母の着物、どう着る?

洋服の延長の色彩から始まった私の着物はじめでしたが、
それから地味色でも光沢間があるものを選んだり、
綺麗色や総柄物にも広がってきて。

母の着物は、母が若い頃に着ていた小紋や、大島、江戸小紋などを着てきましたが、
母が50、60代になってから仕立てた着物はかなりの地味色!
さて、どう着ましょう?・・・


DSC_1291.jpg

DSC_1289.jpg

色無地になるのかな?



DSC_1288.jpg

こちらは草木染めの縮緬の色無地。
縮緬だし、八掛の色がコレなので、カジュアルシーン想定だったのでしょう。



DSC_1285.jpg

DSC_1286.jpg

こちらは小紋。




どれも地味なのに、八掛に凝っているところが江戸っ子なんでしょうかね~。
母の影響があったのか、私も着物を買い始めた頃、八掛を選ぶとき、
馴染む色を選ぼうとしないで呉服屋さんの反対に合い、
あ、普通そういうものなの?とお勉強になりました(笑)



これらを着るのはもう少し先延ばしにするか、
今着るならどんな帯を合わせればいいのか・・・
悩みながら、そんな悩みが楽しくあったりもします(^^)

あ、地味色着物コーデが素敵なあのお友達に相談してみましょ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR