着物に咲いたモダニズム展 inミキモトホール

ずっと観たいと思いつつ、なかなか行ける日にちが無く、
最終日にようやくうかがえたこの展示。

たまたま当日ひろみさんのブログを覘いたら、
最終日に行くと書いてあったので、ならばご一緒しましょうという事になりました。

思った以上の見応えで、解説の時間とは合わなかったのですが、
コレクターの方に色々とお話を聞くこともできました。

素晴らしいものを継承していくことが
自分の使命であると感じているというコレクター氏(名前忘れちゃった)の
熱い想いが伝わりました。

それにしても昔の着物というのは、
なんと自由でモダンで楽しく、美しいのでしょうか

撮影禁止なので画像はないのですが、こちらを参考に
http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2012/04/0424rose/


ホール内には参考資料として、明治か大正時代くらいの写真もおいてあったのですがね。
叔母の遺品を整理していて、古い写真が沢山出てきたのを思い出しました。


20120303195057.jpg

これはかなり古そうなので、祖母の若い頃?
誰なのかも、時代もよく分りません。


そして母の写真、私とちょっと似ているので顔は隠しちゃいますが(笑)

20120303190037.jpg


驚いたことに似たような羽織を私が昨年買ってるんですよねー

DSCN2486.jpg


小紋も羽織もどんな色なのか見たかったな。
残念ながら両方共実家で見たことがないのです・・・

あ、叔母の家に桐の古い箪笥が一竿あるので、近々物色に行ってみましょ!


そして笑っちゃうのがこの写真。

母の3歳の時、男の子みたい(笑)
お祭り?でも、持ってるものが儀式系?神社かなにかの催事でしょうか?

20120303194732.jpg


見つけた写真のなかで、1番古いんじゃないのかな?というのがこちら。

20120303190135.jpg

右の人、1枚目の写真の人と似てるので、ひょっとして曾おばあちゃん!?
分りませーん。
そして左の人、すっごい髪型ですね(笑)

羽織はきっと黒でしょうが、中は何色?
半襟も柄や色が入ってるみたいですね。
カラーで見られたら、どんなに楽しいことでしょうね~。

叔母の家には古い物がたくさん残っているので、
機会があれば紹介していきたいと思っています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ありがとう。

取り上げていただきありがとうございます。
会期を終え,後片付けも一段落してやっと拝見致しました。
次のテーマもありますし,サイトや海外での展示を目指しています。
しかし,これから先は皆様のご支援と尽力なしでは前に進めません。
今後ともよろしくお願い致します。

Re: ありがとう。

永本ツカサさま

ご訪問いただきありがとうございます。
なのに、お名前を忘れてしまい失礼いたしました。
伺ったのが最終日で、チラシ等も全て無くなってしまっていたもので・・・
素晴らしい、美しい展示でした。
また次に発信されることを楽しみにしております。
いつまでも、古き良き美しい物を愛する気持ちを持ち続け、
頑張ってくださいませ。応援しております(^^)
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR