エミール・ガレの生きた時代 in目黒区美術館


25日、滑り込みセーフで観てきました~(30日までです)。

前の記事に載せた写真を見て、
そっか、着付けを習った頃は忘れないようにと、
着物を着てせっせと出掛けていたのだわと、ちょっと反省。
初心に戻り、一人でも着物を!と、張り切って着物で出掛けました。

この日は陽射しも強く暑かった・・・で、着る物に悩み~、
出掛けるまでに時間がかかっちゃいました。


エミール・ガレの生きた時代in目黒美術館
 
薄手のウール着物に八寸帯。帯留は後ろ向きのふくろう。

エミール・ガレの生きた時代in目黒美術館



目黒川沿いの緑のトンネルを抜けて・・・・


エミール・ガレの生きた時代in目黒美術館

    到着! エミール・ガレの生きた時代in目黒美術館


若い頃はどちらかと言うと、幾何学的なデザインのアール・デコに
惹かれていた私ですが(特に家具や建築物などは)
歳を重ねると共に、柔らかな曲線のアール・ヌーヴォーも好きに。
芸術性が高く、贅沢ですよねー。
そして着物を着出してからは、
唐草のぐるぐるに異常な程に惹かれてます!(笑)

ガレの食器や花器、ランプや家具までが一堂に観られました。
代表作のパリ万博出品の花器「アルプスのアザミ」も、
北斎漫画を題材にした蛙文花器や蜻蛉文花器も興味深かったし、
トランプ文のリキュールセットも可愛かった!
でも私、やっぱり曲線の美しい、わりとシンプルな草花文杯や、


エミール・ガレの生きた時代in目黒美術館


この唐草刻文鉢などが好きだわー
唐草に青海波!着物好きが食い付くこと間違い無しですね(笑)


ランプの中では怪しい魅力?の薔薇文ランプ、
そして優しい色彩のせり文ランプが美しかった~。
こちらの展示室に置いてあったソファーに腰掛け、
しばしガレのランプの明かりの中で寛ぐ・・・なんて贅沢な気分!


そして今回心打たれた作品がドーム兄弟の作品でした。
(ガレ、ごめんなさい
雪景文花器を見て、ハートを鷲掴みにされてしまった・・・
ドキドキして、しばし動けない感じでした・・・何だろ、この感動は?
冬景色文ランプも素晴らしかった・・・!!

ウエスト ミーツ イースト、素晴らしいです!

この展覧会は「ブロガー内覧会」なるものがあったそうで、
そちらは撮影OKだった模様。
色々な方が素敵な画像を載せてらっしゃるので、
興味のある方は検索してみて下さい


そして目黒と言えば一度行ってみたかった「時代布 池田」
そう、かの池田重子さんのお店です。
30℃近くの暑さにメゲず、線路をまたいで訪問してきました。

着物好きさんが、素敵な夏帯を発掘してました!
ん~、ここでお宝を見つけるにはまだまだ修行が必要かな・・・・






 
 



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

まってました。usakoさんのファンとしてはやっぱりお着物よ。

素敵ですね。

おねだんは全然0が3つほど違うけど

雰囲気の似た帯持ってます。あ・・でも色がきれいだな。

コーデの参考になりました。この帯あげ好きです。すねすねしたフクロウが渋いです。

エミール・ガレやルネラリックとかわたしも興味があります。

池田さんのコレクションはもう素敵過ぎて知恵熱がでそうです。

あの渋い甘辛コーデは重子さんならではですよね。

お一人でもじゃんジャンお出かけくださいね。

No title

瑠璃様

この帯、そんなに高い物じゃないみたいですよ~。

母の箪笥に入ってたものの、母が覚えてないんで、

亡くなった叔母のものか、誰かに貰ったものなのか不明だそうで。

「いい物だったら覚えてると思う」って言ってました(笑)

柔らかくて締め易いかと思いきや、

何かくたっとしちゃって結構手こずりました

本日も着物でお出掛け、お天気で良かった~。

週に2回着物って久しぶりです






プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR