ボストン美術館展 in東博

観たくて、観たくて、やっと行けた美術展!
平日でも入場規制があるほどの人気で、
へたれの私はどうしたものかたと思ってましたが・・・
やっぱりどうしても行きたい!
ということで、1番空いてそうな閉館時間間際を狙って出掛けました。

20120531171601.jpg


その時間ですから、全てを網羅するのは諦め、
予めターゲットを決めて、まずは外したくない物をピックアップしての鑑賞。
その筆頭は蕭白です!

行くのが遅れたけれど、先週テレビでこの美術展の特集があり、
その日は蕭白がちょうど取り上げられていて、
絵にまつわる素敵な話を色々聞けて、観られて、とても参考になったの。

DSC01958.jpg

↑の龍の絵の黒は、普通の墨ではない漆黒だとか。


その中でも2つの絵の説明が面白くて。

DSC01948.jpg

一つはこの絵。
松が描かれているのだけど、その松が幹と枝が描かれてるだけで、
実際の大きさはこんな感じだろうと推測。

DSC01949.jpg

そう思って観ると、また楽しい
この絵もどこか漫画チックで、蕭白の遊びが感じられる好きな作品でした。

DSC01941.jpg


そしてもう一つ、この絵。

DSC01955.jpg

風に翻弄される人達を描いてるんだけど、
右の方に転がってる人達の描写・・・

DSC01951.jpg

DSC01952.jpg

どう観ても漫画チック!(笑)
そして兎もビックリしてるんですから~(^^)

DSC01953.jpg

楽しいぞ、自由だぞ蕭白!

鷹の絵も格好良かったです。

そして等伯の竜虎図、若冲の鸚鵡図などなどにもシビレました。


番組の中で、蕭白の他の龍図が取り上げられていたので、そちらも紹介。

DSC01988.jpg

DSC01990.jpg

DSC01992.jpg

どの龍もなんか悪そうでコミカルで素敵
いつか観る機会に恵まれるといいな~。


そしてね・・・

20120602154712.jpg

7月18日からの平成館での展示は、なんと書の我が師の師「青山杉雨先生」です


今まで、ブログでも何度か記事にしていますが、
私が所属している書の会の教本には、
よく青山先生の四体(隷書、楷書、行書、草書)がお手本で掲載されます。

青山先生の美しい字、バランス感覚は大好きで、
規定課題以外は、はぼ毎週先生の字をお手本にお稽古してます!
展示が楽しみです!

スポンサーサイト

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ボストン美術館展 in東博】

観たくて、観たくて、やっと行けた美術展!平日でも入場規制があるほどの人気で、へたれの私はどうしたものかたと思ってましたが・・・やっぱりどうしても行きたい!ということで、...

コメント

非公開コメント

プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR