着物で新宿満喫の1日

25日の夕那さんとのお出掛けは、珍しく新宿~。
軽くお目当てがあったので。

DSC00520.jpg

貴久樹さんのタッサーシルク、しばらく着てなかったので久々の登場。
3年ぶりくらい?
久々に出してみて、やっぱり好きなので出番を作りました。

DSC00523.jpg

帯は藤山千春さんの吉野間道。

帯留はずっとずっと探してた柿!
色々見て、いいな~と思う物は高かったり、
赤い柿が良かったので色が薄かったり。

葉っぱも緑の本物っぽい柿を探してたのですが・・・
これをなんども見てるうちに、柿は赤いし枝の作りもいいし。
なんとなくアールヌーボーっぽい?
あ、もしかして私のコーデには、写実的じゃないこの位の感じが合うかも?とGET

この色に合わせた帯揚げも、松屋のきもの市でGETしました。


ランチは私の希望で、玄海食堂で(^^)

DSC00525.jpg

DSC00526.jpg

鶏の水炊きが1番の売りなので、そちらをオーダー♪

DSC00529.jpg

この白濁としたスープ、コラーゲンがたっぷりです

DSC00530.jpg

このスープをたっぷり含んだ、お雑炊がまた美味!

DSC00531.jpg

DSC00532.jpg

ここのお食事だけで既に満足状態でしたが、この後大満足の1日に(^^)


当初、ランチの後は伊勢丹でも見ましょうかの予定だったのですが
夕那さんの提案で、この店の近くの「なか志まや」さんに行くことに。

作業中でお店を開けていらっしゃらなかったのに、
気付かず入っていった状態だったのに、とても丁寧に接客して下さいました。

行けば必ず欲しい物が色々とあるお店で、
やっぱり中島さんのセレクトはいいな、凄いなと再確認でした(*^_^*)

素敵な物を、本当に沢山見せて下さって、
中島さん、本当に本当にありがとう

ここで2時間過ごしてました


そして京王プラザで行われていた、京都きもの市場さんの展示会に潜入。

こちらも楽しくてリサイクル品から、作家の逸品物まで色々見せて貰い~。
お目当ての藤山千春さんの帯もたんと見せて貰い~、
ここでも2時間以上の時間を過ごしてました(笑)


この日の夕那さんは、紫色の結城?に、ハロウィンをテーマにした帯周りのコーデ。
蝙蝠の帯留がとっても素敵でした。

濃い濃い1日をありがとうございました。


最後に、
この日は前日に木枯らし1号が吹いた肌寒い日だったので
このストールを投入。

DSC00524.jpg

先日「ゆずりは」さんの展示で、ラオスの織物を見て、
「あれ?こんな感じのストール持ってるな」と・・・(笑)
貴久樹さんの着物とニュアンスが合ったので、登場させました。


これから、羽織の季節がやってきますね。
羽織大好きな私にとって、嬉しい季節の到来です
スポンサーサイト

池田重子さんとの思い出2

「池田」で購入した物は少ないのですが
この出会いはとても印象に残っています。その出会いはこちら

DSC00503.jpg

20120321184626.jpg


そして茜染めが好きになり、帯もGETしました。
ちなみにこの帯、娘の大のお気に入りです。

DSC00504_201510220921590ba.jpg

池田で購入した物より新しいので、色が違うんですね。

この日のことが無ければ、私はもしかすると一生茜染めとはご縁が無かったかもです。


そして草紫堂のことの知ったので、紫根染めにも惚れて、着物をGET。

DSC00505.jpg




全て重子さんから繋がった物です。


それまで、こういう民芸調の物や、こういった色に苦手意識があった私。
重子さんとの出会いがあって、私の着物の世界が広がりました。


最後にお会いしたのは池田屋の近くで。
その時は小さなお体が更に小さくなられていて、
それでも着物姿だった私達に
「まー、皆さんお着物で素敵ね。とてもいいわね。」とおっしゃってくれました。


本当に素敵な方でした。
重子さん、心からありがとう

池田重子さんとの思い出 

亡くなられていたのですね・・・


重子さんを初めて知ったのは「美しいキモノ」の誌面からでした。
キモノ好きの母の影響で、若いころから着物は好きだったけれど
子育てに追われ、着物からすっかり縁遠くなっていたところ
久しぶりに着物を着る機会があり、そこから「やっぱり着物っていいな~」と。

着付け教室にも通い、着物雑誌も買うようになり
目を止めたのがこちらでした。

DSC00509.jpg

DSC00510.jpg

更紗の帯と着物。
なぜか着物初心者の頃から更紗に惹かれていた私。

読むと、お気に入りの古い更紗をとっておきの帯や着物を使って
自分好みの物を作られるって!?
なんとまあ贅沢で、素敵で、そしてなんて布を愛されてるのでしょう!と驚きました。

そして小物に至るまで、そのコーデのこだわりと言ったら・・・
「びっくりぽんやわ~!」(笑)
注:朝ドラ見てる人にしかわかりませんね。


DSC00511.jpg DSC00513.jpg
 
DSC00512.jpg

とてもとても真似できないけれど、いつか参考にしたいな~と、
それからしばらく美しいキモノを買ったものでした。


初めて目黒の「池田」に行ったのはそれから2年後くらい、
そして初めてお店で重子さんにお逢いしたのがこのときでした。

この記事の画像が消えてしまっているので、
この日の、重子さんとのカンバセーション・ピースになった指輪がこちらです。

DSC00506_201510220922037c1.jpg

DSC00507.jpg


この日に買った道明の帯締めはこちら。

DSC00515.jpg


そして頂いたチケットの展示がこちら。

DSC00514.jpg

DSC00516.jpg

それはそれは、見応えのある美しい展示でした。
チラシは今も大事にとってあります。


抜群の審美眼とセンスで、着物界に大きな功績を残し、
着物好きさん達に、大きな影響力を与えた重子さん。
そして何よりも、お人柄が素敵でした

心からご冥福をお祈りいたします。

着物で青山

この日の夕那さんとのお出掛けは、場所は二の次で?
とにかく着物でお出掛けしましょう、が目的(笑)

お互いにまだ着てない着物を着る為で、
夕那さんは縞の久米島、私は真綿系の単。

DSC00486.jpg

松屋のきもの市でGETした「きもの なかむら」さんのリサイクル。
持った瞬間、「かるっ!」
そして柔らかく、お店の方も「証紙はないけれど、多分結城?」と。
ま、結城じゃなくても着心地いいし、気に入ってるのでモーマンタイです。古っ?笑。

DSC00498_201510140954571fa.jpg

縞だけじゃなく、少し入っているこの紫色も好きです


表参道で待ち合わせて、ランチに行こうと思ってた「雅灯」は予約でいっぱい
12時になる前にはどこかに入ろうと、マーサーカフェテラスハウスへ。

20151014_095942.jpg

DSC00490.jpg

入ったときは空いてたのに、あっという間に満席!待ってる人もたくさんに
人気なのね~。
若いカップルや女子が多く、完全に平均年齢上げました・・・(笑)


そして蔦サロンで行われているこちらへ。

DSC00492.jpg

DSC00493.jpg

「ゆずりは」さんの東京展です。
今回はジャワ更紗や、ラオスの織物がたくさん。
どれも素敵でしたが、1番気になったのは東北のもので
絹を一度紙にして、それを材料として作られていると言う帯。
軽くて1年を通して締められそうで、素敵でした。


その後大山きものを見て、お茶。

DSC00494.jpg

表参道駅近くとは思えないここは、偶然発見した場所。
そしてこの界隈ではとびきりリーズナブル~。


ひと息ついた後は東三季を見て、何故だかまた大山きものに戻る。
・・・あら?何故でしょねー?(笑)


そうそう、途中プレインピープルのショーウィンドーに絞りを発見!
え?って店内に入ったのですが、有松絞りのショールやニットが色々と。

DSC00495.jpg

特別展示だったようですが、とても素敵でした♪


色々見られて楽しい1日でした(*・∀・*)



この日の帯は、久々に登場の紬地の和更紗。

DSC00497.jpg

軽いし締めやすいし、柄行きも好きなのに
余り特徴がなくて出番が少ないのだけど…
着物店の人達に褒めて貰えたので、嬉しかった~(^-^)
これからもよろしくね、の帯です

DSC00487.jpg

草履は先日購入したカレンブロッソでした。

きものサローネ&日本橋キモノ事件簿

今年もきものサローネに行って来ました(^^)

DSC00472.jpg

おNEWの久米島紬、ゆうな染めです。単仕立て。
今年の春に、ちらっと覗いた青山えり華さんで、お買い得になっていたので
手が出てしまった物(~~;)

帯は知念貞男さんの紅型。


夕那さん、じゅんさんと待ち合わせて、まずはランチを。

DSC00442_20151009085250f43.jpg

DSC00440.jpg DSC00441_201510090852484e4.jpg

ランチはコレドの中華「孫」で。
そしてこの日もメインを撮り忘れる・・・
最近ボケてる?


サローネはまず、楽しみにしていた100体コーデから見ました。

今年はコレド1と3の間の地下通路が会場です。
サローネお目当てじゃなくて、通りすがりの人にも見て貰えるっていいですね

DSC00462.jpg

DSC00445_20151009085246f18.jpg

DSC00446.jpg

DSC00448_201510090853133b7.jpg

DSC00449.jpg

DSC00453.jpg

DSC00451_20151009085340b2f.jpg

DSC00454_201510090853440e4.jpg

DSC00460.jpg

DSC00458_20151009085711831.jpg

DSC00463_20151009085714b18.jpg

20151009_091015.jpg

DSC00450_201510090853088fe.jpg


見ていて楽しいもの、参考になるもの、実際に着てみたいもの、と色々ですね~。
そして、サローネは着物を着た人が沢山集まるのも楽しい

(ご一緒した夕那さんは結城の単に黄八丈の八寸帯、
じゅんさんはお召しの単に柿柄の帯で、2人ともとっても素敵です


YUITOの会場に移動してお買い物モードに(笑)
なんと3人ともお買い物しちゃいました~。

私はカレン・ブロッソでお買い物。
珍しくSサイズが結構あったので、つい手が出ちゃいました(^^)

DSC00476.jpg


YUITO内の「XEX」でちょっとひと息。

DSC00469_20151009085741ed1.jpg

DSC00468.jpg

DSC00467.jpg


そして近くで開催されていた「日本橋キモノ事件簿」にも参戦!(笑)

DSC00475.jpg

しなやかなポリ着物の「トリエ」さんが出展していて、そちらがお目当て。
新しい色が出ていて、ここでも欲しい物があったのですが・・・今回は我慢~。
(あ、我慢しない方もいました、笑。)
次は単を仕立てようと心に決めた私でした。


そして大島紬のカジュアルラインの「のの」さん、お値段もお手頃で素敵なものがたくさん!
こちらも今後気にしていきたいお店です
京都のお店で、東京に店舗が無いのが残念です。


となりのギャラリーで行われていた、ガラスの昆虫の展示も素晴らしかった!

DSC00482_201510111806398aa.jpg

盛り沢山、大満足な1日でした


ドローラ節子の暮らし展 in銀座松屋

私のブログはいつも後手後手の記事で、フレッシュさに欠けるのですが・・・
先週、この展示を見に行ってきました。
(昨日、着物サローネに行ったけど、そのUPはまだ先です、笑)

DSC_0282.jpg

実はこの週、2回銀座に行く機会があり、
時間が無くて見れなかったので、なんとしても見たいと思ってました!

DSC00437_20151002174648046.jpg

友達とのランチの約束前に、やっと見られました(^^)


節子さんの普通の生活が切り取られたような展示で
「わー!」とか
「すごーい!」では無くて、
その暮らしぶりがしみじみ素敵だな~と思われるものでした

娘さんの為に描かれた絵本や絵画、
そして暮らしを楽しむためのテーブルセッティング。
祖母やおばから引き継がれた着物たち。

豊かってこういうことなのかな、と気付かされる展示でした。
日々の生活を豊かに楽しむって、目標であり憧れですね!


ランチは三笠会館の鉄板焼き「大和」で。

DSC_0284.jpg

DSC_0285.jpg

DSC_0286.jpg

DSC_0287.jpg

あれれれ?
肝心のお肉を撮ってない間抜けな私です~(;゜0゜)


節子さんの展示では

DSC00438_201510021746503ac.jpg

タッセルを購入。
着物の時の帯飾りや、バッグの飾りとして活かしたいな

日本伝統工芸展を見に

少し前のことですが、日本橋三越に日本伝統工芸展を見に行きました。

DSC00412.jpg

萌黄色の単紬に、藤山千春さんの草木染めの吉野間道の帯。

DSC00414.jpg

小川郁子さんの切子帯留をあわせて。


ほっぷさんと待ち合わせて、まずランチを。
コレドのカフェ・エメヴィベールへ。

DSC00419.jpg

DSC00417.jpg

久しぶりに来たら、2種のキッシュのランチが無くなってた・・・
このキッシュをお目当ての人って多かったと思うんだけど。
いつも混んでたのに、空いてたのはそのせい?


ランチの後、三越へ。
ここで夕那さんと合流。
素敵な着物や、陶芸、漆などの工芸品が沢山見られました

女優の中谷美紀さんが1人で見に来てましたよ。
派手派手しくない、シックな装いで美しかった~

6Fの美術品や呉服売り場を覗いてから、日本橋を渡って・・・

DSC00424_201509262152361da.jpg

DSC00423_2015092621523250b.jpg


大手町のアマンへ。
ところが、上のラウンジも下のカフェも予約でいっぱい

DSC00426.jpg

写真だけ撮って退散です(^^;)


DSC_0269.jpg

DSC00430_20150926215328a2a.jpg

カジュアルなお店でビールをいただいて解散となりました。


この日のほっぷさんは美しい染め帯。

DSC00422_20150926215230fac.jpg

夕那さんはシックな色のデニム着物に、シックな色の帯、
お2人とも秋を感じさせるコーデが素敵でした


解散後、前日にテレビで美味しそうなチーズを見て、どうしても食べたくなり(笑)、
ひとり新丸ビルへ向かいました。

新丸ビル前の素敵な建物

DSC00431_20150926215329e3d.jpg

日本工業倶楽部会館。
こちら、関係者しか入れないようで。
レストランがあるので、そちらを予約すれば入れるのかな?
中をしっかり見たいです。


楽しいお出掛けをありがとうございました♪

春画展 in永青文庫

シルバーウィーク明けに、日本で始めての大規模な春画展を観にいってきました。
18禁ですぞ!

永青文庫は今までノーチェックで、全然知らなかったです。
ずっと東京に住んでいても、知らない場所ってたくさんあるのね~。

DSC_0266.jpg

DSC_0259.jpg

DSC_0262.jpg

北斎、歌麿、狩野派など著名な面々の作品もあったし、
美しいもの、笑っちゃうもの、おどろおどろしいもの、と色々。

当時のお姫様がお嫁入りする時に嫁入り道具として持たされた
豪華な装丁の春画帳とか、
遊郭に飾られためくれる屏風など
「へ~」と思えるものも。

とにかく、春画お腹いっぱい状態になりました。
詳しくはこちらを


DSC_0260_20151002175331b80.jpg

DSC_0261_20151002175336035.jpg


広大な細川家の屋敷跡の一隅にある、昭和初期に建てられた元家政所(事務所)だったそう。
建物自体が素敵でした。


そして春画展を催すのは、美術館にとってなかなか勇気がいるようですが
永青文庫理事長の細川護熙氏の心意気に脱帽ですね。

料金は¥1500で12/23日まで、
ちなみに11/7と12/5は着物デイとして、着物を着ていけばなんと¥800です!

プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR