酒井抱一と江戸琳派の全貌2

前回からの続きです。

震災の日、その瞬間、私は出光美術館で琳派展を観ていたのですが、
エレベーターも止り、かかわったおばあちゃまを1人残して
そそくさと自分だけ出て行く気にもなれなかったので、
しばらく館内に残り、ほとんど人がいなくなった中で絵を観続けてたのですが・・・

その時の絵も展示されていました。
また逢えたね、風神・雷神。

20111108232137.jpg

20111108232119.jpg


そして今回初めて観て、今回の展示の中で一番心惹かれたのがこちら。

DSCN2264.jpg

月に秋草図屏風(個人蔵)

見た瞬間に心を鷲掴みにされ、しばしこの絵の前で佇みました。
無駄なものそぎ落とした色彩と構図の素晴らしさ。
抱一最晩年の、境地を見るかのような絵です。
心が揺さぶられる、涙がこみ上げてくる・・・
こんな素晴らしい絵を描いてくれてありがとう・・・

抱一後の琳派の画家達の作品も多数展示されていました。
なかでも鈴木基一はやはり素晴らしいですね。

ひろみさん一押しの絵がこれ。

20111114201135.jpg

私の一押しがこちら。

20111114201155.jpg



ひろみさんは一足先に会場を出て上にある美術図書館へ。
私は抱一の好きな絵をもう一度おさらい。
じっくり3時間あまり掛けて観た展示でした、満足、満足!


そしてね・・・
この古い建物の1階部分はそのまま残され、素敵なホールとなっているのです

DSCN2244.jpg

DSCN2245.jpg

DSCN2246.jpg

DSCN2253.jpg

DSCN2250.jpg

DSCN2248.jpg

素敵な空間でしょ?
撮影でもよく使われるそうで、
東方神起やフミヤなどのPV撮影にも使われたそうですよ。

そして初おろしの羽織~
柄をアップで。

DSCN2271.jpg

DSCN2272.jpg

雑誌の撮影の為、仮仕立てされていたものを萌さんで発見!
野口さんの小紋の反物を羽織にしたそう。
なんて美しい染め・・・さすが野口さん!
この色、紫×黄色の色合いと、こっくり深いグレーの無地部分に惹かれました。


今年の秋冬は着物のお出掛けが楽しいぞ~!


ひろみさん、お付き合いいただきありがとうございました。
ぐるっとパスの旅もよろしくお願いしまーす。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR