国立劇場7月歌舞伎教室 

若い役者さんが「歌舞伎の見方」も説明してくれるのが楽しい、
国立劇場の歌舞伎教室。
お手軽なお値段なのも嬉しいところ

お誘いした中でYさんが手を挙げてくれて、
卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)を観に行きました。

DSC03759.jpg

あ、帯留が中心からずれてる帯留は郁子さんの切子硝子。
去年は出番が無かった絹紅梅に、おニューの染め帯
去年の夏の終わりにGETしてました。

DSC03774.jpg



DSC03760.jpg


国立劇場は素晴らしい色々な絵画が飾られて、それを観るのがまた楽しい~

DSC03761.jpg

DSC03763.jpg

DSC03764.jpg

歌舞伎役者さん達の像も。

DSC03766_201607202031184e1.jpg

DSC03767_20160720203121a3d.jpg

DSC03765_20160720203119c4c.jpg

歌舞伎の見方を解説してくれたのは、坂東彌十郎さんのご子息、新悟さん。 
卅三間堂棟由来は、とても分かりやすい話で
柳を助けた若者と、助けられた柳の精が結婚して子供をもうけ、その後・・・と言う感じなのですが
柳を助けた若者を演じられていたのが彌十郎さんでした。

子役が活躍するので、微笑ましく観られ、
歌舞伎に精通していない私でも楽しめる舞台でした。


三越前に移動してランチを。
・・・と思ったら、地下通路はアート・アクアリウムに並ぶ人の凄いこと!
当然コレドの中も凄い人!

それでもカフェ・エメヴィベールは並ぶ人が少なかったので、そちらへ。

DSC03768_201607210902473d7.jpg


そしてこの日のもう1つ楽しみにしていた展示を見に三越へ。
そちらについてはまた別の機会に(^^)

棟方志功展も見て(年配の男性が、菩薩がマツコに似てると言っていて、笑ってしまった)
呉服フロアも一周見て、解散となりました。

Yさんは爽やか色の麻の着物に、芭蕉の葉?の帯。
Yさんらしい、すっきりとした夏コーデが素敵でした

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お誘いいただきありがとうございました。
やはり子役が良い味を出してましたよね。
そして、まさに夏っていう素敵な帯ですね。
青が澄んでいて綺麗です。
まったく、気がつくと、いつの間にか手に入れられますよね。
usakoさんの着こなしも、いつも楽しみにしています。
次回もよろしく。

Re: No title

夕那さま

ご一緒していただきありがとうございました。
子役の活躍が微笑ましかったですね。

まったく、気がつくと、いつの間にか・・・
これ、そっくり夕那さんにお返しします、笑。
どうしてこんなにも欲しい物がなくならないのでしょうか?
和服の世界は摩訶不思議です、笑。
私たち、昨日もやらかしましたね~v-12
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR