松山好成氏の帯締め

この記事の日のこと。
日本橋三越では、日本工芸展で受賞されている、
松山好成氏が組紐の実演をされていました。

去年もたまたま同じ場所で見ていて
素敵だな~と思いつつ見送り・・・
某Jさんはその時、綺麗な色合いの帯締めをGETされてましたね
そして今回も琉球紬に合わせて、ピッタリな帯締めをGETされてましたね~

一晩悶々と悩み・・・
翌日買いに行っちゃいました~ヾ(o´∀`o)ノ

DSC02135.jpg

先日の、野口の着物に合うと勧めて貰ったのがこちら。
野口の着物は↓

DSC01999.jpg


そして下の画像・・・

DSC02136_20160224221033951.jpg

違うタイプの紺×緑も買っちゃいました~(^^;)


数ヶ月前にひょんな事から三井寺をGETして、帯締めの重要さ、楽しさを再確認。
この2本も活躍してくれることとなるでしょう
スポンサーサイト

早咲きの桜を見に

メジャーな川津は見送り、もう少し東京に近い場所へ。
朝の渋滞に巻き込まれないよう遅めに出て、大井松田ICからすぐ近くの西平畑公園へ。
お天気がイマイチだったのが残念でしたが

DSC02093_2016022609270216d.jpg

晴れていれば富士山が見えるそうで。
いつかリベンジしなければ!

DSC02080.jpg

DSC02078_20160226092705c5b.jpg

DSC02087.jpg

DSC02084_20160226092710e10.jpg

DSC02104.jpg


こども館にはお雛様が飾られ、華やかでした。

DSC02109_201602260927401ed.jpg

DSC02116.jpg

DSC02115.jpg


美しい花とお雛様を満喫したあとは、お腹を満たしに
小田原のだるまへ。
こちらは中休みがないので、ランチの時間帯からずれても安心です。

DSC02120_20160226092921d57.jpg

DSC02121.jpg

ただし、平日でも要待つ覚悟ですが

DSC02122.jpg

DSC02123.jpg


そして海のほうへも少し。

DSC02126.jpg

DSC02131.jpg

鎌倉のお寺に行くことも考えたけれど・・・
billsでのんびりお茶。
海の方から見て、右側のインテリアが有名だけれど、
そちらは待つ人もいて、そして私は左側のすっきりしたインテリアも好きなのでそちらへ。

DSC02130.jpg

DSC02128.jpg

DSC02129_20160226100537f36.jpg

お腹いっぱいで、パンケーキの入る隙間がなかったのが、ちょっと残念


あまり予定を詰め込まず、こういう過ごし方もいいな~。
楽しく美味しく、リラックスできた遠足でした
東京の桜までは、あとひと月でしょか

美しいものを色々と観られた日

迎賓館見学の日ですが、この日は盛り沢山でした

見学の整理券を貰ったあとにまず行ったのは
信濃町の初めて行く美術館。

DSC02005_2016022310143975d.jpg

DSC02006.jpg

美術館もですが、この画家の事も知らなくて、
でも色の美しさに圧倒されました!
ポピーの画が多かった、きっとポピーがお好きなんでしょうね。
それと鯉の画がとても美しかったです

まだお若い方なんですよね、これから注目です(^^)
じゅんさんが招待券をGETされていて、美しい画を観る事ができ、感謝です。


美術館は四谷から近いし、観てもまだ時間があって、
とりあえず四谷に戻り、造花の東京堂さんを見て、その後迎賓館へ。


迎賓館を満喫した後は、日本橋へ向かいランチを。
コレドでヘルシーなサラダランチ。
・・・と言ってもビール飲んでますが(笑)

DSC02060_20160220130626245.jpg

DSC02061.jpg

日本橋室町に来た目的は、三越でこちらを観る為。

DSC02062.jpg

DSC02071_20160220130654413.jpg

DSC02072.jpg

超絶技巧の素晴らしい作品の数々でした。
サントリー美術館での展示もあるので、そちらも絶対行く~!


そして三越の呉服では秋山眞和展をやっていて、
ここでも素晴らしいものを色々と見られました

藍の素敵な秋山紬を着てらしたのは、秋山さんの娘さん。
とても楽しい方で、色々なお話が聞けて、色々と反物を見せて貰いました(^^)

DSC02064_201602201306550a8.jpg

DSC02065_20160220130657aa4.jpg

照明によって表情を変える美しい紬

私の秋山さん紬と同タイプですが、藍、美しいな~、いいな~

美しいものを色々観られた、大満足の1日でした

赤坂迎賓館特別公開

平日休みのお出掛けは、当初別の場所に行く予定でしたが
環さんから情報をいただき、ぜひ行かなくては!と、じゅんさんと行ってきました。

DSC01998.jpg

野口のお召し?に木蓮の帯。
実は昨年、この帯を身に付けて根津の花影抄さんに行った時に
ぴったりの郁子さんの帯留があって、買ってしまったのがこの帯留です。

DSC02000.jpg


整理券を貰うために、待ち合わせは9時!
頑張りましたが、自宅から駅までの道がとても混んでいて、甘かった・・・
じゅんさん、お待たせしてすみませんでした。

9時半前には整理券を貰う場所に着けたけれど、すでに11時以降見学の整理券。
そこは混みそうだからと、そして他に行くところも予定してたので、12時からを選びました。

中は撮影禁止でしたが・・・素晴らしかった!!!
もう、夢のように素晴らしい空間でした!!!

西陣織で飾られた壁、眩い大きなシャンデリア、七宝の花鳥画、
何色もの紫の糸で織られた桜柄の絨毯、などなど

日本の最高の技術と美的感覚、ヨーロッパの古典が融合された、とでも言うのでしょうか?
いや~、凡人の私なんかじゃ例えきれないけれど
凡人の私でも感動する空間でした

外は撮影できたのでUP。

DSC02010.jpg

DSC02011.jpg

20160222_213446_20160222214216b81.jpg

DSC02024_2016022012442483b.jpg

DSC02028.jpg

DSC02057_2016022012450134d.jpg

DSC02059_201602201244538a5.jpg

DSC02056.jpg

DSC02045.jpg

DSC02046_20160220124418077.jpg

DSC02054_20160220124456e3b.jpg

DSC02040_20160220130622115.jpg

20160222_213604_201602222142141cf.jpg

記念に残る素晴らしい日となりました


実はこの公開の手応えを得て、内閣府のHPより


平成28年2月の迎賓館赤坂離宮の公開結果を踏まえ、国外からのお客様をお迎えするのに支障のない範囲で、平成28年4月より、より充実した公開が実施できるよう進めて参ります。


となったそうです!
わー!また見られるんだ!嬉しいな~!

イングリッシュガーデン英国に集う花々 inパナソニック汐留ミュージアム

前回からの続きです。

パークホテルは31Fが「アーティストフロア」となっていて、
色々なアーティストが部屋のインテリアを手がけているそう。
知らなかった~

その中の1人の秋葉正白さんの展示が行われているというので、覘きにいきました。
他のかたの作品もあって、素敵なフロアでした。

DSC01984.jpg

DSC01987.jpg

DSC01986.jpg

DSC01985.jpg


そしてパナソニックミュージアムへ。
(その前にパナソニックのショールームでキッチン設備を色々見て、ため息の私たちでした~)

DSC01990_20160214224556a18.jpg

美しいボタニカルラートに心癒された展示でした。
母も喜んだね、きっと。
おトイレの壁紙をウイリアム・モーリスに変えたい、と妄想(笑)


お隣の旧新橋停車場。

DSC01992_20160214224614113.jpg

DSC01993.jpg


この後お茶しようと思ったら、どのお店もいっぱいで新橋まで歩いてお茶して解散となりました。


反省の意味も込めて全身姿と、この日のバッグ。

DSC01978.jpg

DSC01994.jpg

この着物は仕立てのお陰か、とても着付けがしやすいのだけど、
こうしてみると問題点が色々・・・お太鼓もたわんでるし・・・
でも着物は楽しい~、着付け頑張ろ!

そしてバッグですが、「小さいバッグ縛り」をしていたので(笑)こちらを。
なかなか活躍の場が無いので、こういう縛りも楽しいですね


ご一緒してくださった皆さん、ありがとうございました


そうそう、モリスの壁紙を諦めた私は
後日、絵を買いに再びパナソニックミュージアムへと行ったのでした。

DSC02074_20160220132148a69.jpg DSC02073.jpg
 


着物でランチ会 inタテルヨシノビス

先週の土曜日、着物友と4人でお出掛け。
ランチや美術館に行くことも楽しみですが、
「森田の会」と題した隠れイベントでもありました。

4人の中に森田さんがいるわけではなく・・・
あのカリスマ着物コーディネーターの森田空美さんテイストで集まろうと(笑)
と言っても、作家物の無地紬は持っていないので、あくまで「っぽく」ですが。

DSC01963.jpg

なんか、どでーん!て感じですね(笑)

藍の無地紬(なか志まやさん)に藤山さんの吉野間道帯。
帯は昨年後半にGETして、今回が初おろしでした
持っている藤山さんの間道帯が薄い色系なので、2つ目は渋めの色を。

DSC01967.jpg

なかなか普段使う機会がない母のリング、
花が大好きだったので一緒に美術館に連れて行ってあげようと身に付けました。
意外と違和感無くしっくりでびっくり
こういうリングが似合う歳になったということなんでしょうね(^^;)


ランチは汐留パークホテルの「タテルヨシノ・ビス」
ホテルのロビーが鳥だらけでした~。

DSC01968.jpg

DSC01982.jpg

DSC01972.jpg

DSC01973.jpg

DSC01974.jpg

こちらは前菜もメインもたくさんの種類の中から選べるのが嬉しい
そしてグラスワインにもハーフサイズがあるのも、とっても嬉しい

DSC01976.jpg

DSC01977.jpg

美味しかったです
食後ロビーでパチリ。

DSC01981.jpg

環さんはawaiさんの献上柄お召しにシックな博多織袋帯。

DSC01983.jpg

じゅんさんは新田さんの紅花紬に洛風林の帯、この色とても素敵。

夕那さんはawaiさんのシルバーグレーのお召しに織楽浅野さんの袋帯。
その帯は先日一緒に行ったなか志まやさんでGETされたもの、やっぱりよくお似合いでした


DSC01980.jpg

そして私のお太鼓、これから活躍の帯となってくれそうです。


次回へと続きます

ポーラミュージアムアネックス「祝いのよそほい」

前回からの続きです。
ランチの後はこちらへ。

DSC01944.jpg

DSC01930.jpg

DSC01931.jpg

DSC01932.jpg

DSC01934.jpg

DSC01935.jpg

DSC01936.jpg

DSC01937.jpg

DSC01938.jpg

DSC01940.jpg

美しい嫁入り道具も、着物も、簪たちも装うためですね。
そしてお歯黒の為のお道具や浮世絵がたくさん取り上げられていたのも興味深かったです。


20160209_093851.jpg

はい、浮世絵美女に混じって撮影、嬉しい~(笑)

DSC01951_2016020909343068e.jpg

このコートも久しぶりの登場ですね。
去年は着てないかも?
裏は紫織庵さんの琳派梅の柄で仕立てたものです。


この後、キラリト銀座でお買い物に付き合っていただき
青木さんを覘き(川平織の着物が信じられないお値段でありましたよ!)、
お茶しようと思ったら・・・
行く店行く店がことごとく満席!
春節の影響だったのでしょうかね~。
お茶難民となってしまい、解散しました


解散後、三越と松屋で、お付き合いの義理チョコと、
年配の方の為の義理和菓子を調達し、帰途についたのでした。


この日の付下、裾や袖に色が入っていて、グラデーションになってます。
裾はグリーン、袖はブルー。

DSC01949_20160209233419cff.jpg

こちらは袖。色が濃く出てます、も少し薄い色ですね~。


ほっぷさん、楽しいお出掛けをありがとうございました。
来月は毎年恒例の「サクラ帯の会」でしょか?

着物で銀座 新年会atアイコニック

遅ればせながら、ほっぷさんとの新年会です(^^)
1月は会えなかったのね~。

なんだかまた雨予報、雪予報が出てたりして心配したのですが・・・
起きたら快晴!嬉しいな~

DSC01910_201602090932361a6.jpg

という事で、急きょ白っぽい着物を投入
初めて青山みともさんで購入した着物、付下。
自分で買った2着目の着物がこれだったかな。
母の着物が大島や渋い色の小紋や無地が多かったので、それを話したら勧められて。

2年?3年?着てなかったですね。
でも、今見ても好きだな~

DSC01947.jpg

藤山千春さんの吉野間道帯に郁子さんの切子帯留。

実は、次回のお出掛けにちょっと候補に上ったコーデなのですが
お天気に恵まれるか分からないので、この日にやってやりました(笑)


ランチはアイコニックで。

DSC01913_20160209093239bc0.jpg

DSC01917.jpg

DSC01920.jpg

DSC01919.jpg

DSC01918.jpg

DSC01921.jpg

DSC01922.jpg

DSC01915.jpg

お店に着いた時は空いていたけれど、
いつも通りあっと言う間にいっぱいでした~。

どのテーブルにも生花が飾られていて、グラスやお皿の色とも統一感があり
贅沢な気持ちになるお店です


20160208_223702.jpg

DSC01927.jpg

ほっぷさんは紬の付下に、今の季節にぴったりな椿の染め帯でした。


この後ポーラミュージアムへ。
次回へと続きます。

サム・スミスライブWOUWOUで放送♪

最近、一応真面目に働いていて、と言っても短時間ですが(笑)
ブログを始めた当初に比べるとなかなかUPする時間がなく、
行ったライブなどもあまりUPしなくなってしまいましたが・・・

昨年行ったライブの中で、とても素晴らしかったのがサム
喉の手術を受け、5月に行われるはずだったライブはキャンセルとなり
心配だったのですが・・・
素晴らしい歌声を聴かせてくれました

DSC_0650.jpg

上手いというだけではなくて、声に魅力がある彼。
美しくパワフルで、色気があり、どことなくクラシカルな彼の歌声。
その復活に娘は涙が止まらない様子でした

私の長い人生の中でも、心に残るライブとなることでしょう
神様、サムの声を取り戻してくれてありがとう、感謝です


なのに、この画像?(笑)

20151125_200646.jpg

大喜びの私たち!
スマホの顔消しアプリを使ったら、
サムさんの顔までシールが貼られた面白い画像になっちゃいました(笑)


昨年公開された「007スペクター」の主題歌に抜擢され、
007史上初めて主題歌が英№1に輝いたということでも、彼の素晴らしさが分かりますね♪


その、東京でたった1日行われたライブが放送されます。
2月14日、午後7時半からです。
興味がある方はぜひ、ぜひ!

アールデコの館 ロアラブッシュ→庭園美術館part2

前回からの続きです。


DSC01883.jpg

美味しい食事をいただいた後、撮影♪

20160206_115711.jpg

満足で凄い笑顔になってるのがお見せできなくて残念(笑)


そして、お店の方一押しの場所がこちら。

20160202_231757.jpg

着付け教室に通ってらっしゃるというスタッフが
着物が着られるようになったらここで写真を撮りたいんです、と
階段の手すりが繊細で美しいこと

着物の色もこちらのライトの方が、きれいに出てますね。


ランチの後は、こちらもアールデコの館である庭園美術館へ。

DSC01892_2016020209333386a.jpg

DSC01890_2016020209333819f.jpg

美しいガレの作品を沢山観られました。

DSC01894_201602020933542f1.jpg

DSC01893_20160202093352bd4.jpg

前回行った時には工事中で公開されていなかった庭園も公開されてました。
お庭から見るこの建物はやっぱり美しい~


そして、帰り際に美術館と一緒に撮って貰って
正面を向いてお澄ましポーズしたものもあったのだけど

DSC01899.jpg

お澄まし前の、動いてる姿を撮られてたのが面白い。
大好きな美術館と一緒にいい位置で画像に収まりたいと、
必死にその位置に向かう姿~(笑)
これが私の真実の姿なのね?


なにはともあれ、アールデコの館をハシゴでき、
美味しいものを頂き、素敵な展示を観られた素晴らしい1日でした

アールデコの館 ロアラブッシュ→庭園美術館 

お得なこの時期に、ロアラブッシュでランチ
去年予定した日が雪予報だったので、
駅からも遠い為諦めて、駅直結の店に変えたので2年ぶりかな?

DSC01860.jpg

でも、この日も30%の雨予報で、その後の予定のあった為、ポリ着物となりました。
でもでも、肌触りのいいトリエさんのポリなので気分は下がりません。

DSC01863_20160202093223a17.jpg

野口のサクラの刺繍帯、道明の帯締め。


やっぱり素敵でテンション上がるレストランです

DSC01864.jpg

DSC01865.jpg

DSC01866_20160202093219de8.jpg

DSC01867_20160202093240f51.jpg

DSC01885_20160202093314f0f.jpg

DSC01870_20160202093243f99.jpg

DSC01868_20160202093241159.jpg

DSC01871_20160202093238dd7.jpg

1杯目に選んだワインはこちら。

DSC01875_201602020933009a6.jpg

エト・カルタ。日本人の方が作っているポルトガルワインで、
十二支がデザインされ、その年の干支がゴールドになる楽しいラベル!

DSC01872_20160202093257c98.jpg 

DSC01873_20160202093258eb2.jpgとてもふくよかな香りのワイン

DSC01876_2016020209330139b.jpg

DSC01877_20160202093256522.jpg

糸より鯛はふっくらと柔らかく、皮は香ばしく
チキンはそれぞれの部位が素晴らしい火の通し方!
何度か行った中で、今回のメニューが1番好みだったかもです

そして楽しみなのが好きなだけ選べるデザートワゴン。

DSC01879_201602020933169ff.jpg私のチョイス

DSC01880_20160202093317edf.jpg友人のチョイス

こんなにデザートを欲張るのはこのお店だけかも。
このお店に来ると、1年で1番スイーツを食べる日となります(笑)
美味しかった~。

DSC01882_201602020933183d6.jpg

欲張りすぎて、こちらの小菓子はギブアップでした


次回へと続きます

らくや「まとふ。かぶく。」→なか志まや「新作展と気っ風市」

夕那さんからお誘いいただいた、らくやさんの展示。
前日夜から雪の予報で、東京でも積雪の可能性・・・
積もったらやめにしましょうね~と言ってたら、雪は降らず、
出掛ける頃には雨も上がってました(^^)

DSC01856.jpg

とは言え、まだ雨の心配もあるので大島を。
帯は知念貞夫氏の紅型。


らくやさんの展示がかねまつホールだったので、
ランチもかねまつビル内の「星福」でサクッと。

DSC01831.jpg

DSC01832.jpg

薬膳スープを飲むと、体が喜んでる気がします


そして展示へ。

DSC01906.jpg

すぐ目に飛び込んできたのは、かっこいい羽裏達。

DSC01844.jpg

DSC01845.jpg

そして他にも素敵なものが色々と。

DSC01834.jpg

DSC01840.jpg

DSC01839.jpg

DSC01838_20160202093142019.jpg

DSC01835.jpg 両面染め~

DSC01841.jpg

DSC01837_2016020209314164e.jpg

DSC01843.jpg

他にも大島や博多織の織元さん達などもいらしてて
夏大島や、献上柄じゃないドレッシーな博多帯に惹かれました


そして大島の織元さんが、私が着ていた大島の説明をしてくれて、
普通大島は1種類の技法で絣を織るのだけれど、
この大島は2種類の技法の絣が織られてるそうで、とても凝っていると。
母から、これは絣が細かいとは聞いていたものの知らなかった~。

DSC01852_20160202093204c65.jpg

そして最低でもこれくらいの値段です、
と見せてくれた反物の値段に・・・びっくりぽん!

なんとなく雨の日用になってたけれど、大事に思って着よう。
これからも雨の日に活躍してもらうとは思うけれど


そして地下鉄で移動してなか志まやさんへ。
色々と素敵なものを見せていただきました。
行けば欲しい物ザックザクのお店です・・・・・・(^^;)

特に、織の力って凄いな~
日本の職人さん、作家さんて凄いな~と感嘆。

途中、着付けてもらいに来た方がいて、素晴らしい着物と帯、そして素晴らしいコーデが見られました。
なか志まやさんの着付ける姿もかっこ良かった!(笑)


夕那さんは細かい市松の雨用着物に竹の帯。
私の大好きな可愛い雀の帯飾りを下げてました。

素敵なものを色々見られた楽しい1日でした
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR