浦野さん、久呂田さん、西澤さん

日にちが前後してしまいますが
この日の解散後1人で行った呉服屋さん。
染織にとても詳しいご主人で、この日締めていた木蓮の染め帯は
「久呂田明功さんでしょう?」と言われました。

DSCN1440.jpg

好きな作家さんなので、そうなら嬉しいのですが
久呂田明功さんの帯として購入したものではないのです。


何年前になるのでしょうか?
本当に着物を着始めの頃、
一生懸命色々な着物雑誌を読んだり、ネットで見たりしてた頃
素朴な絣のイメージを持っていた浦野理一さんの染め帯の鮮やかさに驚いて
なんとなく、ずっと心に残ってました。
そして雑誌で見た久呂田明功さんの菊の帯もずっと心に残ってました。


今はもうない青山みともさんで久呂田明功さんの帯を直接見て
以前に見た浦野さんの帯を彷彿とさせるような鮮やかさで
お太鼓いっぱいに描かれた花は、どきどきしちゃう美しさ。
母の地味な大島や小紋も華やかになるな~と

DSCN1441.jpg

そして「浦野理一さん原案」として見付けた牡丹の帯。

DSCN1442.jpg

実は後で知ったことなのですが、初代久呂田さんは浦野さんの帯を描いていたのですね。
浦野さんは、言うならばデザイナーとかプロデューサーのような方だったようで
染め帯を実際に描いてらしたのは久呂田さんと、西澤 幸雄さんだそうです。
なので久呂田さん作として残っていないものも、結構多いのだとか。


西澤さんにも、浦野さんとの繋がりを知らずに惹かれていました。
もとじさんで購入した桜の帯。

DSCN1439.jpg

不思議なご縁ですね。
牡丹の帯はどちらが描かれたものなのでしょうか。
どれも大好きな帯です
 
この頃、織の帯を買う機会が増えたけれど
この帯たちは田畳紙を開くたびに、綺麗だな~と心華やぎます。
春は染め帯の出番が増えますね


先日西澤さんの桜の帯でお出掛けしたので
次回はその時のことをUPします
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR