(あ、ドミンゴでなくゼフィレッリです、念の為)
魅了されました・・・・


3番目は「わが心のセビリャ」
これはちょっと変わった作品で、セビリャを舞台にする
オペラのアリアをドミンゴが1人で歌い、演じるというもの。
「セビリャの理髪師」の2重唱を、なんとドミンゴが2役を演じます。

映画でドミンゴ三昧 

この映画を作り上げるドキュメンタリーな部分もあって楽しい。
でも、一つのストーリーではないので盛り上がりにかけるのか、
この映画はちょっと寝てしまいました(~~;)


4番目は「道化師」
これもゼフィレッリの作品、かつ椿姫と同じ2人が共演。
ってことで、どうしても観たかった作品でした。
期待通り、いえ、期待以上の素晴らしさ・・・・
2人の演技が素晴らしい、特にストラータスの演技は圧巻です。
そしてたたみ掛けるようなストーリー展開で、まったく飽きず。
んもう、ゼフィレッリ天才

映画でドミンゴ三昧


実際に舞台で観るオペラは、生の歌声、生のオケ、
そして目の前で演じられる臨場感でそれは素晴らしいけれど、
映画には映画の素晴らしさがあるなーと実感した今回でした。
そしてゼフィレッリの世界観にいたく感動したのでした!

今回観られなかったのは「カルメン」「蝶々夫人」
この2作品は150分前後の長いもので、ちょっと躊躇
「カヴァレリア・ルスティカーナ」はゼフィレッリ作品で
ぜひ観たかったのに、日時が合わず残念でした

映画でオペラ、機会があったら皆さんも是非どうぞ

映画でドミンゴ三昧恵比寿ガーデンプレイス
            映画でドミンゴ三昧

魅惑の新宿伊勢丹


昨日は娘が出るダンスイベントに行っていた為、
春高バレーのテレビ観戦ができなかったのですが、
春高王子の東洋負けちゃったのね、残念でした。
でも、一生懸命になれるものを見つけて、
全国レベル、世界レベルに行けたって事は凄いことだよね  


話は変わって、イベント後に帰宅途中で立ち寄った新宿伊勢丹。
去年の話ですが、
前倒しのクリスマスプレゼントとして選んだのが、
伊勢丹で見つけたカシミヤ&フォックスファーのマントコート。
着物でも洋服でもOKというお利口さんな物(・∀・)

カシミヤはフカキの物、ファーの会社の北川で作られた物で、
しっかりしたフォックスが付いてるし、ってことでGET!
(カシミヤもファーも若い頃安物買いして後悔した経験あり


魅惑の新宿伊勢丹 


ただ、寒がりの私には一つ問題点が・・・・
これじゃ本当に寒い日には襟元が寒いじゃん!
それを売り場の方に言うと、
襟に付けられるファーをいくつか持ってきてくれたのですが、
どれも襟元後にもたっぷりと沿わせると長さが足りない

そしたら「来年早々の初売りで、北川のファーストールが出るので、
その時にたっぷりした物で、裾のファーと質感が同じ物が出ると
思いますよ」とのこと(・∀・)
有り難い情報をありがとう!!!

魅惑の新宿伊勢丹 ってことでこちらをGET!
これなら極寒の日も襟元の寒さブロックでしょう

ちなみにそんなに寒くない日はファーなしで羽織るし、
ちょっと寒い日は手持ちのファーを付けてます。

魅惑の新宿伊勢丹 カジュアルな服にもピッタリなサイズ感、
洋服に合わせて、もう何度か活躍させてます。


ファー目当てに行った伊勢丹なのに、
呉服売り場でエレベーターを降りてから、
ファーのセール売り場にたどり着く前に誘惑が色々とΣ(´д`;)

兎の刺繍の鼻緒、可愛かったな!
そして台を買うと2万円前後の鼻緒が付いてくるという、
そそられる草履も!
共に11日までの出店だそうで、う~~・・・
名古屋帯セールのワゴンにも惹かれる物も・・・・
織楽浅野さんじゃない?ってのが5万台であったし!

そして目が釘付けになっちゃったのが、大きな桜の刺繍の半襟
他の物は諦めても、こちらはお持ち帰りしちゃいました(笑)

魅惑の新宿伊勢丹

花柄の帯は好きなんですが、
なぜか桜の柄はGETしていないんですよね~。
桜の帯はしてる人も多いし、
値段とのかねあいで「これ!」っていうのに巡り会ってないの。
なので、とりあえず今年はこの半襟で桜を楽しみましょうかね(・∀・)
サラサ・デ・サラサさんです。

そして前にGETしてた半襟もついでにUP。

魅惑の新宿伊勢丹 半襟、こちらの物にハマッテますね。


新宿伊勢丹では12日から京都展が。
あの、祇園内藤さんも出店されますよー
ん~、近付くと危ないけど見逃せない・・・・
魅惑のデパートです!
あ、一昨日行った銀座松屋も魅惑的だったけど(笑)

目黒雅叙園2


雅叙園は今の建物そのものも大変楽しめました(・∀・)

BlogPaintVSCN1033








ガイドの方から「ぜひ4階と、そこからの下の眺めも見てください」と
お薦めされたのでエレベーターで4階へ。
エレベーターの壁は鏡張りで、青海波の模様が入ってました。

目黒雅叙園2 分るかな?

4階から見る1階の料亭「海風亭」、茅葺屋根がよ~く見えます。

目黒雅叙園2


そして4階は、こんな廊下、こんなどっひゃ~!な宴会場も

目黒雅叙園2目黒雅叙園2

       目黒雅叙園2



そう言えば雅叙園の創業者細川力蔵氏は元々銭湯で働いてた人で、
宴会場として雅叙園を作り、その後施設内に大浴場も作ったそう。
百段階段や木造の宴会場は、千と千尋の神隠し の、
あのお風呂屋さんのモデルになってるそうです(・∀・)

ブライダルフェアーをやってたので、
中に入って打ちかけをゆっくり見たかったのだけど、
娘がその後予定があり、泣く泣く会場を後にしました(ρ゚∩゚)


ちゃんと撮ってなかったけれど、
羽織は絞りの兎柄、これ、今年は益々活躍することでしょう。

目黒雅叙園2



そして知念さんの帯のお太鼓。
 DSCN1018





    UPはこちら
知念さんの帯 


ま~、私の場合順風満帆は無理でしょうけどね(笑)

着物着始め・目黒雅叙園百段階段ツアーへ


今年最初の着物でお出掛けは4日、目黒雅叙園へ。
今年は初詣もできず、なんだかお正月らしくなかったので
(喪中だから仕方ないのですが~)
娘を誘って華やかなとこに出掛けちゃいました。

着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー


献上柄の着物に青海波と帆船柄の帯。
新しい年の新しい船出ってことで。
知念貞夫さんの紅型、この帯初おろしです。
今年は今までにGETした帯を、ちゃんとデビューさせようと思ってます。


BlogPaint

 


BlogPaint






百段階段へ向かうエレベーターの前で。
中も唐獅子牡丹の装飾。


ガイドツアーで見た部屋、階段は撮影禁止だったので、
いただいた資料から画像をUPしますが。
なんと言っても着物好きにたまらないのは「清方の間」
清方の絵で包まれた茶室です。
かの平山郁夫氏がこの部屋の「四季美人図、冬」の絵の前で
15分間動けなくなったそう。
清方ブルーの着物の美人画、私ももっと見ていたかった・・・

着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー


そして娘が見た瞬間「海老蔵みたい」と言った絵があり、
娘のつぶやきを聞いたガイドさん、
「素晴らしい!これ、先々代くらいの団十郎さんです」との説明。
清方が男性の絵を描くって珍しいですよね。
もう一つ、美しい男性の絵が。
遊女のもとへ通うために辻斬りをしてお金を稼いだという浪人、
素晴らしく美しかったわ~。


絢爛豪華なお部屋が多い中、
この小さくて、可愛らしい絵の並ぶお部屋は、
改装中社長室として使われていた部屋だそうで、
やっぱりこういう部屋の方が落ち着くってことなのでしょうね~。

着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー


雛人形や仮屋崎さんの展示の時とちがって、
部屋だけを少人数でゆったり見ることができ、なかなか良かったです。
特に組障子の美しさに改めて感動でした。

着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー
 
       着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー



ランチ目当てで付いてきた娘も、思いの外楽しかったよう(・∀・)
ツアーとセットになったランチは中華の「旬遊紀」をチョイス。

着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー

着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー 着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー 着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー
着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー 着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー 着物着始め・目黒雅叙園百段階段ガイドツアー

ん?何か抜けちゃいました(^^;)


そしてランチの後は雅叙園の中を色々と見学、
美しい打掛が花と共に展示されており、眼福でした。

DSCN1024VSCN1036






VSCN1035








今年もよろしくお願いします


喪中なので、おめでとうは言えませんが、
新しい年のスタートは気持ちのいいものですね。


今年もよろしくお願いします今年もよろしくお願いします


気持ちを引き締めて、新たなスタートを!・・・と行きたいところですが、
例年通り食べて寝て又食べて、の寝ブタ祭り状態の三が日(笑)
見ての通り、花の横にもワインが並んでるし~。

今年もよろしくお願いします 美味しい日本酒もちゃんと用意。



いわゆる御節料理はあんまり好きな物が無いし、
大したお料理の腕でもないので作った物はUPできませんが~、
我が家のお正月を飾ってくれるのがこの食器。

今年もよろしくお願いします 象彦の漆器です。
結婚祝いに主人の会社の当時の社長(=当時の私の会社の社長)
からいただいた物。
もう20年以上我が家のお正月の顔となってます。


家族全員御節が苦手なので、2日からはまったく普通のお食事に。

今年もよろしくお願いします

頂いた鶏の水炊きのセット、スープが美味しい!つくねが絶品!


庶民的な我が家は3日頃には、特に庶民的な物が欲しくなってくる・・・
(これくらいならUPできるわ、笑)

今年もよろしくお願いします

ってことで、今夜の一品は五色納豆(・∀・)
結婚前から六本木の「わかば」で食べて、
(当時の彼である主人とも食べて)
それ以来ずーっと我が家の定番となっているメニューです。
あ、この器もアンティーク好きの当時の上司から
結婚祝いに頂いた物だわ。


20年以上使い続けている愛着のある食器で、
いつものメニューを変わらなく、美味しくいただける。
ふと気付く小さな幸せ。


今年の目標は「欲張らず」かしら?無理???(笑)


今年もよろしくお願いします


とは言え、主人の実家の庭に咲いた寒椿を見て、
椿の帯が欲しいと思ったばかりだし、
今年は卯年で兎モチーフの帯やら小物が沢山目に付くし・・・・
やっぱり無理かしら(´・ω・`)


こんな私ですが、今年もよろしくお願いいたします!


今年もよろしくお願いします 
(今、兎の絵の中で1番お気に入りの子
 新年早々お尻向けてごめんちゃ~い)
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR