鳩山会館 お庭編

前回からの続きです。
お庭は外から入ることも、サンルームから出る事もできます。
サンルームからお庭に出て、振り返ると・・・

DSC03067_20160527101552e2a.jpg

鳩山邸どーん!

屋根から見下ろすのは、もちろん?

DSC03068.jpg

あれ?鳩じゃなくて梟?


バラはちょうど見頃かと思ったら、早い品種が多いのか、見頃は過ぎててちょっと残念。
それでも幾つかの品種は綺麗に咲いていました

DSC03070.jpg

DSC03072_20160527101611261.jpg

DSC03071_20160527101616308.jpg

DSC03075_20160527101633fb9.jpg

DSC03083_20160527101651829.jpg

DSC03085_20160527101653819.jpg

DSC03077_201605281503299a4.jpg

DSC03073.jpg

そして大きな泰山木も。

DSC03062.jpg

DSC03082_20160527101630104.jpg

実はこの日、ちょうど季節だな~と思い、泰山木の帯にしようかと迷ったの。
でも、お気に入りで季節を問わず使ってるし、バラの庭園だしな、と思ったのでした。


DSC03069_20160527101614fd4.jpg

立派な鯉もいました。待つの盆栽もあって、和洋折衷のお庭でした。


鳩山会館を後にしてランチへと向かいます。

DSC03044.jpg



次回へと続きます
スポンサーサイト

鳩山会館 建物編

建物好きのAさんと着物でお出掛け
雨の予報だったけれど、前日に急に雨マークが消えて絹物が着れましたヾ(o´∀`o)ノ

DSC03214.jpg

ライムグリーン色紬(単)に藤山千春さんの間道帯。


まずは鳩山会館へ。護国寺駅からてくてく歩いて到着です。

DSC03035.jpg

DSC03036.jpg

DSC03038.jpg

なぜか狸がお出迎え~、笑。


DSC03042_20160527101510e48.jpg

DSC03040.jpg

20160527_122147.jpg

DSC03088.jpg 鳩!

DSC03047_20160527101342522.jpg

20160527_122118.jpg

飲食をしなければ、座ることも可能。
空いていて、時間があればのんびりしたいとこです。

DSC03049.jpg

DSC03055.jpg

DSC03053.jpg

ここから見えるお庭はこの風景。

DSC03052_20160527101527af6.jpg

は~、ため息~。


2階へ

DSC03046.jpg

大きなステンドグラスは和風で、やっぱり鳩が

DSC03060_20160528111121af3.jpg

広~い!!!ここ、間違いなく踊れますね。

DSC03057.jpg

DSC03063_20160527101554015.jpg

2階は資料室が多く、そちらは撮影禁止なので、撮影可のお部屋はこちらだけでした。


外に出る時に気付いたのが玄関のこちら。

DSC03091.jpg

DSC03090.jpg

DSC03092.jpg


やっぱり鳩とバラ。鳩とバラとステンドグラスで飾られた素敵なお屋敷なのでした。
次回お庭編へと続きます

頭が痛くならないワインて素敵

それはふた月程前のある日のことでした。
ワイン好きのAさんと着物で神楽坂にお出掛けした際に
お目当ての場所へと向かう途中、こんなものを発見。

DSC02291.jpg

え?このお店なんだろ?
ついさっき、ワインいっぱい飲むと頭痛くなるよねー、と話してたとこ!
入ってみるとワインの輸入元がやってるお店でした。

DSC02293.jpg

DSC02292.jpg

そこで頭が痛くならないワインを試飲させてもらいました。
飲みやすくて美味しい
予約が沢山はいっていてファンが多いんだ~。
2人とも「これは買うしかないでしょ!」とお買い上げ。

DSC02294.jpg

「ワインを落ち着かせる為に、2週間以上は寝かせた方がいいですよ。」
とのアドバイスがありました。


それから身内の入院やら、自分の健康面での問題やらあって
今週ようやくワインを開けることに


試飲した時より角が取れて、というのか、まろやかになっていて美味しい~

飲みやすすぎて、飲みすぎて頭痛くなるのが心配ではありますが

DSC_1245.jpg

コルクのデザイン可愛いです


DSC_1246.jpg

酸化防止剤は入ってるのに、なんで頭が痛くならないんでしたっけ?
・・・忘れた~、・・・爆!


でも、美味しくて、頭が痛くならないワインてとっても嬉しいです
このお店、「ワインの為のランチ」をやってるので(なんて素敵!)
次回はランチにも行きたいな~

今年初めての単

今週、今年初めて単の着物を着ました。
単は軽いな~(^^)
毎年思うことですが。

DSC03028_2016052120435884d.jpg

銀座松屋のきもの市でGETした結城紬(証紙無しなので多分)と、
黄八丈の八寸帯。
・・・あれ?帯、いつの間にやら?笑。
去年えり華さんでゆうな染めの久米島紬を単に仕立てた後、
この帯をネットショップで見つけて、久米島に合いそう!とGETしたものです。

DSC03032_20160521204359517.jpg

郁子さんの切子帯留を合わせて。

八寸の帯を買ったのは凄く久しぶりでした。
気に入る八寸帯ってなかなか無くて(値段を問わなければいっぱいあるのでしょうが~)
これはお気に入りの八寸帯になりそうです(^^)


午後からのお出掛けで遅いランチを知り合いの店で。

DSC_1197.jpg

DSC_1199_20160521204401a9b.jpg

DSC_1200.jpg


その後日本橋三越へ。
三越近くの日銀のツツジが綺麗でした

DSC_1202.jpg

DSC_1203_2016052120441903f.jpg

お茶をして解散。
その後1人で銀座へ。


銀座には誘惑がいっぱい~!危険だ~!笑。


銀座三越でケーファーのソーセージと、サラダを買って退散。
今年はGWが遊べなかったので、着物もあまり着れず、
着物友とのお出掛けじゃなくても着物が着たい気分のこの日でした

1人着物でも、着物はやっぱり楽しいな~

松戸 戸定邸

4月の中頃のことですが、以前からちょっと気になっていた場所へと出掛けました。
水戸藩第11代藩主であり、徳川家の最後の将軍・慶喜の弟、徳川昭武の屋敷「戸定邸」
重要文化財であり、庭園は国の名勝に指定されているとのこと。

なのに、松戸に住む友人でさえ1度も行ったことがないって・・・
ということで、松戸に住む友人と行ってみました。
お茶してて、急に行く事になったので、古いスマホで撮影の為
チョイボケ画像が多いのですが


DSC_0996_20160417223602ddf.jpg

DSC_1039_20160417223745b21.jpg

DSC_1000.jpg

DSC_1013_20160417223640467.jpg

広~い!畳何枚あるんだろ?

DSC_1032.jpg

DSC_1034_20160417223730013.jpg

DSC_1002.jpg

DSC_0998_20160417223605fa6.jpg

DSC_1010.jpg

DSC_1017.jpg

DSC_1014.jpg

DSC_1023_201604172237109c9.jpg

時代のせいなのか、絢爛豪華といった屋敷ではなく、シンプルな造りです。
その分庭の美しさが強調される、といった効果があるようですね。
そして高台にあるので、昔は見晴らしが良かったことでしょう。

毎月10、20、30日に庭園が開放されるそうで、次回はそこを狙おう!


DSC_1040_20160518092951735.jpg

DSC_1041_20160518092947b1a.jpg

DSC_1043_20160518092908ace.jpg

DSC_1051_201605180929277ea.jpg

DSC_1044_2016051809290936c.jpg

DSC_1049_20160518092926cb2.jpg

DSC_1048_20160518092925eb8.jpg

この日、今年初めての藤の花観賞もできました。
大きな桜の木もあったので、桜の季節にも来たいわ

素晴らしい屋敷を拝見して、マイナスイオンを沢山浴びた1日でした

上野で美術観賞三昧 生誕300年記念若冲

トーハクを出て都美へと向かいましたが、まだまだ長蛇の列の若冲展。
え?160分待ちですって・・・!

DSC02998.jpg

ええ、待ちますわよ、だって若冲展を観に来たんですから!
この日は曇りで風が強かったため、気温は高かったけれど炎天下ではなかったし。
炎天下で並ぶのは無理だわ・・・

スタバに冷たい飲み物を買いに行って(スタバも行列)準備万端、
水分補給しながら、話しながらだったのでどうにかクリアできた感じ。
1人だったら諦めてたかも。

DSC02985.jpg

建物の中に入ってから待つのが暑くて、ちょっと参りました

DSC03000.jpg

DSC03002.jpg



DSC02999.jpg

イヤホンガイドも借りて、いざ若冲展へ!


ま、当たり前だけれど凄い人。
全てをまん前で観ようと思ったら何時間かかることやら・・・
で、特に観たい画だけは列待ちをして、他は人越しに覗き込む感じで。

2階の動植綵絵30幅は特に凄い人だかりで、列に並んでもほぼ動かずで飛ばし飛ばし観ました。
まん前でじっくり観れたものも沢山あったけれど
「群鶏図」とか「群魚図」とかは人が群がっていたので諦め、上の方だけ観られました。
下まで観たかったな~・・・

入ったのが4時半過ぎだったのに、
「イヤホンガイドは5時半までにお返し下さい」のアナウンス
え?5時過ぎに入った人もいるはずなのに?

圧巻の展示量だったけど、駆け足だったし、全て観られなかったので物足りない・・・
料金倍にしてもいいから、予約制とか、整理券で入場制限するとか、
ゆっくり観たかったな。

てことで、あとは自宅でゆっくり図録を観ようかと、買うよね~、図録。

DSC03003.jpg

じっくり観賞できなかった「群鶏図」とか「群魚図」を観ながら
「これがお前達のやり方か~」というゆいぴーの声が聞こえた気がしました、笑。

DSC03017_20160514100551691.jpg

DSC03016_201605141005506eb.jpg

DSC03027_20160514100611dde.jpg

DSC03023_2016051410061509c.jpg

DSC03007.jpg

DSC03011_20160514090146097.jpg

DSC03009_20160514090150a4e.jpg

それでもやっぱり観られて嬉しかった。若冲は素晴らしい!
間違いなく世界に誇れる天才です。詳しくはこちらを。

行かれる方は暑さ対策と水分補給をお忘れなく!
詳しい状況はこちらを。
一昨日皇太子夫妻が行ったそうで、更に混みそうですね・・・


最後にこの日の着姿全身。

20160513_095332.jpg

大好きなトーハクの階段で

Aさん、Jさん、お2人がいなければ私きっとくじけてたわ。
ありがとうございました


※始まってすぐの午前中に行った友達は20分待ちで入れたとのこと。
 日にちが経つとどんどん混むってことなんでしょうかね~?

上野で美術鑑賞三昧 黒田清輝展

楽しみに楽しみにしていた、若冲展
着物友のAさん、Jさんとお出掛けです。

DSC02979.jpg

朝まで雨だったし、とても混んでいるらしいのでポリの着物をチョイス。
帯は久しぶりに登場の栗山紅型、そして翡翠の帯留第2弾。

DSC02981.jpg

波の帯に合わせて魚。


若冲展、この日午前中は3時間待ち!ということで先に早ランチを。
上野公園近くの過門香で。

DSC02984.jpg

DSC02983.jpg

DSC_1187.jpg

DSC_1188.jpg 小籠包も付けちゃった♪


まだまだ若冲展は混んでるということで、トーハクへ向かいました。

DSC02986.jpg

向かう上野公園も凄い人だったし、こちらも平日とは思えない盛況ぶり!
それでもまあ、ゆったり観られました。
こんなに一堂に黒田清輝の作品を観たのは初めてでした。
裸婦を描くことが戦いの時代だったのですね~。

女性の画を観て、黒田氏は鼻が高い色白の女性が好みだったのかな?と思いました、笑。


そして楽しい撮影スポットも

20160511_230656.jpg

「湖畔」の画になりきれるんです
胸をはだけることはできなかったけれど、笑。


常設展もちら見して(都美の閉館時間から逆算して時間も迫っていたので)トーハクを後にしました。
可愛い兎の根付があったわ


そして向かった若冲展・・・
次回へと続きます

川村成さんの帯

川村成さんの織の帯は、見れば見るほど惚れる帯なのです
前の記事で、着姿をUPしていますが
鮮やかな色が入っている以外の白地に見えるところ

DSC02931_201605032202421ca.jpg

DSC02978.jpg

極々淡いピンクとブルー寄りのグリーンなんです。
この色がタレの部分にくるので

DSC02970_2016050322024496a.jpg

お太鼓との対比があって、とても可愛いの
ほっぷさんも「タレの色がすごく可愛い!」と褒めてくれました

着物好きは、そういうところに萌えるよねー(^^)
こんなにも
見れば見るほど好きになる帯なんです。


そして前の記事のその後の話になるのですが、
国展を見たあと、夏物展開催中のなか志まやさんに行きました。

まずは、今回も成くんの帯凄く良かったわ!との感想と
まるまなこ織の着物、とても褒められること報告し
素敵な夏物を色々と見せて貰っていたら・・・
なんと、なか志まやさんに成さんが登場!

なんという嬉しい偶然でしょうか!
色々とお話できて、とても楽しかったです。

DSC02952.jpg

国展の作品、なんて素敵なんだ~
細い糸を綿密に織った帯、観賞用でなく実際に締めたい!と思う帯でした。

成さんは今どきの感覚も持ちながら、
織に対しては真摯に向かう気持が溢れていて
これからも彼の作品がとても楽しみです


20160503_220522_2016050610075460d.jpg

一緒に写真を撮らせてもらいました、隣に成さんが(^^)
なか志まやさん、素敵な出会いをありがとう!

国展 in新国立美術館

GW初日にほっぷさんと久しぶりのお出掛け♪
国展にお付き合いいただきました。

DSC02929.jpg

丸まなこ織の紬に、川村成さん作の間道帯、共になか志まやさん。
国展に川村さんが出品されていて、この帯を選びました♪
自然光で撮ったら帯の色が飛んじゃってる・・・

DSC02967.jpg

こちらだと着物の色が黒く出すぎだけど、帯の色は出ました
帯揚げ以外なか志やまさん。


ミッドタウンで待ち合わせ。
藤や牡丹が綺麗です

DSC_1151.jpg

DSC_1149.jpg

わけあって、今年のGW遊べるのはこの日だけ。
季節の花が少し見られて嬉しかった
ランチは酢重さんで。

DSC_1154.jpg

DSC_1155.jpg

早めに待ち合わせたのですんなんり入れましたが、
出る頃には行列でした~。

ランチ後新国立美術館へ。
ミッドタウンにはデザインされた鯉のぼりがいっぱい空を泳いでました。

DSC02939.jpg

DSC02938.jpg

DSC02941.jpg

こういっちゃなんですが、伝統的な鯉のぼりの美しさを再確認しちゃった(^^;)
でも、楽しいけれど。

国展は工芸部をじっくり見ました。

DSC02943.jpg

DSC02949.jpg

DSC02950.jpg

DSC02956.jpg

DSC02945.jpg

DSC02944_201604302239054c0.jpg

DSC02951.jpg

1462056300427_20160502093143e8a.jpg

織の美しさ、染色の美しさを堪能!
とっても見応えありました。
ほっぷさん、お付き合いいただきありがとうございました(^^)
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR