並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性

大好きな庭園美術館での、とても楽しみにしていた展示が始まりました。
着物友とではないけれど、着物で行ってきました。

DSCN1137.jpg

選んだ着物は出番の少ない結城紬。
先日真綿の紬を着て、やっぱり真綿は暖かいのを実感したのと
もう1つの理由は帯留。

DSCN1099.jpg

蝶のモチーフを身に付けていると割引になるので
それも楽しもうと思い、この帯留を。
これに鮮やか色の着物だと、1人着物なのに
ちょっとコスプレっぽくて恥ずかしいかなと(^^;)

そして3つ目の理由もあるのですが、それは後ほど。


DSCN1108.jpg

平日で空いていたので食い入るように見つめました!
別館での展示も並河さんで、盛り沢山でした。
素晴らしい七宝芸術を堪能しました。

並河さんが「もうこれ以上の物はできない」と最後の作品にしたものは
意外と地味で、でもその世界観たるや1つの小宇宙のようでした。

でも、私はやっぱり黒地の華やかなものが好きだな。
1つ頂けるなら、↑のものとは違う小さな藤の花瓶がいいな~

美術館を出て、寒かったけれど12月から見られるようになった日本庭園へ。

DSCN1110.jpg

梅の花が咲いてました

ここで3つ目の理由

DSCN1112.jpg

梅の柄(と思われる?)のピンク系の道中着を着たかったから。
なので地味めの着物を選びました。

壱の蔵さんで見付けた青々さんのものなのですが
一昨年GETしてたのに、去年は着そびれてしまってました
羽織が好きなので、実は道中着ってこれが初めてなのです。


DSCN1116.jpg

DSCN1117.jpg

DSCN1122.jpg

DSCN1123.jpg

DSCN1121.jpg

DSCN1126.jpg

DSCN1127.jpg


建物が素晴らしく、庭園も楽しめるこの美術館、やっぱり大好きです!
そして、とても素晴らしい展示だったので、平日にもう一度行きたいな~

この展示が終わると、バリアフリー工事でまた長期休館になるんでした。
やっぱりもう一度行かなきゃ!
スポンサーサイト

お笑い江戸名所~歌川広景の全貌 in太田美術館 

当初4人でお出掛けの予定が、Yさんと2人のお出掛けとなり
目的も変わり、選んだのはこちらのコーデ。

DSCN1079.jpg

初おろしの郡上紬、帯はawaiさんの八寸、郁子さんの切子硝子帯留。
実は草木染め繋がりで藤山千春さんの間道帯をする気満々だったのですが
何だかハマリ過ぎ?落ち着き過ぎ?で変更。

DSCN1075.jpg

郡上紬と一緒に仕立てあがってきたこの羽織を着たかったので
余計にそんな感じがして、急きょ明るめの帯投入となりました。

羽織は反物で見ていたときよりも、より素敵な仕立て上がりで
柄の配置のセンスってとても大きく左右するのだな~と、つくづく思いました


ランチはこちらで。

DSCN1089.jpg

DSCN1086.jpg

DSCN1087.jpg

DSCN1088.jpg

隣の個室では結納が行われていて
それを知らなかった私達は、結納のお席には相応しくない会話を
好き勝手にしてしまっていたけれど・・・大丈夫だっかたしら?


ランチの後はふらっと裂き織の展示を見たり、
大山きものやくるりをちょっと見たり、
呉服屋さん以外でバッグやお財布を見たり~で太田美術館へ。

あ、原宿で柔道のベイカー君見ました。
お洒落でイケメンでしたわ~

広景の作品はお茶目で、お笑い精神に溢れていました。
贅沢な漫画を見てる気分。

結構混んでいて、大きな作品じゃないのでじっくり観るからですね。
特に2階が混んでて、棚の中の作品は棚に引っ付いて観てたら
・・・木の棚だったので羽織がささくれに引っかかってしまった
初おろしで・・・


移動して根津へ。
花影抄さんで根付や帯留の素敵な素敵な展示を見て
リサイクル着物やさんもチラ見して

DSCN1094.jpg

DSCN1096.jpg
 
谷中コーヒーでお茶して解散。
Yさんは梅の帯に灰桜色の紬、早春らしいコーデでした。

この日ぶっちゃけトークが多かった私達。
歩きながらYさんにちょっと家庭のグチをこぼすと
職業柄か、お人柄か、とっても適切なアドバイスを頂き眼からウロコ!
ふっと気持ちが軽くなったわ~、ありがとう!


DSCN1092_20170124093700b4e.jpg

一衣舎さんお仕立てコンビ。
着てもやっぱり羽織の柄がちょうど良くて嬉しい
そして綺麗な裾つぼまりでそれも嬉しい

着物はどう仕立てるか悩んだのですが、木村さんが勧める追っかけ仕立てに。
後ろがぱっきり色が分かれるのがちょっと苦手だったけれど
素朴なこの紬には、素朴さがでるこの仕立てがいいでしょうと。
正解だった気がしてます
もちろん、とても着易いお仕立てでした

開かずにはいられない

それは今からひと月前のこと。
前からちょっと気になってた、ある本があって。
たまたま付けたテレビで、松本伊代ちゃんや、森三中の黒沢さんが
挑戦していて、皆クリアしていてびっくり

その話をしたらクリスマスの日、娘がケーキと一緒にその本を買ってきてくれたの。

DSCN1070.jpg
 
「どんなに体がかたい人でもベターっと開脚できるようになるすごい方法」
ご存知の人、気なってる人も多いと思います。


私、若い頃ちょっとダンスしたりしてたのですが
フリ覚えも悪くなかったし、そこそこ動けたのだけど
体が硬くて、実はそれがちょっとコンプレックスでした。

その時のダンスの先生は宝塚出身で、その先生曰く・・・
体が柔らかくてもダンスのセンスがない人はいっぱいいるのだから
柔軟性より大事なものは沢山あるのよ、と。

それから十数年、娘が小学生でダンスを始め、
その時は子供だから体が柔らかいし、
途中一時ダンスを辞めてたけど、再開した時にもストレッチを続けてどんどん足が開く~!

私も真似てやってみるものの、なんだかあまり変化ない。
で、続かない、という状況の繰り返し


この本の通りにとりあえず始めてみる。
ちょっとは柔らかくなってきたかな。
飲んで帰っても、とりあえず適当でもやる。

4週間後、開脚してひじが付いたら成功ってことなのだけれど
3週間くらいで、やっぱり無理なんじゃん?て思ったり・・・
そしたら


DSCN1066.jpg

20170119_102007.jpg

4週間目にひじが付いた!
驚き~!

(おばさんの部屋着で、お見苦しくてすみません

頑張ったのは娘が買ってきた本だからで、
私はとても怠け者で長続きしないタイプだから
自分で買ってたらとか
立ち読みしただけだったら
絶対に毎日やってなかったよね~。

なんだ、せっかく買ってきたのに続かなかったの?
と言われないように。


本にも書いてあったけれど
たかが開脚、されど開脚。

今では開脚せずにはいられません、笑。
いつかベターッができるといいな


DSC_2000.jpg
 
始まりはこの日から。
4週間で人って変われるのね。
この歳でも体って柔らかくなるのね。
ちょっとしたことだけど、ちょっと大きなことでした

年末に届いた嬉しいもの

この日に一衣舎さんにお願いしていた郡上紬と切りビロードの羽織の仕立て。
羽織の生地が扱いにくいこともあり、
1月末までにはお届けできるようにします、とのことだったのですが
2つ一緒に年末に届きました

DSC_2049.jpg

DSC_2048.jpg

葡萄の柄なので、食べ物つながりで羽裏はこちらを。

DSCN1035.jpg

岡重さんの野菜柄の襦袢地、いつか羽裏に使いたいと思って寝かせていたもの。
やっと使える時が来て、嬉しいな~


こちらが郡上紬。

DSC_2052.jpg

今まであまり得意じゃない感じの色ですが
草木染めの落ち着いた色ではあるので、チャレンジしていこうと思ってます。


そうそう、年の初めに観た「白洲正子ときもの」展で素朴な紬を色々見て

DSCN1065.jpg

俄然、郡上紬モードがアップ


両方とも、長く付き合っていけそうです

雨の日の着物お出掛けは日本橋で

午後からの雨が確定していた日、
雨に濡れない地下で動ける場所にYさんとお出掛け。

DSCN1016.jpg

雨降り確定なので、トリエさんのポリ着物。
帯は今年2度目登場の雉、酉年ですからね♪

DSCN1019.jpg

数年前に、ミキモト真珠島に行った時にGETした鶏を帯飾りに。
鈴が付いてるのですが、動くたびに音がする事に慣れなかったわ
鈴は取っちゃおうかな・・・

ランチはコレドの菜なで。

DSCN1022.jpg

DSCN1020.jpg
 
雪花絞りのクッションカバーが可愛かった

オーダーした本日のランチ、だったかな?

DSCN1024.jpg

鶏肉も美味しかったし、手前の牛蒡味噌が凄く美味しくて
これだけで日本酒行けます


ランチの後は三越へ。
まずは「日本の職人 匠の技展」へ。
素敵な物を色々見て、特に匠の箪笥が色々と気になった私。
それよりも早く買わなければ!と実感したのがカシミヤ・着物用ブラシ。
それも柔らかい馬の毛のもの。


その後「藤沢周平展」へ。

DSCN1025.jpg

引っ張り出して読みたくなりました。
装丁画を描いてた方がその場で画を描いてらして
墨絵の勢いのよさに感心してしまった~!
 
その後パイプオルガン演奏を聴き

DSCN1026.jpg

呉服売り場もチェックして、喉が渇いたのでお茶&甘い物を。

DSCN1029.jpg

色々見て、色々話して楽しい1日でした。
そうそう、2人の度忘れに「脳細胞が死んでいってる~」と大笑い。
笑いごとじゃないかもしれないけど?

Yさんはシックな小紋に雪の結晶帯、季節とお天気にぴったりなコーデでした。

やっぱり雨になりましたが、雨に備えたお出掛けも楽しかったです
地下で動ける場素を選んで、また雨の日を楽しみたいです

あの場所では最後

新年初の着物友とのお出掛け。

DSCN0999.jpg

いつものサイズの画像だと、着物がただ白っぽく写っちゃうので
いつもより大きなサイズ。
この四角いドットと市松の織が気にいっってるので。

今はもうない青山みともさんで購入した薄クリーム色の付下げです。
awaiさんの帯と、なかなか使う機会がなくて数年寝かせてしまった道明の帯締め。
こういうすっきりとした帯だと合わせやすいと気付きました。

DSCN1013.jpg

まず向かったのは初売りが始まったawaiさん。
1月中に今の店舗を締め、場所が移るので
お馴染みのあの場所へはこの日が最後となりそうです。

お買物はそんなにしていないけれど、トークショーに行ったり
コーデの相談をしたり、色々な思い出のあるお店です。
特にきのぴーさんと紅子さんの頃は
銀座の三越や松屋でも会ったりしてたし。

私としては六本木だと、ヒルズよりミッドタウンに行くことの方が多いので
今の場所の方がふらっと寄り易かったから、ちょっと残念・・・


さすが初売り初日、たくさんのお客さんでした。
友人も素敵な帯をGETされて、こちらまで嬉しい気持ちに

私は12月に違うお店で買物してしまったので、今回はお見送り


ランチはミッドタウンのorangeで。

DSCN1000.jpgDSCN1001.jpg
DSCN1003.jpgDSCN1004.jpg

たっぷりおしゃべりして、あっという間に時間は過ぎ
ランチ後はサクッとミッドタウンのお店をみて解散。

DSCN1009.jpg

私は時間があったので、その後1人でミッドタウンをプラプラ。

DSCN1010.jpg

DSCN1011.jpg

虎屋さんではアルコールと和菓子のマリアージュが紹介されていて
思わず見入ってしまった!笑。

DSCN1008.jpg

すっかり暗くなってます。
ファビオでSaleになってたショートブーツ買っちゃうし~。

 
そんな1日盛り沢山だった日、いつも1月に登場させる羽織で。

DSCN1005.jpg
 
今はない萌さんで購入した、竹どーん!の羽織。
萌さんて素敵な羽織を沢山扱ってたんですよね、今更ながら残念・・・
着物も羽織も、今はもう無いお店で購入したものですね

ご一緒したHさんは紬の付下げに喜多川さんの帯、
Yさんは明るい色の紬に、象牙の鶏の帯留、
Jさんは爽やか色の江戸小紋に捨松の帯、おめでたい象牙帯留。
皆さん、新春らしい素敵なコーデでした

体調が悪くてこの日会えなかったTさんや、他の着物友さんも
今年も着物お出掛けよろしくお願いします

初詣

一昨年、昨年に続き、新年初の着物お出掛けは娘と初詣。

DSCN0972.jpg

お天気が良かったので明るい色の着物を選び、野口さんの小紋。
帯は先日UPした雉帯。


今年は亀戸天神へ。

DSCN0977.jpg

やっぱり長蛇の列・・・ま、仕方ないですね

DSCN0979.jpg

今年も元気に着物お出掛けできますように~


娘がひいたおみくじは

DSCN0980_201701050859005c2.jpg

大吉でした
そのわりに、書いてあることはなんだかイマイチなのが笑える~。


亀戸から日本橋に移動。
なんとなく2人の着物お出掛けとセットになってる「甘い物」を食べに。
コレドの鶴屋吉信、ここも待ちました・・・

DSCN0986.jpg

ちょっと三越をのぞいて、食料品を買って、もう暗くなった頃に
せっかくだから福徳神社も行っておく?
ライトアップされていて、幻想的でした

DSCN0988.jpg

DSC_2077.jpg

DSC_2076.jpg


この日の娘の着物は、彼女が始めて自分で買ったもの。
11月に振袖の着付けで訪れた「東三季」さんで見せて貰ったお買い得品。
少しお直ししてもらって、お正月に間に合いました。

1483450315963-1.jpg
 
古典的だけれど、ポップな感じもする華やかなしぼりの小紋。
帯は職楽浅野さん。
せっかく買ったのだから、たくさん着て欲しいです。

また一緒に出掛けようね~


あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い致します。

東京はお天気がよく、暖かく、過ごし易い三が日でしたね。
実家に行った以外は、相変わらず食べて飲んで寝ての日々、笑。

3日には娘と今年初の着物お出掛けをしました。

DSCN0989.jpg

今年初めてのお出掛けに身に付けようと決めていた帯。
京都に行った際に紫織庵さんで購入した、雉の染め帯です。


お出掛けの様子は次回に。
皆さまにとって(私にとっても、笑)素晴らしい1年となりますように!

プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR