旧岩崎邸パート2

前のUPの、3週間ほど前に行ったのが平日で、
この日初めて建物内部の写真をとりました
雨がぱらつくお天気だったせいか人が少なく、
ゆっくりと見られ、そしてゆっくり撮影できました


DSC03258.jpg

DSC03341.jpg

DSC03267.jpg

DSC03274.jpg

DSC03281.jpg

DSC03276.jpg

DSC03287.jpg

DSC03294.jpg

DSC03298.jpg

DSC03299.jpg

DSC03301.jpg

岩崎邸と言えば「金革紙」と浮かぶくらい印象の強い壁を飾るこちら。
手の込んだ職人技ですね~。

DSC03300.jpg

DSC03530.jpg

DSC03308.jpg

DSC03327_20160627091221747.jpg

DSC03333.jpg

DSC03334.jpg

和館にはいたる処に「菱」が。

DSC03335.jpg

DSC03337.jpg


ビリヤード室。

DSC03344.jpg

DSC03531_20160629090608761.jpg

DSC03532_20160629090604724.jpg

細川邸にも、小笠原邸にも咲いているこの花は何?


いま建てたら、いったい幾ら掛かるのでしょか?

DSC03286.jpg

華麗なる岩崎家の方々。
久弥氏の妻の寧子さんが美しい~


ちょっと古いゴージャスなお屋敷は、
プチタイムスリップ&現実逃避ができ、リフレッシュになります
スポンサーサイト

旧岩崎邸

梅雨の晴れ間、娘と着物で出掛けました。

DSC03504.jpg

小千谷縮にしょうざんの生紬の一珍染めの帯。毎年6月に活躍する帯です。

暑い日だったので、駅から近いところばかりを選んで(^^;)
ランチは東京駅直結の丸ビルへ。

DSC03509.jpg

20160629_080430.jpg

DSC03507.jpg

甘味のあるちょっともちもちとしたお蕎麦、太さがまちまちでいかにも手切りの感じ。


湯島に移動して旧岩崎邸へ。
1896年(明治29年)に岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として造てられた岩崎邸。
往時は約1万5,000坪の敷地に、20棟もの建物が並んでいたそう
現在は3分の1の敷地となっています。

実は私は3週間ほど前に行ったばかりだったのですが、
候補にあげた中から、こちらに行きたいと言うので。

DSC03512.jpg

娘も麻の着物、ひまわりの染め帯。

DSC03514.jpg

DSC03350.jpg

DSC03516_20160627091405a38.jpg

20160629_080359.jpg

DSC03522_20160629090607d60.jpg

DSC03528.jpg

DSC03347_20160627091336f6c.jpg

DSC03523.jpg

DSC03524_20160627091406339.jpg

紫陽花が見頃でした!
お屋敷の中は、今年の3月頃から撮影可になったのですが、平日のみ。
この日は撮れなかったので、次回UPします。


岩崎邸を出て、冷房の中に避難~。つる瀬へ。

DSC03537_201606262118419a8.jpg

20160629_080320.jpg

暑さを避けつつ、でも避け切れなかったけれど、楽しいお出掛けでした

勝山健史織物展

ほっぷさんと久々のお出掛け
ずっと忙しくされていて、ほっぷさんは久しぶりの着物だそう。
この日東京は初めての真夏日

DSC03469.jpg

ってことで、今年初めての夏着物投入。
明石縮にさっぱりとした染め帯。
この着物はふらっと遊びに行ったリサイクルのお店で見つけたもの。
サイズが小さめなのでとてもお買い得でした

DSC03467.jpg

帯留は有川京子さんの巻貝。

この日の前日、松屋で開催されていた有川さんの展示にいったのですが
小さめの蓮&蛙の器があったら買っちゃおうかな~と思っていたら
お手頃な価格の器は結構売れてしまっていて・・・
来年は初日にいかなくちゃ!と思ったのでした。


向かったのは代官山、ヒルサイドテラス。

DSC_1318.jpg

DSC_1319.jpg

お目当てはこちら。

DSC03471.jpg


なんというか、織の力を感じる展示でした。
時代に沿う色彩やデザインと、その存在感は見れば見るほど惹き付けられる・・・
日の光の下やライトの下で見せてくれた着物の艶やかさにも驚き!
シンプルなのにドレッシーで、目立とうとしてないのに華やいでいる、とでもいうのかな。

誌面や画像で見るのの、何倍も素晴らしい着物や帯
勝山さんが色々と説明してくださり、とても楽しい時間でした


真夏日だったので、動くのを避けてヒルサイドテラスでランチ。
ビストロのル・コントワール・オクシタン

パッションの系列店だったのですね~。
(本格フレンチのパッションに行ったのは10年以上前が最後だわ)

DSC_1323.jpg

DSC_1321.jpg

こちらのなんとも素敵なところは・・・

20160622_091615.jpg

グラスワインをオーダーすると、グラスを渡してくれて
選んだ樽のワインを、自分でグラスに好きなだけ注ぐことができるの

DSC_1329.jpg

お料理もワインに合いそうなものばかり
コスパもいいし、アルコール解禁になったら、ぜひまた行きたい!


この後お出掛けの予定があるほっぷさんとさよならして、
乗換駅の新宿で伊勢丹に寄って、食料品を仕入れて帰りました。


短い時間でしたが、楽しいお出掛けでした
夏着物は着られる期間が短いので、ジャンジャンお出掛けしたいと思います。
皆さん、誘ってね~

食べて飲める幸せ

久々の食のUPです。

実は先日大腸ポリープを取りまして、
ちょっと大きくなってしまっていたので入院しました。
それで今、飲めない日々・・・
晩酌が日課の私、こんなに飲まない日々が続くのは妊娠中~産後以来かも?

で、手術の前に美味しいものを食べて飲もうって誘ってくれる友が多くて。
(どんだけ食いしん坊&のん兵衛だと思われてるんだか、笑)


銀座福助でお寿司。

DSC_1206_201606192133578c1.jpg
DSC_1207.jpg
DSC_1208_201606192133598d3.jpg
DSC_1209_2016061921340060e.jpg
DSC_1210.jpg

生のとり貝大好き!
シャリ小さめでお願いしたら、ウニの軍艦巻きも一口サイズで握ってくれました。


魚が美味しい居酒屋さんで

DSC_1271_2016061921343362b.jpgDSC_1272.jpg
DSC_1273.jpgDSC_1274.jpg

大好きなきんめのお刺身、稚鮎の唐揚、鰻の卵とじ。
鮎、今年初めていただきました。
他にもお漬物とか、〆に巻物とか食べましたね~。


銀座みちばで。

DSC_1253.jpg

DSC_1254.jpgお椀はすっぽん

DSC_1255_201606192134218d2.jpg

DSC_1256.jpg

DSC_1258_201606192134172d8.jpg竹筒に入っていたのは

DSC_1259_20160619213434877.jpg鮎と山菜♪

DSC_1260.jpg

DSC_1264_2016061921343729e.jpg

DSC_1265_20160619213438be0.jpg

眼にもおなかにも美味しいお料理の数々でした。


そして手術前の食のイベント?は、海の近くの食堂へ!

DSC_1289_20160619213513026.jpg

DSC_1280.jpg

DSC_1281.jpg

かいわり?知らなかった~、初めて食べました。
こんなに長く生きてても、知らない魚ってあるのね~笑。

メインは大好きなきんめ!
半身をお刺身で、もう半分を煮付けで。

DSC_1282.jpg

DSC_1283.jpg

きんめドーン!なんという幸せ

DSC_1285_20160619213518d42.jpg

〆は潮汁&汁の残りでお雑炊。またまた幸せ~


こうして振り返ると、私のご馳走ってシンプルなお魚なのかな?
漁師さんとこにお嫁に行けば良かったかも?笑。


そして無事にポリープ手術は終わりました。病室からの眺め。

DSC_1305.jpg

刺激物NGと禁酒の日々はもう少し続きます。
美味しく食べて飲めるって、当たり前のことと思っていたけれど
なんて幸せなことなのでしょう!と、再確認したのでした

旧古河庭園へ

5月の末、もうバラも遅いかな?と思いつつ、古河庭園へ。
実は弥生美術館のあとに時間があれば行く予定にしてたのですが
ゆっくり見てたら時間が無くなって諦めて、気になったままでした。

しとしとと雨の降る日で人が少ないかな?と思ってお出掛け。

DSC03388.jpg

DSC03358.jpg

DSC03369.jpg

DSC03365.jpg

DSC03360_201606111325565f6.jpg

DSC03367.jpg

DSC03379.jpg

DSC03370.jpg

DSC03372.jpg

DSC03375.jpg

DSC03376.jpg

DSC03380.jpg

DSC03383.jpg

DSC03381.jpg


やっぱり、ちょっと遅かったけど、それでもバラが見られて幸せ気分
甘い香に包まれました

出たら、ちょうど大型の観光バスが到着したところ
そっか~、バラの季節にはこうやって観光バスも乗り付けるのですね。

団体さん到着前にゆっくり見られて良かったわ(^^;)

中野みどりさんの「紬の会」へ

前日に急に予定が変わり、急きょ着物お出掛けができました
Yさん、Tさんが行く予定にしていたお出掛けにドタ参させていただきました。

DSC03394_20160608092452705.jpg

ゆうな染めの久米島紬(単)に黄八丈帯。


展示が綱島なので、ランチは町田で。
待ちあわせがJRの町田駅だったのに、何も考えずに小田急線に乗ってしまった私・・・
お待たせしてしまい、申し訳なかったです
知らない場所の事前確認て必要ですね。
まー、私って何事においても事前確認が足りない気がします・・・反省。


ランチはルーチェ。

DSC03395.jpg

DSC03396.jpg

町田の食材を使ったカジュアルなイタリアンで、コスパが素晴らしい!
量もたっぷりの前菜に、パスタかピザが選べるセットは、飲み物も付いてジャスト¥1000!
やるな~、町田。


着物の話、体の話、子供の話、そしてまた着物の話、笑。
話は尽きる事無く、でも切り上げて展示会場へGO!


会場の可喜庵は、鈴木工務店の敷地内に建つ茅葺屋根の古民家で
江戸末期に隠居小屋として建てられたものを改修しながら、代々、住宅として住み継いできたものを
2006年に改修し、現在は暮らしのサロンとして活用しているのだそう。

DSC03397.jpg

DSC03399.jpg

DSC03400.jpg

DSC03401_201606080925291db.jpg

草木で染められた、自然の柔らかな色合いの着尺や帯たち。
林まさみつさんの丁寧なつくりの竹のバッグや、
郁子さんの切子硝子帯留なども一緒に展示され
ドキドキワクワクしながらも、どこかほっこりする素敵な展示でした。

林まさみつさんのバッグ、本当に素敵でした。
そして草木染めのニュアンスカラーの帯揚げも美しく、
買わなかったことをちょっと後悔・・・


それと今回、ハギレの使い方がとても素敵で、
額に入れて壁にかけて飾られていたり
花瓶の下に敷いて使われていたり
布を愛しむ気持ちに溢れていて、使い方の参考になりました。

・・・まずは家を片付けなければ


詳細はこちらで。


鶴川駅周辺には、他に遊ぶところもないので早めに解散。
乗り換え駅の新宿で伊勢丹によることに。

で、いつも地下から入る伊勢丹ですが、久しぶりに地上から入って
老舗デパートの入り口はやっぱり素敵、と再確認。

DSC03402_20160608092530a25.jpg

トリエさんの催事に顔を出して、おかずとお甘を買って帰りました。

DSC_1269.jpg


この日の帯留は郁子さんの切子。

DSC03404_201606080925265ec.jpg

あれ?いつの間にかもう1つ増えてました、笑。
持っている2つの帯留とは形もカットも違うタイプで、つい。
この日、なんと偶然3人共郁子さんの帯留でした


そして、帯留の色とリンクしてる母のお下がりのリングも。

DSC03406_201606080925487f1.jpg

歳を重ねると、こういう「おばさんぽい」リングも自然に身に付けられるようになってくるのね、笑。
歳を重ねるって、嫌なことばかりじゃないのかも



1人では絶対に行ってない遠い場所での素敵な展示、
楽しいお出掛けをありがとうございました。

谷崎潤一郎文学の着物を見る in弥生美術館

谷崎文学が好きな友人と先週観にいきました。

着物で行きたかったのだけど、
その日の夜の食事会、というか飲み会を考えて洋服で。
暑い日だったので、長丁場のお出掛けは無理のできないお年頃

DSC03238.jpg

美術館近くのお宅の紫陽花が綺麗に咲いてました。
紫陽花の満開の時期ももうすぐですね~

DSC03234_20160531105341cfb.jpg

DSC03235.jpg

この近くはしょっちゅうウロウロしているのに、美術館に入ったのは初めてでした。
谷崎の小説に出てくる女性達の着物を再現したり、
似たイメージの着物が展示されていている他に、
挿絵も展示されていて興味深かったです。

まー、谷崎氏は平たく言えば変態なのでしょうが、
当時は「地獄主義」と言われていたんですね。

DSC03236_201605311053442c4.jpg

26日までなので興味のある方はぜひ。詳しくはこちらを。

アンティーク着物を着た女子もたくさん来てました。
華やかだったり、可愛かったり微笑ましいのですが、
着丈が短いのか下から襦袢が出てる人や、
振りの長さが合ってなくて、袖から襦袢が出てる人なども・・・
アンティークの着物を綺麗に着る難しさをヒシヒシと感じました。

DSC03237_20160531105345981.jpg

夢二美術館も観て、次に向かったのは根津の根付屋、花影抄さん。


DSC03253.jpg

森謙次さんの根付展をやっていて、森さんご本人もいらっしゃいました。
森さんの作品は、森さんに似てる?笑。

色々お話が聞けて楽しかったです

根付は手の出る値段じゃないし、身に付けることもできないけれど
帯留や、帯飾りになる緒締が手の届く値段であって・・・
危うく手が出そうでしたが、我慢!
後ろ髪を思いっきり引かれながらお店をあとに、笑。


そして食事する店が入ってる新丸ビルに早めに到着。
予約の時間までの時間潰しにウィンドウショッピングしてたら・・・
さっきの我慢が爆発したのか買っちゃったよね~

DSC03393.jpg


なんと2つでちょうど森さんの気になった帯留と同じ値段!
なら帯留買えたじゃん?・・・
でもその日は洋服の気分だったのね。
それになぜか最近、欲しい洋服があまり無くて。
素敵と思う服、着たい服が自分とバランスが合わなくなってるってことかも
そういうお年頃ってことかしら
最近、着物より洋服の方が難しいかも

この日はこの金額使うことになってたんだわね、きっと、笑。


そして「なんかそういう服持ってない?」と友達に言われた~。
はい、私、似た服ばかり選んでしまうんです。
好きなので仕方ない。


ってことで、ソルトへ。

DSC03249.jpg

DSC03240_20160531105400eea.jpg

DSC03241_20160531105401782.jpg

DSC03243.jpg

DSC03248_20160531105420f51.jpg

DSC03244_2016053110535835c.jpg

DSC03245.jpg

DSC03247_20160531105419b4b.jpg

一休で飲み放題付きコースをお得に


観て、買って、食べて、飲んだ、楽しい1日でした

オトノハカフェと秘密のお屋敷

鳩山会館を後にして向かったのはオトノハカフェ
途中こちらでお買い物。

DSC03093.jpg

それでも11時半頃にはオトノハカフェに着いたのに、もういっぱい!
人気なんですね~。
朝食&早ランチの若いママ仲間が多く、その分ひけるのも早いようです。

DSC03109_201605271017562de.jpg

DSC03101.jpg

DSC03097.jpg

DSC03096.jpg

DSC03100.jpg

カレーは思ったほど野菜が入ってなくて、次回は違うメニューを選ぼうっと。
でも美味しかったです。

DSC03102.jpg


お店を出てお隣の花屋さんもチェック。

DSC03104_2016052710175763b.jpg

DSC03105_2016052710175966c.jpg

DSC03106_20160527101800fe9.jpg

DSC03107_20160527101801a7a.jpg

花はいいな~


そしてこの後、本日のメインイベントの素敵な場所へ伺ったのですが
SNS等へのUPはご遠慮下さいとのことで、どこへ行ったかは秘密・・・

DSC03152.jpg

20160527_122601.jpg

素敵なお屋敷を2つ見て、家に帰って現実を見るのが辛かったです笑。



DSC03218_20160527101837451.jpg

セキグチフランスパンで買ったパンを食べながら、素敵な邸宅を思い出して夢うつつ


最後にこの日の帯留

DSC03099.jpg

梅雨の季節目前ということで、有川さんの蛙を選びました。


Aさん、楽しいお出掛けをありがとうございました
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR