日光東照宮

前回からの続きです。
何十年ぶりに訪れた東照宮。

DSCN3004.jpg

DSCN3008.jpg

DSCN3015.jpg

1505026055978.jpg

DSCN3006.jpg

DSCN3030.jpg

DSCN3031.jpg

1505026034289.jpg

DSCN3032.jpg

DSCN3053.jpg

DSCN3051.jpg

塗りなおしが終わった部分は、なんともきらびやかで賢覧豪華
でも、灯篭の上の苔や、少し外れた場所の木々が優しい。

そしてここでも、ツアーの良さを知りました。
ツアーガイドさんが付き、説明を受けながら見られ
チケットを買う事無く、スムーズに中まで入ることができ、天井画の鳴き龍も見られました

子供の頃行くより、大人になってから行ったほうが心に沁みる東照宮です

大谷石資料館と石の教会

ちょっと前になるのですが、姉の会社のバスツアーに参加しました。
姉、姉の娘、私、私の娘で。
どちらかと言うと団体行動が苦手な私達・・・
でも今回は、東照宮に加えて、行ってみたかった大谷石資料館が入ってたから!

大谷石の採掘場だったこちらは、色々な撮影やイベントに使われてるんですよね。
私世代としては、薬師丸ひろ子主演の「セーラー服と機関銃」の
十字架に縛り付けられてたシーンがここなんですよね。

1505025952484.jpg

1505026002533.jpg

DSCN2975.jpg

1505025984394.jpg

DSCN2972.jpg

とても幻想的な場所でした
寒かったけれど、大満足の空間でした。
外の石切り場も壮観でした。

DSCN2980_20170910154348345.jpg

DSCN2988_20170910154350021.jpg


そしてランチの場所に近くに素敵な教会を発見!
ランチを早く切り上げて、1人で教会へGO!

DSCN2992.jpg

DSCN2995.jpg

DSCN2993.jpg

なんて素敵
中も見たかったな~。

この後、東照宮へ。
次回へと続きます

またまた日本橋髙島屋へ

先日の記事の日、小龍包の話をちょっとしたら
小龍包がすごく食べたくなって、2日後にまた髙島屋へ。

DSC_3077.jpg

DSC_3088.jpg

DSC_3087_20170906225455f59.jpg

食べたいと思った物が食べられた時って、凄く幸せ感じます~

そして、この日にご一緒した友人も民藝展を見たいというので
またまた民藝展も見てきました。

染め分けのお皿は全て完売!
そしてYさんがGETされたシリーズも
大皿とマグカップが数点残ってるだけでした

山形の山葡萄バックを作っている方、
先日買えなかったけれど、色々とお話して下さった方が
この日のトークショーに出てらっしゃいました。

DSC_3090_20170910224820613.jpg

DSC_3089.jpg

山葡萄は年々取れなくなってるそうで
買うなら今年だよ!と言われたけど・・・手が出なかった~

そして前回、たまたま見付けた小倉織の「縞縞」のポップアップショップ。
その日たまたま、縞縞の生地を使った手作りバックを持っていて
お店の方とも話が盛り上がりました。

DSC_3081.jpg

その日、左側の黒の縞のハンカチと、
小さなバッグ用にと思い、がま口をGET。
右が自作のバッグです。

この日も民藝展で格子の布と
また縞縞でブルー系のハンカチを買いました。

DSC_3097.jpg

何か作るか、着物のときのナフキンとして使うか?
検討中です

民藝展 in日本橋髙島屋

急に決まった着物お出掛け。
Yさんとメールでやり取りしていたときに
「絽の熱帯魚付下を着られていないので、1人でもお出掛けしようかと」
ではお供しますよ、となったのです

素敵な熱帯魚も見たいし私も絹の着物を着ていないしね。

DSCN2941.jpg

霰小紋に牡丹の帯。
この帯、麻の着物には合わないので、久々の登場です。

どこに行こうか?となった時に2人共候補に挙げたのが髙島屋の民藝展。
お天気も心配だったので、ランチも髙島屋内。
「カフェ ドゥ ジョエル・ロブション」で。
混むと思って早目に行ったら1番乗り~。

DSCN2944.jpg

DSCN2945.jpg

DSC_3074.jpg

Yさんの熱帯魚付下はやっぱり素敵で、眼福でした


民藝展はまず物販をちらっと見ましょうか、となったら
ちら見どころか2人共ガン見!

会場に着いてすぐに「あれ?このお皿の感じ、家にある」と。
沖縄の作家さんのもので、確かに私も沖縄で買ったのでした、笑。

DSC_3004.jpgこちら

Yさんは美しい色のお皿を見つけて、すぐにGET。
その後も憧れの民藝家具を見たり、山葡萄のバッグに食い付いたり。

そして「鳥取 たくみ」のコーナーを発見!
雑誌や民藝の本などで見て、いつか欲しいと思っていた染め分けのお皿。
色違いの大皿が数点だけあったので、6寸はないか聞いてみたら
「初日に全て売り切れました」って・・・
そんなに人気だったのね・・・
チラシにも載ったそうで、知らなかった・・・

DSC_3083.jpg

情報って大事ですね・・・

気を取り直して、奥の方の展示コーナーで
芹沢圭介氏の型染めや、河合寛二郎の陶器なども見て、お腹いっぱい状態。
「日本の民藝」展はもう見なくていいかな?となりました。

1階で濱田庄治氏の息子さん、お孫さんや、
バーナードリーチ氏を継承するイギリスの作家さん達の陶器展もやってたし
見どころ満載の髙島屋でした。

そして丸善でやっていた骨董市も覘いて、
そこでは可愛い輪島塗のお椀が欲しくなり、
大丸の呉服売場も色々見て、こちらでもバッグが欲しくなり・・・
どうして世の中にはこんなに欲しい物があるの?と笑っちゃう二人なのでした。

9月に入って、呉服店の展示会のお知らせがぞくぞくと届いてます。
見たいけど・・・怖いわ~!笑

夏着物で銀座へ

ほっぷさんと着物で銀座へ。
暑さと突然の雨が心配な東京・・・
無理のないお出掛けプランを考えて、地下で動ける銀座をチョイス

DSCN2930.jpg

最近着物がちゃちゃっと着られるようになった分、チェックが甘い・・・
帯がしわしわ・・・
銀座伊勢由さんのこの帯、好きなんだけど、滑ります・・・
能登上布も滑らかなので、普通の麻の着物に合わせた方が滑らないかも?

ランチは三越の「ディム ジョイ」で。

DSC_3061.jpg

DSC_3062_2017082908510174a.jpg

着物で担担麺 ってちょっとデンジャラスでしょ?
でも、食べたかったし、この日着たら洗いに出す予定だったので


この日のお目当ては

DSCN2931.jpg

三越で開催されていた「盆栽展」
以前、日本橋三越で見て、意外と楽しかったので。
それよりも随分と小規模でしたがでも楽しめました。

DSCN2935.jpg

DSCN2936.jpg

盆栽っていうと、堂々たる松を思い浮かべるけれど
花が付いたもの、実が付いたもの、繊細なもの、可愛らしいもの、と色々。

DSCN2939 (1)

DSCN2938 (1)

小さめの盆栽を並べたら可愛いな~と思いもするけど、
お手入れの時間も中々取れないのでいつか、ですね。

三越の中を色々見て、お茶しようと思っても中々お店がなくて・・・
通った「野の花 司」さんの前にギャラリーの案内が出ていて
笹島先生の帯人形展示と、呉服屋さんの展示をやってると。
3階がギャラリーだって知りませんでした。

3階に上がると、着物姿の笹島先生がそこに
帯人形はほんの数点だったけれど、
王子の呉服屋さんの展示は各地の良い物を色々見られました。

そして笹島先生ともお話できて
楽に着ればいいのよ、帯をしてれば脱げないんだから。」とか
多少着崩れてたって、おまわりさんに捕まるわけじゃないでしょ?
捕まった事ある?ないわよね。
」とか
すっかり、おおらかな笹島先生のファンになりました
お幾つなのかな、とてもお美しい~

思いの外盛りだくさんとなった1日でした。この日の帯留。

DSCN2940 (1)

ほっぷさんは麻の葉柄着物に、染めの帯、こっくり卵色の帯締めが可愛かったです
プロフィール

usakomama

Author:usakomama
美味しいものと美味しいお酒、音楽が大好き。
ここ数年は着物にハマってます。
ハレの為だけの着物じゃなくて、
お洒落のひとつとして着物を着たいと思ってます♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR