華麗なる京蒔絵 と モードの時代・写真展

日にちが前後してしまいますが、11月の初めに二つの展示を観にいってました。

一つは三井記念美術館で開催されていた「華麗なる京蒔絵 三井家と象彦漆器」

20111114182612.jpg

20111110171017.jpg

20111110170918.jpg

ここの重厚感ある造り、好きなんですよね~。

20111114182221.jpg

20111114182245.jpg

館内は美しい蒔絵で埋め尽くされておりました。
硯箱は蒔絵の美しさもさることながら、
趣向をこらした水滴が可愛らしくて、書を嗜む私としては思わずニンマリでした(^^)



もう一つは銀座のポーラミュージアム・アネックスの「Chic and Luxury モードの時代・写真展」

20111112150206.jpg

1900年から10年毎に時代を区切って、ファッションと時代背景を流した映像も興味深かったです。

ここで懐かしい写真を見つけました!

DSCN2279.jpg

ウィリアム・クラインの写真も幾つか展示されていて、
私が持っている写真集の表紙のこの写真があったの。

1987年にプランタン銀座で行われたウィリアム・クラインの写真展で買った写真集・・・
古いな~!(笑)
モノクロのモード写真が好きなのは今も昔も変わらないんだねー。
もう何年も目を通してなかったけれど、見た瞬間に思い出しました。

DSCN2280.jpg

これも展示されてました。
一瞬で20年以上のときを飛び越えた、不思議な時間でした。

こちらは12月4日までですので、興味のある方はぜひ。
なんたって、このミュージアムは無料なのです、むふふ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR