国立新美術館→書道博物館


昨日は書道展巡りでした。
寒空の中、出掛けてきましたよ~(・∀・)
なぜなら、今、国立新美術館で展示されている「国際架橋書展」に
私が出品しているからなのです

国立新美術館→書道博物館

さ、めがねを掛けて張り切って出掛けましょう(笑)




国立新美術館→書道博物館 国立新美術館外観

国立新美術館→書道博物館 内部


大きな書展ではないのですが、
やっぱり国立の美術館に展示されるってすごく・・・嬉しい



国立新美術館→書道博物館 恥ずかしながら私の作品


いろんな字体、色んなサイズがあり、観ていて楽しかったです。


国立新美術館→書道博物館 姉弟子(と言っても大先生)の作品


国立新美術館→書道博物館 こんな自由なものも。


そして大きな作品は、


国立新美術館→書道博物館

大きさ分かります?床から天井までいっぱい!


次は「無」を色んな書体で書いたシリーズ


国立新美術館→書道博物館 好きだな~


そして外国人の方の作品も・・・


国立新美術館→書道博物館 なんてお上手


こう観ると、書ってとっても自由ですね。

NPO法人が主催している書展で、障害者の方も大勢出品してます。
そのコーナーで心打たれました・・・



美術館を後にして、せっかく六本木に来たので、
awaiさんを覘いてから次の書展に行こうと思っていたら・・・
よく案内状を見たら、閉館4時半、入館が4時までじゃないですか
あらー、awaiさん覘いてる時間が無いわヽ(TдT)ノ

諦めて急ぎ足で鶯谷へ。
書道博物館で23日までやっている「顔真卿(がんしんけい)特集」を
どうしても観たかったのです。
顔真卿は王義之(おうぎし)以来の書の天才と言われています


国立新美術館→書道博物館

ここ、ラブホテル街の中にあるのですよね・・・( ̄▽ ̄;)


こちらは撮影禁止の為、画像がありませんが、
蚕頭燕尾と言われる独特の書体、
そして若い頃から亡くなる間際までの色々な作品が観られ、
碑ごとに違うと言われる、様々な字体を観ることができました。
1300年近く前の書(拓本ですが)をたくさん観れる幸せ
1点ですが、拓本では無く、本物の書がありました・・・信じられない
 
購入したポストカード。

顔真卿

顔真卿



唐の時代の方と書で繋がる・・・なんて素敵なんでしょう



・・・と、一人盛り上がってしまいましたが、
書に興味の無い方には、サッパリ~の記事ですね
画像も寂しいので、本日のアクセサリーをご紹介。


国立新美術館→書道博物館 ドナテラ・ペリーニのネックレス。

シックな色が秋~冬に活躍する1点です。
ドナテラ・ペリーニは一時期ハマって、幾つか集めましたが、
ネックレスの中では、これが1番最初に買ったものだったかな。


今日はこれから着物でお出掛けです、ムフフ




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

国立の美術館に展示なんて、

すごいですね!!!

usakoさんの作品、素敵。

以前、少しだけ習っていましたが、

なかなか続けられず、やめてしまいました。

是非今度、教えてくださいませ。

↓のマキシム、ゴージャスですね!!

デフレの波が銀座に押し寄せていますが、

やっぱり銀座は銀座らしくあって欲しいですね。

No title

massy様



ありがとうございます。

私みたいなヒヨっこでも、国立の美術館に展示される機会に恵まれ、

ありがたく思っています(*^ ^*)

ただ、他の方の作品と並ぶとアラばかり見えて恥ずかしいです



銀座はやっぱり銀座らしいところが残って欲しいですよね。

って、私も数年ぶりのマキシムだったのですが


プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR