泉水陶小作品特集~根付から盃~勝気遊覧江戸双六

前回からの続きです。

この日のもう1つのお目当て。

DSCN2519_20170523092513a68.jpg

江戸の町にちなんだ作品の数々が楽しかったです

DSCN2504_20170523092134037.jpg
 
深川はアサリを割ってるラッコとか、笑。
あとは作品ガン見で、土地とのからみはよく覚えてないのですが・・・

DSCN2507.jpg

DSCN2509_20170523092158844.jpg

DSCN2513_201705230922048b5.jpg

DSCN2510.jpg

後ろ姿までマッチョな鷹!

DSCN2511_20170523092201033.jpg

こちらの蛸、可愛かった~ボケちゃいましたが。

DSCN2502_201705230920589a2.jpg

そして、この2つは自分のようで、笑っちゃいました。

DSCN2499.jpg

DSCN2508.jpg

そして可愛い河豚

DSCN2503.jpg

実はこの日、上の子の親戚のような、この帯飾りをしてました。

DSCN2517.jpg

泉水さん作です。
「この子から本日のコーデを考えたんですよ。」と話したら
「なんとこいつ、出世したもんだ~。」と喜んで下さいました。

そうなんです、こちらでも作家の泉水さんと沢山お話できて
この日はなんだか作家さんとのお話にとっても恵まれた日でした。

Yさんは、ある動物を作って欲しいとお願いしたり
ただ見ているだけでなく、とても濃い時間を過ごせました。

そしてとても美人さんの兎も発見!

DSCN2505_20170523092135814.jpg

は~、楽し嬉しの展示でした


この後、今泉今右衛門展も見て
呉服売場では、この日身に付けてた帯締めの作家の松山さんが
実演販売していて、素晴らしい帯締めを買うか悩んだり
Yさんが塩沢を着ていたので、塩沢に染付けをしている作家さんに捉まえられたり、笑。

もう、予定外に、本当にモリモリ!の1日でした
ここ数年で、展示については1番濃い日だったかも?笑

スポンサーサイト

牟田陽日展 光の国

前回の後、三越に向かい
お目当ての展示の前に、とてもインパクトがあり素敵な展示を発見!
それが牟田陽日さんの展示でした。

DSCN2485.jpg

DSC_2776.jpg

まず、おお~!っと惹かれたのが鯨の作品群。
躍動感凄い~!

あとで調べて知ったのですが、彼女の代表作のようです。
他の作品も繊細かつ大胆、そして優れた描写、色の美しさ。
その一方で不思議な形、組み合わせ・・・
もう、Yさんと2人で興奮~!

DSCN2491.jpg

DSCN2492_20170523092022ea9.jpg

DSCN2487.jpg

DSCN2489.jpg

DSCN2498_201705230921027c9.jpg

DSCN2496.jpg

DSCN2495.jpg

ほぼ全てが売り切れてたんじゃないかな。

「彼女」って知ったのも、色々見てる時、花のリボンを付けてるにこやかな方を発見して。
しかも若くて美人さん!
ん?もしかして作家の方ですか?と聞いたところ、そうでした

色々お話を聞け、経歴も楽しく
色々な才能を持った方で、その全てが焼物と旨く結びついたのでしょう。

なんと展示初日に抽選があり
それによって作品を買うことができるか決まったそうで
そんなに人気の作家さんだったのですね。


今回、彼女の作品でとても気に入ったのがこちら。

DSCN2486_20170523092027128.jpg

美しい蛸の杯です

もちろん売約済でした。
手が出ないお値段ではないので、いつか彼女の蛸を手に入れられたらいいな~


この後、お目当てだった展示も見ました。
次回へと続きます

石渡真紀展~和紙花という造形美~

Yさんと着物お出掛け。
実は全く違う場所へお出掛け予定だったのですが
私が数日前にちょっと体調を壊し
急に暑くなったこともあって、遠出は中止に。
近場の日本橋で、Yさんと「見たいね」と言っていた展示を見に行くこととなりました。

DSCN2514.jpg

若草色の単、洛風林の市松の帯。
松山さんの帯締め。こちらの色は2度目の登場かな?

ランチは2人なので特に予約もせず、コレド1の中でさらっと。

DSCN2481.jpg

DSCN2482.jpg

以前にも2人で来たことがありますが
コーナー毎にインテリアの雰囲気が違うのね。
ここはお店の端っこで、なんだか落ち着いてのんびりしちゃいました。

ランチ後、まずのお目当てはこちら。
コレド3にギャラリーがあるって知らなかった

DSCN2520.jpg

色々な和紙を使い、草木や藍などで染めた和紙で作られた花の世界。
美しく幻想的で、柔らかな雰囲気の中にも、なにか凛としたものを感じるのでした。
和紙だから?
でもそれだけじゃなくて、作り手の心のような物が反映されているからなのかな。

Yさんが紙布の帯をしていたこともあり
作家の石渡さんとたくさんお話することができました。

そして、この日の私の着物と帯の色合わせが
京の色を意識したこのコーナーにピッタリと
どうぞ写真撮ってくださいと
写真NGの会場だったのだけれど、撮影させてもらえました♪

DSCN2484_2017052309194433a.jpg

前日まで違うコーデを考えていたのに
急に気分が変わってこのコーデにしたのは
この展示に呼ばれていたのかな?

DSC_2772.jpg

Yさんも色合いがぴったりの、色々な白と、藍染めの花の展示のところで
撮影させてもらいました♪


この後、もう1つのお目当ての展示へ。
ところが、この日の日本橋三越は展示がモリモリで
そのいずれも興味深く、素晴らしく、
怒涛の作品観賞となったのでした!
次回へと続きます

古河庭園へ薔薇を見に

一時の暑さを思うと、このところ涼しかった東京です。
前2つのお出掛けに比べるとこの日も気温が低く
袷に戻ってお出掛けしました。

DSCN2405.jpg

まるまなこ織に、川村成さんの吉野格子帯。

DSCN2407.jpg

色合いが爽やかなので、今の季節に活躍します。

2週続けて娘と着物お出掛けしたのは初めてだな~。
駒込に着いて、まずはランチ。
以前にも娘と行った事があるおそばやさん「小川庵」

DSCN2409.jpg

私は二八そばの野菜天せいろを注文。
母の日だったので、ゴチしてくれました

DSCN2410.jpg

七味唐辛子がとても美味しくて!店頭で売ってるというので
買う気満々だったら・・・売り切れでした


古河庭園へ。

DSCN2413.jpg

DSCN2425.jpg

DSCN2460.jpg

薔薇はちょうど見頃
咲き誇る薔薇も凄かったけれど、人も凄かった~

RSCN2476.jpg

娘がこの帯をして、薔薇を見に行きたいと言っていたので
念願かなったね~(^^)

DSCN2420_201705142213172bd.jpg

DSCN2421.jpg

DSCN2432.jpg

DSCN2422.jpg

DSCN2433_20170514221407973.jpg

DSCN2436.jpg

DSCN2463.jpg

DSCN2464.jpg

DSCN2471.jpg

DSCN2417_20170517091000724.jpg

人が多すぎて、着物ではしり込みしちゃい、行けない一画もあったのですが
それでも十分楽しめました。

DSCN2451_20170514221755b2d.jpg

最後に撮った写真が、シャッターが上手く押せなくて
娘は撮り終わったと思って「疲れた~!」の表情とポーズになったこちら。

20170517_094108.jpg

顔は出せませんが、笑。
こんなに混んでいる古河庭園は初めての私達でした

国展

新国立美術館で行われる国展。
今年も染色や織の「工芸部門」を楽しみに出掛けました。

DSCN2346.jpg

今季初の単に、黄八丈の八寸帯。

急きょ娘と行くことになったのですが
お気楽に結構楽しめました

ミッドタウンの鯉のぼりを見たりもして

DSCN2359.jpg

DSCN2348.jpg

DSCN2365_20170510214045147.jpg

DSCN2357.jpg

娘は久米島紬の単、塩瀬の菖蒲の染め帯。

DSCN2356_20170510213957012.jpg

そして美術館は

DSCN2369.jpg

やよいちゃん満載!

でもお目当ては国展です。

DSCN2371.jpg

DSCN2373.jpg

1494190225151.jpg

工芸のコーナーへ♪

1494190238586.jpg

1494190254231.jpg

1494773461020.jpg

1494190261231.jpg

1494190289491.jpg

1494190293563.jpg

そして今年も川村成くんの素敵な作品も見られました(^^)

1494190272638.jpg

力強い織、見る為の作品ではなく、実際に身につけたい帯です。
どんどん実力を付けてますね~


素晴らしい染色と織が色々と見られて、幸せでした!

藤もツツジも見頃過ぎのお花見・・・

多分、GW初め頃が見頃だったのですよね~

でも、行けなかったのだから仕方ない。
様子見でまずは亀戸天神。

DSCN2376.jpg

やっぱり終わりかけ・・・
でも、まだこの辺は咲いてる方でした。

DSCN2377_2017051121573243b.jpg  

DSCN2379_201705112157326c8.jpg

こちら以外はあまりに寂しい状態だったので
亀を見たり

DSCN2385.jpg

鷺を見たり

DSCN2386_20170511220104b0a.jpg

かるがもの赤ちゃんを見たり

DSCN2389.jpg

可愛かった~
で、ツツジならまだ咲いてるかも?と淡い淡い期待を抱き、湯島天神へ。

DSCN2393_20170511220108804.jpg

DSCN2394.jpg

ん~、こらも残念!

これじゃ、道端のツツジの方が、日陰のはまだ綺麗に咲いてる状態でした。
ま、花は私の都合に合わせてくれるわけないのだから、仕方ないですね。

でも!

DSCN2401.jpg

DSCN2402_2017051122014131c.jpg

DSCN2404_201705112202043e5.jpg

青い空と、鳥居や門の赤さのコントラストが美しく
行って良かったです

東京キモノショー

自由が丘から日本橋に向かい、
キモノイベントの「東京キモノショー」に行きました。

サローネなどのキモノイベントでは入場料取らなかったのですが
こちらは料金かかるのですね~。
皆の分の招待券がいただけたので
無料で入ることができラッキーでした

DSCN2285.jpg

DSCN2288_20170506212243d22.jpg

DSCN2292_20170506212240a0b.jpg

物販が以外と少ない?と思ったのだけど
メインは200体の着物コーデなのでしょう。

今回目に留まったのが結婚衣装

DSCN2295_201705062123345b9.jpg

DSCN2296.jpg

DSCN2297_20170506212336fa8.jpg

素敵な黒留もあったのに、うまく撮れてなかった~

DSCN2330_2017050621360847a.jpg

DSCN2319.jpg

DSCN2329_20170506213753e01.jpg

DSCN2321.jpg

DSCN2322_20170506214000098.jpg

DSCN2333_2017050621361196a.jpg

DSCN2332_2017050621361171f.jpg

そして光るお茶席。

DSCN2299.jpg

DSCN2302_2017050621243598f.jpg

DSCN2303_20170506213048116.jpg

あと、昭和コーナーの撮影スポットがあり、昭和のお母さんになりました、笑。

20170509_102129.jpg
 

今回1番気になったコーデはこちら。

DSCN2291.jpg
 
やっぱり白い着物が気になるらしい・・・
そして同系色コーデ。

着物業界の方もたくさんいらしていて
すみれ堂さんや、元awaiのきのピーさんに久々にお会いできて、楽しかったです。

着物を着始めの方が、色んなコーデが見たい!と200体コーデを見に出掛けるのにはいいのかも。
できれば無料が嬉しいけれど、場所的に難しいのかな。

スタッフの方も、訪れる人も着物が多いので、色々な着姿を見られるのも楽しみですね。
着物イベントハシゴの楽しい1日でした。

DSCN2334_2017050621361433d.jpg

中野みどり紬の会’17 着る楽しみ

GWもあと1日で終わっちゃいますね~
前半は色々と忙しくしておりまして
5日にやっと着物お出掛けができました。

DSCN2342.jpg

この日、出掛ける時間を読み間違えてて
ちょっと遅刻しちゃったのですが(すみませんでした
写真を撮る時間もなくなり、帰ってからの画像でちょっと乱れてます・・・

DSCN2339_20170506213525fd1.jpg

DSCN2341.jpg
 
草木染めの紬の付下げ、グラデーションで裾にいくほど色が濃くなってます。
この着物着たの、久しぶりだわ~。
藤山千春さんの帯、郁子さんの切子帯留。

ご一緒したのはJさん、Yさん、Tさん。
展示会の会場が大塚文庫だったので、自由が丘でまずはランチを。

DSCN2273_2017050621193049b.jpg

DSCN2274.jpg

DSCN2276.jpg

メインは3人が同じものを選んだのに、なぜか私だけきのこたっぷりで青い野菜が少ないの。
もしかして、赤ワインを頼んでいた私だけ、それに合う付合せにしてくれた?
ワインにこだわるお店なので、そうなのかもですね~。
すごーくボリュームがあり、お腹いっぱいでした!

いっぱいのお腹を抱えて大塚文庫へ。
自由が丘はテリトリーじゃないので、超久々でした。
途中リサイクルの雑貨店を見たり、
古いお宅を改造したすてきなカフェや、ツツジが綺麗なお宅に感激したり♪

DSCN2278.jpg

そして大塚文庫に到着!

DSCN2282.jpg

DSCN2283.jpg

DSCN2284.jpg

ふわりとした生地感と優しい色合い。
でも、その印象は決して軽くなく、織の力を深く感じられるものでした。
グレーや白も冷たくなく、黄みやかすかなピンクを含んだ優しい色なの。

竹の美しいバッグも、郁子さんの切子帯留も、どれも素敵なものばかり

素敵な場所での、ほっこりと素敵な展示でした。
そして今回、同系色のコーデの素晴らしさを実感したのでした。

そして・・・
草木染めの作家さんの展示会に、草木染めの着物を着ていくと
色々な帯が合ってしまい、悶絶だったので
買えないと思ってる時にそんな着物を着ていくと辛い~と学習しました

DSCN2344.jpg

画像では質感や色の素晴らしさが伝わらないのが残念ですが
心の中にはしっかりと刻まれています
そして飾られているよりも、体に乗せてみるとより力を発揮するんですね。

色々説明して下さった中野先生とスタッフの方、ありがとうございました。
そして、この後行こうと思ってた着物ショー、
全員分の招待券はなかったところ、招待券をいただけました♪

その様子は次回へと続きます

生駒暉夫染色展

本当は着物で行きたかったのだけれど、日程的に無理で
仕事帰りにほっぷさんと行ってきました。
3年に一度の生駒さんの染色展、とても楽しみにしてました

DSCN2174.jpg

DSCN2175_20170429233414577.jpg

DSCN2170.jpg

DSCN2172.jpg

DSCN2177.jpgDSCN2173.jpg

DSCN2178.jpg

どれもこれも、ザ・生駒!
配色と柄の素晴らしさ、大胆でもきつ過ぎないのはどうして?
とても手の込んだものでも、全ての作品が優しいの。
バランス感覚と、先生の人柄が作品に出ているってことなのでしょうか。
生駒マジックって感じです。
そして可愛らしい作品や、ユニークな柄も大好き~
見てるだけで、自然と笑顔になれます

今回1番惹かれたかもしれないのがこちら。

DSCN2176_20170429233415ca6.jpg

優しい色合いの若松の帯。
「どや!」じゃない松にメロメロ~


先生にも「誰かと思った。着物できて欲しかったな~」と言われちゃいましたが
平日の遅い時間だったからこそ、色々話すことができて楽しかったです。

20170429_230809.jpg

素晴らしい展示を観たあと、軽く1杯。ん?・・・2杯、3杯、笑。

DSCN2179.jpg

DSCN2180.jpg

DSCN2181.jpg

DSC_2721.jpg

頒布会だけでしか申し込めないというこのお酒、とっても美味しかった!

ほっぷさん、お付き合いいただきありがとうございました。
いつか生駒さんの帯をGETできるといいな~、と夢見ここちで眠りについた私です
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR